ユーザープロフィール

ゲストさん

記事が必要な時に頼れるライティングサービス!でも、どうやって選べばいいの?

記事が必要な時に頼れるライティングサービス!でも、どうやって選べばいいの?

ライティングサービスと一口に言っても、実は業者によってサポートされる範囲というのは大きく異なります。今回は、主にコンテンツSEOを行う際に、どんなライティング業者を選べば良いのか?という点についてお伝えします。

大本命!SEO業者

当然ですが、コンテンツSEOをはじめるのにはいろいろなノウハウが必要となります。ただ記事を入れていけば良い、というわけでありません。どういった内容の記事が必要で、それをどのように広めていくか。そのためには、サイト自体にも手を入れなくてはならないケースもあるでしょう。

こうしたお悩みを一気に解決してくれるのがSEO業者(※1)です。もしも自社にSEOを見られる部門がない、SEO関連を勉強している暇がスタッフにない、という場合には、すべてをワンストップでお願いできる業者を活用するようにしましょう。

SEO業者の中には、専門のライターチームを持っているところもあります。この部署には、Webライティングに精通した専門家が揃っているため、読み物としてもコンテンツSEOとしても質の高い記事を作成してくれるでしょう。取材やインタビューに対応しているケースも多いので、非常に心強いです。

※1 実際には、SEO業者以外にもコンテンツ制作を代行してくれる会社は多々あります。今回は便宜的にこの呼称を利用しました。

使い方次第?記事作成代行サービス

すでに社内にSEO部門がある、もしくはSEOに明るいスタッフが在籍している、ということであれば記事作成代行サービスの利用がオススメです。方向性等が決まっており、あとはそれに見合うテキストが必要、ということであればSEO業者を使うよりもコストを抑えることが可能です。

注意しておきたいのは、記事作成代行会社の場合はSEOの専門家ではない、ということです。そのため、基本的なSEOの指針はクライアント側で示さなくてはなりません。たとえば、キーワードの選定などに関しては、自社で行わなくてはいけない、ということです。

ちなみに、最近ではSEO専門の記事作成代行会社というところもあります。こうした会社の場合は、SEOに関する高い知識を持ったスタッフが打ち合わせの段階でいろいろな提案をしてくれることもあり、インハウスでSEOを行いたい企業のアドバイザーになってくれることもあるのでぜひ活用してみましょう。

専門分野であれば編集プロダクション

たとえば、絶対に間違った内容の記事を入れられない場合や、かなり知識のある人をターゲットにしている場合は、SEO業者や記事作成代行会社では手に負えない場合があります。そんな時は、文章のスペシャリストが揃う編プロに依頼をするのもオススメです。特に専門分野に特化した記事であれば、そのジャンルに強い編プロに仕事を依頼してみてください。

ただし、編プロの場合は総じてコストが上記の2社に比べて高くなる傾向にもあります。そのため、絶対に外したくない記事に関しては編プロへ。ある程度ボリュームを稼ぎたいという目的がある場合は記事作成代行会社へ、というような使い分けをすることもオススメです。

コスト重視ならクラウドソーシング系サービス

とにかく安く大量に!ということであればクラウドソーシング系サービスは非常にオススメです。お小遣い稼ぎの副業でサービスに登録をしている人も多数いるため、かなり格安で記事の作成を引き受けてくれるでしょう。

ただし、注意しておきたいのは品質と納品の管理です。馬力のあるライターが見つかれば大量の記事を一人で書ききることもできますが、複数名のライターが一気に作業をするケースでは、どうしても記事の出来に差が生まれてしまうことがあります。また、依頼をしていたライターと連絡が取れなくなる、といった可能性もないわけではありません。そのため、クラウドソーシング系のサービスを利用する際には、過去の実績などをしっかり確認する必要があるでしょう。

コスト・品質の面で最高なのは専門のフリーライター

最後に、業者ではなくなりますがフリーライターへ記事を依頼する、という方法についてもお伝えします。ここでのポイントは、専門分野を持っているか否か、という点です。フリーライターの中には「どんなジャンルもお任せください!」という方もいますが、やはりその道の実績が豊富である人にお願いするほうが品質は格段に上がるでしょう。当然、間に入るマージンもありませんので、コストも安くなる傾向にあります。

ただし、フリーライターを見つける手間と管理する手間があるのは否めません。また、1人のライターが執筆できる量には限界があるため、複数のライターが必要になるでしょう。信頼の置けるライターを見つけ、その横の繋がりで良いライターを見つけて行ければ理想的ですが、少し時間がかかってしまうかもしれないのが注意点と言えます。

まとめ

一口にライティングと言っても、求められる品質やオプションというのはさまざまです。自社にとってどこまでのクオリティーが必要で、どの程度のコストを使えるのか?といった部分を意識し、ライティング業者を選んでみてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ