ユーザープロフィール

ゲストさん

ライター・編集者のための6つのノウハウ!校正・校閲・推敲で高品質な記事作成を

ライター・編集者のための6つのノウハウ!校正・校閲・推敲で高品質な記事作成を

誤字脱字を見つけ出し、間違いのない文章を掲載するために必要な「校正」。一見簡単なように思えて難しく、時間もかかるこの作業にお悩みを抱えるライター・編集者の方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、校正作業を行ううえで覚えておきたいさまざまなテクニック・ノウハウをご紹介します。また、よりレベルの高い記事を作るための「校閲」「推敲」についてもお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

校正前にライターが心がけること

原稿の誤字・脱字を防止する方法5選  |  仕事のチャンスを逃さないライターの心得その1

校正以前に、普段から誤字脱字を減らすことを心がけることからはじめましょう。この記事では、「下書き」「音読」「見直し」「検索」「照らし合わせ」で、執筆段階から誤りを減らす方法について紹介してくれています。ライターとしての信頼を失わないために、必ず心がるようにしましょう。

校正の精度を上げるためのテクニック

文章校正のコツ~精度を上げるために必要な6つのこと

タイトルの通り、文章校正を行う際のコツについて書かれた記事です。特に注目したいのは「チェック項目の切り分け」です。数字やカタカナなどの項目を個別にチェックしていくことで、より校正の精度が高められるということが書かれています。その他、プロの校正担当者が身につけるべき「感覚」についても触れられています。

文章校正が苦手?プロ並みに精度を上げる「ツール+人力」のタブルチェック方法

校正というのは非常に気を遣う作業です。そのため、ある程度の部分はツールに任せてしまったほうが効率的と言えるでしょう。この記事では、校正ツールとして有名な「Enno」や、Wordの「変更履歴機能」などについて紹介してくれています。また、最後は人力が重要ということも書かれていますので、ぜひご覧ください。

文章校正など、ブログ記事作成に役立つ無料ツール9選

前項同様、ツールを利用した校正について紹介している記事です。「Enno」はもちろん、「日本語文章校正ツール」や、文章の読みやすさを推定してくれる「帯2」、文章解析ツールの「小説形態素解析CGI(β)」が掲載されています。その他、コピーチェックを行える「影武者」「コピーコンテンツチェックツール」や、SEOに役立つ「EKWords」「キーワード出現頻度解析ツール」「発リンクチェックツール」なども併せて紹介されています。ライターや構成担当者はもちろん、コンテンツ制作に携わる人はぜひ利用してみましょう。

校正以外にも身につけておきたいテクニック

「校正」と「校閲」の違いって?~『校正基本講座』に行ってみた

校正とは誤字脱字といったミスを取り除く作業です。それに対し校閲とは、誤字脱字だけでなく内容にまで踏み込み、事実の確認までを行うことを言います。混合されがちな両者ですが、特に校閲は” 最後の砦“的な意味合いもあるため、ライターはもちろんのこと、Webディレクターや編集者の方は必ず行えるようになっておきましょう。この記事では、この「校正」と「校閲」の違いについてかなり深堀し紹介されています。

プロのライターの第一歩!文章推敲の基礎

最後は根本的に原稿の質を高めるためのノウハウです。これは「推敲」と呼ばれるもので、ライターであれば必ず行うべき作業のこと。推敲を繰り返すということは、「読み」→「書く」を何度も行うことですので、必然的に誤字・脱字なども減っていきます。そして、文章自体が読みやすく美しく洗練されていきますので、校正者の負担も減ります。特にライターの方には意識していただきたい部分です。

まとめ

校正・校閲・推敲のテクニックは、記事作成に関わるすべての人が身につけておきたいスキルです。常に心がけ実践していくことで、質が高く効率的な作業ができるようになるでしょう。今回ご紹介した記事をぜひご覧いただき、参考にしてみてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ