クライアントと読者、情報を理解するためにWebライターが心得るべきポイントとは

クライアントと読者、情報を理解するためにWebライターが心得るべきポイントとは

Webライターにはさまざまなスキルが求められますが、その中でも、確実に抑えておかなくてはならないのが「クライアント」「読者」「情報」との付き合い方です。今回は、特に駆け出しのWebライターに心がけてもらいたい3つの“理解”についてご紹介します。

クライアントの求めるものを理解する

クライアントがなぜ記事を欲しがっているのか、を理解することは、Webライターにとってとても重要です。その記事がどのような目的のために使われ、それによってどんな効果が生み出させるのかを知ることは、記事を執筆するうえで最重要のポイントと言えるでしょう。

逆に、何に使われるのかも分からない。どんな目的があるのかも知らない、といった状態で執筆をはじめれば、納品後のクレームにつながることも考えられます。そのため、Webライターをはじめたばかりのタイミングや、新規の案件を引き受ける場合には、必ずこの点を確認するようにしましょう。

また、クライアントが協力的なところであれば、いくつかの質問を考えておいてヒアリングを行うのも有効です。たとえば以下のような項目を用意し、電話やメールなどで訪ねてみてみましょう。

  • 使用目的
  • 掲載サイト
  • 記事の着地点
  • ターゲット(ペルソナ)
  • 最終的な誘導先
  • 似ているサイトや記事
  • 文体  など

検索ユーザーが求めるものを理解する

クライアントの目的が分かったら、次に読者が求めているものを理解できるようになりましょう。これを知るためには、案件の中で提示されているキーワードや参考サイトをヒントにしてみてください。

たとえば、記事のキーワードが「ストレス 過食」だったとしましょう。このフレーズで素直に執筆を行うと、「なぜストレスが過食につながるのか?」といった記事になってしまいがちです。確かに、それは間違いではありませんが、Webライターの場合にはもう一歩踏み込んだ“解決策”を提示すべきと言えます。

なぜなら、上記のキーワードで検索をする人というのは、多くの場合ストレスのせいで食べ過ぎに陥っている可能性が高いからです。こうした人たちにしてみれば、なぜストレスが過食につながるのかなどはある意味どうでもよいこと。それより大事なのは、現在抱えている“悩み”を解消したい、という気持ちです。

そのため、ストレスで食べ過ぎになってしまった時の対処法を記事内に示すことがもっとも重要となります。もちろん、説得力を増すためにそのメカニズム等を解説することも怠ってはいけません。両者をバランス良く配置し、読者が「読んでタメになった」というような情報発信ができるよう心がけましょう。

参考にした情報を理解する

最後は非常に当たり前のことですが、参考サイトなどの情報をしっかり理解することです。誤った情報を記事にしてしまった場合、被害を受けるのは第一にクライアントであることを忘れてはいけません。そしてそれは、ライター自身の信用を失うことにも直結することを覚えておきましょう。

そのため、記事を書き始める前には必ず正しい知識をインプットしてから筆を進めるようにしてください。理解が不十分のまま執筆をし、納品をしてしまうと、前述のような事態を招いてしまいます。

はじめのうちは、よく知らない分野の情報はなかなか頭に入ってこないかもしれません。しかし、ある程度知識が身についてくると、だんだん理解がしやすくなってきます。そして、「もう参考サイトや文献を見なくてもある程度まで書ける」となった段階で、記事の構成などを固めるようにしましょう。

まとめ

今回ご紹介したのは、Webライターにとって当たり前のことばかりです。しかし、当たり前だからこそ非常に重要なポイントであるとも言えます。まだ初心者のWebライターの場合には、こうした点をしっかり理解していただき、記事の執筆に励んでもらえればと思います。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ