クラウドビジネス最前線。アリババクラウド「Apsara Conference 2020」でSBクラウドと日立システムズが登壇

クラウドビジネス最前線。アリババクラウド「Apsara Conference 2020」でSBクラウドと日立システムズが登壇

クラウドコンピューティング市場において世界3位のシェアを誇るアリババクラウドが、9月17日と18日に「Apsara Conference 2020」をオンラインで開催しました。同イベントは、ソフトバンク株式会社とアリババグループの合弁会社であるSBクラウド株式会社が特別協賛しており講演を提供。同社の他、アリババクラウドを活用したソリューションを展開している株式会社日立システムズが登壇し、クラウドビジネスの課題や解決策を発表しました。

画像

日本と中国のシステムをアリババで繋ぐ

アリババクラウドは中国で誕生したパブリッククラウドです。世界一の人口を誇る中国は、日本企業にとっても注目のマーケット。SBクラウドの赤羽啓氏は「日中間のクラウドビジネスには、データセンターや機器などインフラの調達に課題がある」としました。

日本のシステムを中国でも展開する際には、中国国内データセンターを設置する必要があります。しかし現地法人でないと契約が認められないケースもあり、必要機器の調達には時間がかかります。また、運用の際は通信制限の懸念も。これらのハードルをクリアするために同社は「アリババクラウドを仮想データセンターとすること」と「SAGルーターを活用すること」を解決策に挙げました。

アリババクラウドをデータセンターにすることで、煩わしい契約は不要となります。また、高品質な接続方法も選択が可能。アリババクラウドを軸とした社内ネットワークを構築することができます。

画像

SAGルーターは中国のローカルネットワークを日本からオーダーできるサービス。手配から設定、運用までを日本にいながら完了させることができ、遠隔地のインフラ運用に適したサービスです。

同社の斎藤貴広氏は「中国には多数のアクセスポイントがあり、展開しやすいのが利点。スマートな設定のほか、バックアップ自動切り替え機能といった冗長性もポイント」と話していました。

マルチクラウド環境をワンストップで

日立システムズの玉井学氏は「デジタルトランスフォーメーションに不可欠なITインフラをワンストップで提供するクラウドソリューション」をテーマに講演。アリババクラウドやAmazonのAWS、MicrosoftのAzureといったメジャークラウドを組み合わせた、いわゆるマルチクラウド環境を構築している企業も少なくありません。

「マルチクラウド環境は運用が複雑化しやすく、セキュリティリスクも高まる。この課題を解決するのが、当社が提供しているワンストップソリューション『Gateway for Business Cloud』。働き方改革支援として、渋谷区なども導入している」と玉井氏は語りました。

多様化するサイバー攻撃に対応

画像

複雑化したマルチクラウド環境は、サイバー攻撃におけるセキュリティホールになりかねません。サイバー攻撃は年々多様化しており、対応するにはコストも人材も必要になってきます。

SBクラウドの西澤和正氏と谷本光城氏は「マルチクラウド時代のセキュリティ」をテーマに発表。「アリババクラウドは、オンプレミスやその他クラウドとの併用を前提に開発されており、シームレスな多層防御が可能」と述べました。

画像

サードパーティ製品で横断的に対応する方法もありますが、これでは高コストや性能負荷につながり、高度な管理体制も必要になります。マネージド型で提供するアリババクラウドのセキュリティサービスは低コストを実現させ、オールレンジをきめ細かくカバー。セキュリティセンターはリアルタイムで識別、分析し統合的に対策するなど、コストパフォーマンスに優れたセキュリティサービスと言えます。

まとめ

ビジネスを最適化させるクラウドは、現代において必要不可欠なものとなっています。昨今、様々なクラウドサービスが誕生。あらゆる情報を入手し、比較検討を重ねた上で、自社のビジョンや抱える課題にマッチしたものを選択することが重要です。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ