ユーザープロフィール

ゲストさん

Word (ワード)で記事のスタイル・デザイン・目次を設定して見栄え良くする簡単テクニック

Word (ワード)で記事のスタイル・デザイン・目次を設定して見栄え良くする簡単テクニック

 ワード(Word)とはワードプロセッサー、つまりワープロソフトです。コンピューターを使って文章を入力し、編集して印刷する、というのが主な役割ですが、最近ではそこにとどまらず、いろいろな便利機能がはじめから備わっています。その中でも今回は、記事が書かれたWordファイルをより読みやすく、そして美しくデザインするためのテクニックについてご紹介します。

スタイル機能で簡単に整った見出しを作成

 Wordにはスタイル機能というものがあり、これを使うと簡単に見出しへの装飾やマークアップを行うことができます。以下は、Word2016でこれを行った場合の画像です。

画像

上記では、「ホーム」タブ内の「スタイル」というリボンメニューから、「見出し1」をクリックしています。「スタイル機能で簡単に~」という文字のサイズが大きくなりました。また、文字の左側に「・」が付きます。これは、Wordがこの文字を「見出し1」として認識した、という意味です。なお、この「・」は印刷されることはありませんので、無理に消す必要はありません。

また、スタイル内の「見出し2」というのは、「見出し1」の下の階層にある見出しとして登録されています。それぞれのレベルに合わせて設定することで、簡単に文章のマークアップ、構造化ができて便利です。

デザイン変更でより美しく

 Wordには、はじめから美しいレイアウトを簡単に作れるデザイン機能が付いています。これを利用すると、ひとつひとつの文字や文章の書式を個別に変更しなくても良いので、とても便利です。

画像

上記は、テーマを「パーセル」、ギャラリーを「線(シンプル)」、配色を「デザート」、フォントを「遊ゴシック Light」に設定した例です。はじめにスタイルの設定を行っておけば、自動でデザインが変更される仕組みとなっているので、ご自身の好みや記事のイメージに合わせて変更をしてみましょう。

スタイルのデザインは作成することも可能

 たとえば、案件によってすでに見出しの書式設定が決まっている場合や、自分の好きなデザインがしたいという場合には、スタイルを作成し、保存しておくこともできます。方法は簡単で、ホームタブ内のスタイルの右側にある「▼」をクリックし、「スタイルの作成」をクリック。その後出てくるウィンドウに好きなスタイル名を入れ、「変更」ボタンを押すと、細かな設定ができます。

画像

目次の挿入でもっと読みやすく

 長文の記事になると、見出しの数も多くなりますし、何よりも何がそこに書かれているのか、タイトルやリード文だけでは判断がしにくくなります。そこで、クライアントにも読みやすいように目次を挿入してみましょう。事前にスタイル機能でマークアップを行っておけば、簡単に自動生成が可能です。

画像

「参考資料」タブの中の「目次」というリボンをクリックしてください。すると、いくつかのパターンが表示されます。ほとんどの場合、「自動作成の目次」で事足りるかと思いますが、もっと凝った目次を作りたい場合は、「ユーザー設定の目次」をクリックすることで、より細かな設定が可能です。

まとめ

 ライターの中には、「納品しているのは記事・文章であって、デザインは関係ない」と思われる方もいるかもしれません。しかし、文章というのは書式などによって読みやすさが変わるのも事実。そのため、クライアントがいかにスムーズに目を通せるか、という部分にこだわるのは無意味ではありません。また、適切にマークアップされた記事は、その文章をWebにアップするコーダーの方にとっても扱いやすいものです。そこまで大変な作業ではありませんので、納品物の質を一歩高めるために、ぜひ今回のノウハウを活用してみてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ