ユーザープロフィール

ゲストさん

Googleアナリティクスによるコンテンツの分析効率化テクニック

Googleアナリティクスによるコンテンツの分析効率化テクニック

前回、情報発信前にどれくらいの見込み読者がいるのかなどを吟味し、それらに向けて情報発信をしましょうとお伝えしました。 そしてそれらのコンテンツを計画的に追加し、コンテンツも増えオウンドメディアとしての体裁が整ってきた、というところからが今回の記事です。
Googleアナリティクスを使って大量のコンテンツを分析するときのコツやテクニックをご紹介します。

なお、本文は前々回のコンバージョン設定がなされている、という前提で進めます。目標設定がまだの方はご一読のほどよろしくお願い致します。

オウンドメディアにおける主サイト送客のコンバージョン設定|トイロハ

膨大なコンテンツ評価の考え方

画像

オウンドメディアに大量のコンテンツを追加したとき、難しいのはその膨大なコンテンツをどうやって効率的に効果測定するか、です。いくら分析しても、その結果から仮説をたて「行動可能な打ち手」として実践しなければ勿体ありません。

大量のコンテンツをいかに効率的に分類し、全体俯瞰をしやすくするか、という設定が不可欠です。そして、分析したデータをどういかすのかという視点は立場によって変わります。

・コンテンツマネージャー:
 全体的俯瞰からよりコンバージョンさせるための中期的打ち手の目安にしたい。

・ライター/ディレクター:
 どういうコンテンツがコンバージョンするのか、目的を達成するのか知見をためたい。

つまり、管理者はどういう方向性でチームを率いていけばいいのかという指標、または成果が落ちているテーマは無いかというシグナルを、書き手はどんな記事がオウンドメディアとして、集客と送客に役立っているのかという品質の向上を、それぞれGoogleアナリティクスからすぐにわかることが大切です。

担当者が自身で判断し行動できるようなレポートになっていることが、チームの効率運営につながるからです。

それでは、以下具体的にGoogleアナリティクスで、どういうレポートを作ればいいのか、ご紹介します。

1.記事ごとのPVと送客貢献度

書き手にはこのレポートがもっとも参考になるはずです。書いた記事に対して、どれくらいページビューが稼げて、どれくらい送客に貢献できたのか、という成果がわかります。

画像

行動>サイトコンテンツ>すべてのページ「ページタイトル」 を選びますと、人気記事ランキングがわかります。書き手のモチベーションがもっとも上がるレポートでしょう。

また、目標設定で「値」に数値を入力しておきますと、ページの価値が利用できます。これはコンバージョンへの影響度を示す指標で、ゴールに関与すればするほど数値が高くなります。

書き手は、PVが高くかつページの価値も高い記事を、どうやったら書けるのかという試行錯誤をし、このレポートを目安にすればよいわけです。

後述しますが、管理者はこのレポート画面で、コンテンツグループ機能を使いますと、ジャンルや書き手ごとの合計としての成果がわかり、全体俯瞰ができて便利です。

あまたの流入キーワードを、アナリティクス設定画面から簡単に分類し、レポート画面で分析に使えます。どういうキーワードグループで流入しているのか、呼び込めていないのか、という目安になります。また、書き手としては、そもそもどういうキーワードで集客できているのかというウェブライティングの精度確認に役立ちます。

2.流入キーワードの効率分析!プライベートチャネルグループ

Googleアナリティクスには、集客のチャネル(経路)を独自に分類して全体を把握しやすくする機能があります。それがプライベートチャネルグループです。

たとえば、その記事が、狙ったキーワードのジャンルから集客できているのか、書き手はウェブライティングの精度を確認でき、管理者は流入キーワードの全体俯瞰ができる特徴があります。

上図のように、分類をして指標を見ることができます。ジャンルごとにどれくらい成果が上がっているのかもわかり、とても便利です。

プライベートチャネルグループの設定方法

画像

アナリティクス設定>ビュー>プライベートチャネルグループ を選びます。「新しいチャネルグループ」をクリックし、チャネルグループ名と、必要なチャネルを追加します。

チャネルは、たとえば「キーワード・含む・iPhone」としますと、「iPhone ケース」「iPhone かわいいカバー」など、iPhoneを「含む」キーワードを見つけグループにまとめてくれます。

抽出には順番があり、設定したチャネルの上から順に分類されていきます。たとえば、「1.iPhone」「2.かわいい」というチャネルを作ったとき、「iPhone かわいい」というキーワードは、最初に抽出される「1.iPhone」というチャネルに分類されます。
作ったプライベートカスタムチャネルは、集客>すべてのトラフィック>チャネル などから利用できます。レポートの表の左上のメニューに表出します。

チャネル作りのコツですが、まずは、ざっくりと「これが多いかな」といった絞り込むキーワードを設定すると良いでしょう。分類されたなかったものは、自動的にotherというグループに分類されますので、そこからさらに有用な抽出条件を考え、施策に役立つ分類を考えると効率的です。

チャネルごとのセッション数(集客)と、コンバージョン率(目標達成率)も出ますので、書き手、管理者ともに役立ちます。次は、ランディングページで分類するなど、施策に役立つようないくつかの切り口を管理者は見つけても良いかもしれません。

3.コンテンツグループで記事を分類

画像

コンテンツグループは計測時に自動的にページなどを分類できる機能です。
アナリティクス設定>ビュー>コンテンツグループ「新しいコンテンツグループ」から、設定が可能です。

通常のGoogleアナリティクスでも、ディレクトリ単位では記事を分類して精査できます。いっぽう、コンテンツグループ機能は、独自に分類を設定し、計測時にその情報を付加するという機能です。ですから、設定後に計測されたデータ以降から利用できます。前述のプライベートチャネルグループは、設定前のデータでも分類できる点が異なります。

コンテンツグループの設定方法

計測時にコンテンツグループを設定するには、以下の3つの方法があります。

1.トラッキングコードに ga('set','contentGroup1~5','グループ名'); を追加する。
※事前に、アナリティクス設定のコンテンツグループから、グループを作っておく必要あり。

2.計測時に、URLやページタイトルなどの一部を取得し、それらをグループ名とする。
※URLやタイトルに分類につかえそうな文言が入っているとベター。

3.計測時に、いくつかのルールを決めておき、都度抽出する。
※抽出するルールを予め設定しておく必要がある。数が多いときは負荷の検証をしたほうが良い。

本記事では、トラッキングコードを変えることなく、スピードも比較的高速な(2)の方法をご紹介します。

画像

アナリティクス設定>コンテンツグループ>新しいコンテンツグループを選び、グループ名を付けます。「抽出を追加」をクリックしますと上図のような入力画面になります。上図の例ですと、/blog/yoshida/id111.html が、yoshida というグループに、/blog/suzuki/id111.html が、suzuki というグループに自動的に分類されます。

URLに分類しやすい単語が含まれているときは、おすすめな分類方法です。URL以外にも、ページタイトルなども使えます。(.*?) という部分が、1つ1つの分類名になります。

行動>サイトコンテンツ>すべてのページから、コンテンツグループは利用できます。そこで、グループごとのPVやページの価値を吟味し、次の施策に役立てましょう。

まとめ

画像

集客やページの分類と重要指標をご紹介しました。立場によって、参考にすべきデータは異なりますが、大切なのはそれらを各自がふだんからGoogleアナリティクスでチェックすることです。

このような設定やデータの整備は、実際のプレイヤーがすぐに結果を見られるようにするためです。そのうえで、では次の施策をどうするかのアイデアを持ち寄り議論したり、情報収集に役立てることできるはずです。

誰かがわざわざデータを集計し、会議で配布して、現状把握からはじめる、という進め方では、オウンドメディアを運営するにはスピード感に欠けてしまいます。ウェブの良いところは即時性と保存性であり、オウンドメディアは自社サービスへの導線を効率的に大量にかつ継続的に確保できるところが醍醐味。

ぜひ、みなさんも、そしてみなさんのチームも、オウンドメディアのドライブメーターとしてGoogleアナリティクスを活用してみてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ