もっとコワーキングしよう!〜あなたが間違ったコワーキングスペースにいることを示す22のサイン〜

もっとコワーキングしよう!〜あなたが間違ったコワーキングスペースにいることを示す22のサイン〜

コワーキングはみな同じではない

コワーキングスペースは、コワーカーのキャリアを積み重ねるのに非常にパワフルな環境です。しかしそのポテンシャルが生きて来るのは、そのコワーカーにとって相応しいスペースにいる時にのみに限られます。コワーキングスペースにはさまざまなスタイルがあり、自分にとって一番マッチするのはどこかを発見することは非常に重要です。

あなたがコワーキングにいて、何らのインスピレーションも感じられないのなら、それは別のスペースを見つける時かもしれません。

そこで今回は、”22 Signs You're in the Wrong Coworking Space”と題する海外のコラムから、あなたが間違ったスペースにいるのを示す22のサインを抄訳でご紹介します。あくまでも、外国のコワーキングの感覚で書かれていますが、もしかするとひとつやふたつは思い当たる節があるかもしれません。

出典:22 Signs You're in the Wrong Coworking Space

※この記事のオリジナルはThe Freelance Catに書かれたもので、著者は Cat Johnson 氏( Twitter account:@CatJohnson)です。
This article originally appeared on The Freelance Cat.

あなたが間違ったコワーキングスペースにいることを示す22のサイン

1.誰ともつながりを作れない

朝やってきて、午後に帰って行く、その間、ただ座って仕事するだけ。これはコワーキングではなく、レンタルオフィスだ。コワーキングとはあなたを取り巻く人々のことであり、あなたが作るコミュニティのことなのだから。

2.まわりの動きにイライラする

あなたの後ろでずっと営業電話をかけてる男の首を絞めてやりたいと思い出したら、そろそろ場所を変える潮時だ。いくつかのコワーキングスペースでは、このような伝統的なオフィスの姿を残しているが、一方では、クリエイティブやデザイナー、ライター、コーダーが気持ちよく仕事ができることに軸を置いている。もし、あなたが環境に悩まされているのなら、その環境を変えよう。

3.スペースに行く気がしない

コワーキングは、人のやる気を奮い起こし、刺激を与える場であるべき。あなたが、なんとなく行きたくないと思うのなら、たぶんそのいずれもを感じることができないからだろう。あなたの火に燃料をくべる場所を見つけよう。

4.まったく行かない

コワーキングスペースにいるよりコーヒーショップにいることを好むなら、確かにあなたは間違ったコワーキングスペースにいる。

5.コミュニティというよりレンタルオフィスみたい

コワーキングとレンタルオフィスを分けるのはコミュニティの存在だ。もしあなたがコミュニティを必要としているのに、区分けされたキュービクルの中で孤独を感じているのなら、他の選択肢を検討すべきだ。

6.名前を知っているのは受付だけ

もし、そのスペースにただ入ってきて、一日いて、そして出ていくだけなら、あなたを待つ人たちは別の場所にいる。

7.スペースはからっぽ

深夜や早朝でもないのなら、コワーキングスペースは活気に沸いているはず。そうでないとしたら、以下を試してみる。
1)人々を暖かく迎えるコミュニティの雰囲気を作る
2)すでにエネルギーに満ちあふれている場所を見つけて飛び込む

8.人のつながりよりデスクの場所が優先される

コワーキングスペースは個々にオフィスを借りるより安くつくので、オフィスワーカーはコワーキングスペースを利用して節約を図る。コワーキングスペースはさまざまな職種のプロフェッショナルが利用することで成り立っていくので、それはそれでいいことだ。しかし、事がおかしくなるのは、単なるレンタルオフィスがコワーキングスペースと偽って宣伝していた場合だ。あなたがそれを望むのならそれは構わない。しかし、そうでないのなら、違うことをしよう。

9.あなたの関心を駆り立てるイベントがない

もしそのコミュニティに、あなたの関心を駆り立てるイベントがないのなら、たぶん間違った場所にいる。イベントとは、そのコミュニティのあり方を反映する。あなたがそこにあなた自身を見ることができないのなら、もっとあなたにフィットする場所を見つける必要がある。

10.コワーキングスペースよりも自宅で一人きりで仕事をするのを好む

コワーキングスペースに参加しても自宅で仕事をすることの方が多いとしたら、あなたにフィットするのはそこではないかもしれない。

11.利用しないことでお金を失っているとは感じない

コワーキングは「利用」した時にこそ大きな価値を提供する。利用料を払ったことがスペースに出かけるインセンティブとして働かないのなら、あなたにとってのスペースはそこではない。

12.死んだように静か

コワーキングスペースでは、がやがや、ざわざわしていて、活気がある。もし、歯科医の待合室のように感じるのなら、移動しよう。その雰囲気があなたによい効果をもたらさない限り。

13.つまらない

コワーキングしていると、周りで起こる目を見張るような仕事ぶりに刺激を受けるもの。あたりを見渡して、あなたの仕事をステップアップしてくれる、手を貸してくれる、コミュニティに貢献してくれる人がいるだろうか?いない?だとしたら、あなたのヴィジョンと創造性にもっとコミットする場所を見つける時かもしれない。

14.コワーキングスペースよりコーヒーショップでよりつながりを作っている

もし近くのコーヒーショップのほうがコワーキングスペースよりもネットワークを作る環境としてよいのなら、移動しよう。あなたの一日は、会話と人とのつながり、情報の共有と紹介に満たされているべき。コワーキングは究極のネットワーキング・マシーンだから。

15.一日のうちでバスルームに行くことが一番エキサイティング

あなたは、何時間もうつむいて仕事をする。ふと見上げると、みんな同じことをしている。数時間後、状況はまったく同じで変わらない。あなたがコワーキングした日で最高に気分のいい瞬間がバスルームで足を伸ばした時だとしたら、もう少し交流のある場所を見つける時かもしれない。

16.9時〜5時の仕事に戻ろうかと考え始めている

もしあなたが、コワーキングスペースにいるより、かつて嫌っていた9時〜5時の仕事に戻ることを考え始めているのなら、直ちに違う場所を見つけよう。コワーキングとはあなたの人生をあなた自身のものにできる、諸手を挙げて祝福すべき出来事であって、給与は高くても気の滅入る仕事に戻るかどうかを思案する憂鬱な環境ではない。

17.訊きたいことがある時、周りの人に訊くよりSNSに投稿する

コワーキングの素晴らしい点のひとつは、何か判らないことがあった時、あなたの周りにすぐに手助けしてくれる人がいるということだ。もしあなたが、どんな風に受け取られるか判らないからとか、コミュニティに馴染んでいないからといった理由でこの経験がないのなら、移動しよう。コワーキングスペースのネットワークは、あなたを避けるものではなく、あなたを支援し励ますものでなくてはならない。

18.「コワーキングってどう?」と訊いて「別に」と返される

もしコワーキングに対して今ひとつ気乗りしないのなら、もう少ししっくり来るところを探そう。コワーキングはこれまでのあなたのキャリアで最高のものになる可能性がある。ぜひそうしよう。

19.無料コーヒーでいくら得したかを計算し出す…そして十分元を取れている

コワーキングでの最大の特典がコーヒー代を節約できることだとしたら、せっかくのチャンスを見逃している。他をあたった方が良さそうだ。

20.コワーキングスペースの外で同じスペースのコワーカーにばったり会った時、お互いに知らないふりをする

すぐ隣で何時間も仕事していたのに、ばったり通りで会った時に素知らぬふりをしたならば、あなたは間違った場所にいる。偶然出会ったことをうれしく感じる人たちのいるコワーキングスペースを見つけよう。

21.自分のスペースではなくて相手のスペースでミーティングしたい

コワーキングスペースには、ミーティングをセットアップしてクライアントや協働パートナーを自分の環境に呼べるという特典もある。もしあなたが、彼らを自分の環境に呼びたくないのなら、間違った場所にいるサインだ。

22.契約終了まであと何週間と数えている

利用料を安くあげるために年間利用のコースを選んだ。気がつくと、契約が終了して退会できるまであと何週間かかるのだろうと数えているとしたら、あなたは絶対に間違った場所にいる。

環境は自分でも作れる

さて、もしかしたらあなたにも該当するものがあったかもしれません。ただ、ぼくがこれに付け加えるとしたら、あなたにぴったりのコワーキングという環境を、あなた自身が作ることも可能だ、ということです。既存のスペース内においても、新たに開設するにしても。コミュニティに参加するひとりのコワーカーとして、あなたにできることはいくつもあるはずです。

そしてまた、コワーキングスペースを運営する人にとっても、これらのサインがコワーカーにとってよりよいスペース運営とは何なのかを示すヒントにもなります。コワーキングスペースは必ずしも「もてなし」の場ではありません。しかし、コワーカーの目的の本質をしっかり認識することは、コミュニティの目的を果たす手がかりにもなります。

コワーキングは、働き方を変え、暮らし方を変え、人生を変えます。そう確かに感じることのできるコワーキングをしましょう。そのための仲間は、必ずあなたの周りにいます。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ