ユーザープロフィール

ゲストさん

オリジナルのパワポテンプレートを作って効率アップ 重要なのはマスタースライド

オリジナルのパワポテンプレートを作って効率アップ 重要なのはマスタースライド

企画提案書に最も重要な基本レイアウトを設定する

今回は、前回つくった3つのレイアウトと3つの背景バリエーション(図1)に加えてもうひとつレイアウトを追加します。

前回つくった3つのレイアウトと3つの背景バリエーション(図1)に加えてもうひとつレイアウトを追加

企画提案書では重要な基本的なレイアウトがあります。
それは、以下のようなヘッドラインとボトムラインのあるレイアウトです。
良くできた企画提案書は結果的にこの2つを見ていくだけで内容の概略がつかめるようになっています。

ヘッドラインとボトムラインのあるレイアウト

このレイアウトに伝えたいメッセージを入力していきます。
メッセージには次の3つの種類があります。

①説明(このスライドに何の情報が書かれているか)ー売上推移、市場環境分析など
②解説(情報が示している事実、状況や内容)ー◯◯年より減少傾向、市場は拡大など
③提言(解決すべき課題への回答、課題を絞り込む意見や仮設)ー新製品の開発が必須、プロモーション展開の強化が有効など

3つのメッセージはそれぞれ以下のように(図3)、ペアでレイアウトするのが基本です。このヘッドとボトムの間に、メッセージがより伝わるように箇条書きの文や写真やイラスト、あるいは図形やグラフを配置していくのです。

ヘッドとボトムの間に、メッセージがより伝わるように箇条書きの文や写真やイラスト、あるいは図形やグラフを配置していく

このレイアウトがないと、企画提案書のテンプレートとしてはうまく機能してくれません。PowerPointにはこのレイアウトがないので「タイトルのみ」のスライドを使って、ボトムラインを追加したマスタースライドをつくります。

前置きが長くなりましたが、前回保存したファイルを開いて[表示]タブ>[スライドマスター]に移動して、「タイトルのみ_白」をコピー&ペーストで複製します。[マスターの編集]にある[名前の変更]を選択して(図4)名前を「メッセージ_白」に変更しておきましょう。

次にマスターレイアウトの[プレースホルダーの挿入]からテキストを選択します。(図4)

マスターレイアウトの[プレースホルダーの挿入]からテキストを選択

カーソルが十字に変わりますので、ドラック&ドロップしてメッセージを入力するエリアを作成します。

画像

画像

下記にようにテキストの入力エリアが作成されました。

画像

第2レベル以下は不要なので削除します。

画像

テキストをクリックして、メッセージと入力します。

画像

[ホーム]タブの段落で[中央揃え]を選択して、中央揃えにします。

画像

画像

箇条書きが設定されていますので、段落の[箇条書き]メニューから「なし」を選択します。

画像

最後に、太字(ボールド)に設定して完了です。

画像

下記のような「メッセージ_白」のマスタースライドができました。
これを、コピー&ペーストして、コピーを2つ作ります。
第3回で行った [背景のスタイル]で、淡と濃の設定してをすれば基本のマスタースライドづくりは全て完成です。

画像

全部で12のマスタースライドができました。

画像

ここまでで、一旦ファイルを保存して今回は終了です。

次回

さて、次回は作成したスライドマスターをテンプレートとして保存してから、
スライドマスターを編集しテンプレートのバリエーションを作成します。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ