ユーザープロフィール

ゲストさん

オウンドメディアで情報発信前に準備すること

オウンドメディアで情報発信前に準備すること

前回はオウンドメディアから自社への誘導を計測する具体的なメソッドについて解説しました。それにより、オウンドメディアの記事が送客にどれくらい貢献しているのか、また自社サイトのコンバージョンにどれくらい影響しているのかが、Googleアナリティクスを見ればすぐに分かるようになりました。

今回からはいよいよオウンドメディアの情報発信を試みたいと思いますが、まずは設定等の準備です。Googleアナリティクスだけでなく、自社の資源の洗い出しやより効果的な情報発信を行うための下準備が大切です。

情報発信のための準備

基本的には設定とリソースについて見てきます。

・設定(Googleアナリティクス、Google Search Console)
・リソース(自社のもつ情報発信力の把握)

設定は、より多くの情報が取れるようにというものです。リソースは、どんな情報発信をすれば、より多くの人に届くのかという資源の洗い出しです。

いずれもモチベーションを維持しながら安定した情報発信には欠かせないファクターですので適切に進めてください。

設定関連の準備

Googleアナリティクスの目標設定も含まれますが、前回解説していますので割愛します。ここでの設定は運営に役立つGoogle Search Consoleの設定となります。

Google Search Consoleとは

Googleサーチコンソール

Google Search Consoleは、かつてGoogleウェブマスターツールと呼ばれていたサービスです。

Googleが公式に提供しており、登録したサイトがGoogle検索の画面でどう表示されているのか、登録されるための設定をしたり、警告メッセージなどを受信したりする、ポータルサイトになっています。

SEOで集客を考えるときにはなくてはならないツールとなっています。

とくに、Googleアナリティクスで、検索サイトからの流入キーワードの多くが(not provided)になってしまう昨今、キーワードに関する情報は多く取れたことにこしたことはありません。Google Search Consoleでは、それがある程度わかるようになります。

1.Google Search Console の登録

Google Webmasters(現 Google Search Console)

上記サイトでユーザー登録をし、「プロパティを追加」からURLなどを追加しサイト登録しましょう。あらかじめユニバーサルアナリティクスがサイトに組み込んであれば、認証もすぐに終わります。なお、登録はGoogleアナリティクスと同じGoogleアカウントにします。

つぎにサイトマップというURL一覧ファイルを作成しGoogle Search Consoleに送信します。作成方法は公式ヘルプや「ウェブマスターツール サイトマップ作成」などで調べることが可能ですので、作成後送信しておきましょう。

サイトマップを作成、送信する - Search Console ヘルプ

2.Googleアナリティクスとの連携

Google Search Console連携

Google Search Consoleを作ったGoogleアカウントのGoogleアナリティクスであれば、すぐに連携が可能です。

アナリティクス設定>プロパティ設定>Search Console から、連携をオンにしてください。

たったこれだけで、Googleアナリティクスのレポート画面で、
集客>検索エンジン最適化>検索クエリから、(not provided)で匿秘されたGoogle経由のキーワード概数がわかるようになります。

オウンドメディアの記事作成やどんなフォロー記事にするかなどの企画や更新に役立てましょう。

自社リソースの把握

あなたがオウンドメディアで情報発信をしたら、どれくらいの影響がネットに波及するのか、それを事前に把握しておきましょう。

そうすれば、集客の数字を見たときに「これくらいに届いてるはずなのにこれしか来ていない」と振り返りができます。

1.検索エンジンでどのように表示されるか

キャッシュ

まずオウンドメディアの最新記事かその1つ前の記事のURLをコピーします。””(ダブルクォテーション)付きでGoogle検索します。

すると、検索対象になっていれば検索結果に表示されます。このとき、タイトルと注釈がどのように表示されるかを確認します。文字数なども調べて下さい。今後、それを意識して記事投稿する目安になります。

そして、「キャッシュ」を選びますと、登録日時がわかります。これにより、自分たちが書いた記事がいつ検索対象になるのかがわかるのです。

ライティング

たとえば、検索対象になるのが数時間後であれば、タイムリーなニュースにまつわるコラムを投稿すれば、競合サイト次第では数時間後に、そのニュースを検索したユーザーの集客に成功することになります。また、それほど早く検索対象にならないのであれば、もうあまり即時性を必要としないコンテンツをまずは投稿する、などの判断ができるようになります。

なお、立ち上げ始めたサイトでも更新することによって、この時間差は縮まります。粘り強く投稿し、その変化を洞察し投稿内容に反映させてみてください。

2.メールやフォロワー数など資源を把握する

メディア母数

前述の調査は記事更新時に役立つデータです。以下は、すでにある程度の数をもっている媒体かと思います。スタッフや関係者の数も含めて、なるべく多くの協力者が得られるように働きかけましょう。

・メルマガ配信数
・Twitterやfacebookなどソーシャルのフォロワー数

たとえば、記事を書いてそのURLを上記媒体で告知しますと、その10%くらいはアクセスしてくれるだろう、と目算が立ちます。一度、発信してみて基準値を出したうえで、その後その20%増加を目標(KPI)にしても良いかもしれません。

なお、前述の検索結果表示数も、前述のGoogleアナリティクスの集客>検索エンジン最適化>ランディングページ で表示数がわかりますので、それを露出とみなし、だいたいの集客を見積もれるはずです。

そのうえで、現実的な運営目標を導き出すと、記事更新やその告知などにも目標意識が生まれ運営が軌道に乗りやすくなります。

まとめ

全体像

オウンドメディアを効果的に発信するためには、事前に自社のリソースがどれくらいあるのかを把握することが大切です。

コンテンツ投稿後にどれくらい反響があるのかが見えてきませんと、投稿者や社内のモチベーション維持が難しいからです。コンテンツマーケティングは中期的に取り組む施策と言われていますので、長期的に施策をまわす工夫が不可欠で、限られたリソースだからこそ的確に発信したいものです。

媒体に適切に乗せて拡散した情報は、良くも悪くも間違いなくあなたのブランドに反響がかえってくるでしょう。そして、それこそがオウンドメディア運営のスタートとも言えます。

前回の目標設定と同様、今回の準備もぬかりなく行って、幸先の良いスタートダッシュを切ってください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ