ユーザープロフィール

ゲストさん

Webライターが知るべきSEOの知識~キーワード最適化、コンテンツSEO、descriptionの書き方など~

Webライターが知るべきSEOの知識~キーワード最適化、コンテンツSEO、descriptionの書き方など~

優れたライターには文章力はもちろん、読解力や情報収集能力、その他さまざまなスキルが必要となります。そして、Webライターの場合にはここに「SEOの知識」が加わります。クライアントから喜ばれるコンテンツを作成するために、ぜひ以下のノウハウを身に着けておきましょう。

ライターが知っておくべきSEOの知識

SEOライティングのセオリー、7つの絶対ルール

SEOを意識したライティングのための具体的なテクニックが紹介された記事です。また、読者に対して分かりやすく、有益な情報を届けるべきといった基本についても触れられています。

Googleがアルゴリズムを変更する目的とSEOの役割

GoogleのアルゴリズムとSEOには密接な関係があります。すべてを理解するのは難しいですが、検索エンジンがどのような目的で存在し、SEOにはどのような役割を持つのかを知ることはWebライターとして必須の知識です。

titleタグなどのキーワード最適化は「ページの内容」ではなく「検索する人」に合わせて言葉を書く

タイトルには読者の目を引いたり、記事の内容を分かりやすく要約したりする役割があります。しかし、SEOを意識する場合にはここに「キーワード」を最適な形で入れ込む必要があります。この記事では、ユーザーがどんな言葉で検索を行うかを考え、それに合わせたタイトルや見だし付けを行うことが大切であることを伝えています。

ブログ記事は何文字が妥当?2000文字以上を推奨する5つの理由

記事の依頼を受けた際に、文字数の指定がなかったらどうしますか?SEOライティングは文字数が多ければ良いというわけではありません。それぞれの用途に合わせた、読者にとって読みやすい分量を心がける必要があります。この記事では、特にブログ記事のボリュームと、それがなぜ適当であるかの根拠が解説されています。

「B2B」と「B2C」はここが違う!SEOの進め方

Webや紙にかかわらず、ライティングにおいては誰に向けて文章を書くかが非常に重要です。とりわけ、「B2B」と「B2C」の違いは執筆時の大きなポイントとなるので、それぞれの違いについてしっかり理解しておきましょう。この記事では、具体例などを挙げながら詳しく説明されています。

Webライティングでよく聞くSEO関連用語

ビッグワードにロングテール...って何?SEOキーワードの種別と選び方

記事の執筆を依頼された時によく聞く「ビッグワード」や「ロングテール」という言葉。しっかりと理解できていますか?こうしたSEO関連の用語について知ることは、クライアントの要望を実現させるために必要です。

SEOの基本:勝てるdescriptionの書き方と文字数

ディスクリプションには実質的なSEO効果はありません。しかし、ディスクリプションには検索結果で上位表示された際に、クリック率を高めるという効果があるため、軽視してはいけない項目です。この記事では、ディスクリプションの基本的な書き方から、引きの強い文章にするためのテクニックが紹介されています。

今さら聞けない「コンテンツSEO」って何?

近年需要が高まっているSEO対策の手法のひとつに、コンテンツSEOというものがあります。もしもクライアントから「今回の記事はコンテンツSEOに使います」と言われた際に、「?」とならないために、この記事でその概要や狙いなどについて学んでおきましょう。

まとめ

この他にも、Webライターが知るべきSEOの知識にはさまざまなものがあります。専門家ではないとは言え、SEOにとってもっとも重要なコンテンツの作成を担うわけですから、常に情報収集に努め、最新のノウハウを日々学ぶようにしましょう。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ