ABテストを効果的に行うためのノウハウ~フレームワーク、成功事例、テストツールなど~

ABテストを効果的に行うためのノウハウ~フレームワーク、成功事例、テストツールなど~

A/Bテストは、サイト訪問者を増加させコンバージョン率を上げるために、Webサイト運営には欠かせない施策です。しかし、考えているけれど実施には至っていない方、行っていても成果が出ずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、A/Bテストを効果的に行っていくためのポイントやツールをご紹介していきます。

A/Bテストの進め方

A/Bテストを成功させるためのフレームワーク【3W2H】

A/Bテストを行うにしても、どこから手をつけたらいいか分からないということは多くの人が抱える悩みではないでしょうか。そのような悩みを解消してくれるのが、「3W2H」のフレームワークです。このフレームワークに沿ってユーザーのことを考えていくと、どのページのどの部分に施策を行っていけば良いのか、ある程度的が絞られてきます。詳細はこちらの記事を読んで確認してみてください。

A/Bテストで成果に直結するノウハウと勝ちパターン集

A/Bテストの効果を出すためには、最初の段階で、どのページに施策を行っていくのかという選択も重要です。こちらの記事では、これまでの実施経験から特にランディングページに効果があるとしています。また、ランディングページで実施すべきA/Bテストの簡単な内容もまとめてありますので、参考にしながら実践してみてください。

トータルでマイナスにならないために…A/Bテストを行う際に押さえたい4つの考え方

せっかくA/Bテストを行っても、現れた結果の判断を間違えれば成果にはつながりません。そればかりか、ページの分析からテストアイディアを考案し、テストを実施するまでにかかった時間とコストがすべて無駄になり、リカバリーも含めれば、かえってマイナスになることも考えられます。こちらの記事では、解釈を間違えないためのA/Bテストの考え方についてまとめています。どれも難しいことではないので、1つ1つポイントを押さえていきましょう。

活用したいA/Bテストのツール

ABテストツール「Visual Website Optimizer」でWebサイトの改善をしよう【導入編】

A/Bテストを行うツールとして、インドの「Wingify」という会社が制作している「VWO(Visual Website Optimizer)」を紹介しています。A/Bテストは、「A案とB案のどちらが優れているか」というような意味合いであり、基本的には2つのものを比較して行います。VWOでは、テストを行いたい箇所やバリエーションが複数ある場合に行う多変量テストにも対応しています。また、結果の分析に使えるレポーティング機能や、テスト事例などもあって便利です。

ABテストで効果の高いページを作ろう!

こちらの記事では、アクセス解析ツールとして知られているGoogle AnalyticsをA/Bテストのツールとして利用する方法を紹介しています。順を追って設定していくだけで簡単に行えます。すでにアカウントをお持ちの方は、参考にしながらさっそく試してみましょう。

まとめ

海外ではすでにたくさんの事例があり、盛んに行われているA/Bテストですが、国内でも徐々に一般的になりつつあります。Webサイトの改善をどのように行っていけば良いか悩んでいる方にとって、A/Bテストは最も簡単ではじめやすい施策です。ぜひ参考にしてみてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ