ユーザープロフィール

ゲストさん

PowerPointに頼らないプレゼンテーション作成ツール

PowerPointに頼らないプレゼンテーション作成ツール

 自社や他社、勉強会、学会、セミナーなど何らかの発表を行う際にはプレゼンテーションを行います。ビジネスの場においてはPowerPointを使うケースが多いですが、あまりにも見慣れてしまったせいか、印象に残りづらくなってしまっています。何となくビジネス色を強く出し、アニメーションに凝りすぎると印刷した場合に見づらくなるという問題もあります。さらに作成、編集について専用ソフトウェアを使わなければならないために再利用性が悪かったり、閲覧に際してOSやソフトウェアを限定してしまうデメリットがあります。

そこでここ数年使われはじめているのがプレゼンテーションソフトウェア以外を使ったプレゼンテーション作成です。主立った技術としては、HTMLやテキスト、PDFを使って行います。HTMLであれば表現力も自由度も高く、プレゼンテーションの後にそのままWeb上で共有できるというメリットもあります。そこで今回はプレゼンテーションソフトウェアに頼らないプレゼンテーション作成、閲覧ソフトウェアについて紹介します。

主立った技術別に紹介します。

HTML

 最も有名な手法と言えます。一定の記法(HTML構造)で記述することで、CSSやJavaScriptを使ってプレゼンテーションのようにスライド表示をします。矢印キーで左右のスライドを入れ替えたり、ソフトウェアによっては検索したりすることもできます。

Slimey

実現できることはまさにGoogleドキュメントのプレゼンテーションやKeynoteと同様のプレゼンテーション作成です。スライドの追加、テキストの追加、画像の追加などはもちろん、リストや各オブジェクトのインラインでの編集やマウスでの移動もサポートしています。UndoやRedoもできるし、画像の拡大縮小も可能となっています。画像の指定やフォントの色変更などでまだこなれていない部分はありますが、今後の発展を十分に感じさせます。保存時のアクションはポストされたデータをそのままダンプするだけですが、それ以外はすべてJavaScriptとHTMLなので、自分なりの工夫をすれば良いでしょう。

jQuery Presentation

名前の通りjQueryを使って作られているプレゼンテーションソフトウェアです。矢印キーの左右やリンクをクリックしてスライドを切り替えることができます。現状ではそれだけに限定されるようです。ページ一覧や検索機能などがあるとさらに便利そうです。

jQuery Presentation

jQuery PresentationはjQueryで作られたプレゼンテーションツールです。特徴は一つ、スライドの切り替えにあります。まるでスライドが回転するように切り替わるのです。これは初めて見た人にとってはインパクトが強いのではないでしょうか。

Nerine

NerineはHTML5製のプレゼンテーションツールです。道具は一切問わないので、テキストエディタを使ってプレゼンテーションを作ることができます。矢印キーでスライドを入れ替え、競り上がってくるようなイフェクトや、キーを押すごとに表示を追加するようなイフェクトもできます。

Swinger

SwingerはWebベースのプレゼンテーション作成、公開ソフトウェアです。プレゼンテーション作成ソフトウェアほどではないものの、Web上でテキストを入力してその場でプレゼンテーションを作成できます。画像やリンクの埋め込みにも対応しています。

S6

S6はプレゼン用HTMLファイルに各種イフェクトを可能にするソフトウェアで、矢印キーでのプレゼンスライド切り替え、一覧表示機能があります。各スライドごとにアクションを定義し、多彩なイフェクトをかけられます。例えば大きな文字がズームアウトしながら表示されたり、文字がスライドしてきて表示される、スライドの切り替わりがフェードアウト/インしながら切り替わるなどです。

Luminescence

LuminescenceはYAMLファイルを使ってプレゼンテーションを生成するソフトウェアです。内容についてはMarkdown記法が利用できます。コマンドラインで使うソフトウェアで、YAMLファイルとアウトプットするHTMLファイル名を指定して実行します。背景色とテキストカラー、リンクの色などが指定可能です。さらにスライドのフェードイン/フェードアウトの時間を指定できます。もちろんHTMLなのでその他の指定も容易にできるでしょう。YAMLならばHTML公開以外でも使えるのではないでしょうか。

one-line-presentation

one-line-presentationはHTML(配布はPHP)とJavaScrptでなるソフトウェアで、ブラウザを使ったプレゼンテーションを作成します。巨大な文字が表示される点は高橋メソッドと同じです。なぜ1行プレゼンかと言えば、その内容が一行で作成されるからに他なりません。デフォルトではタブ区切りの文字列を作成すると、タブごとにスライドが区切られて表示されます。

mm2s5

mm2s5はマインドマップをプレゼンテーションに変換するソフトウェアです。生成されるのはs5というHTMLベースのプレゼンテーションファイルになります。リスト表示(黒丸、数字など)、ストップライト(順番に赤くなる)、テーブル、リンクなどがサポートされています。

Flash

 FlashはHTML以上に表現力が高いプレゼンテーションを作成することができます。Web技術であるため、オンラインで公開するのは容易です。ただし再利用性はPowerPoint並みに低いのが欠点ではあります。表現力が高いため、通常のスライド形式にこだわらないプレゼンテーションすら実現できます。

Powerbullet Presenter

ドローソフトウェアのような感覚でプレゼンテーションが作成できます。Powerbullet Presenterは独自のファイル形式で保存しますが、エクスポートとしてFlashファイルでの出力に対応しています。同時に実行ファイル形式でも出力されるので、Flashがなかったとしても閲覧はできるようになります。テキスト入力はもちろん、画像やテーブル、音声や円、四角と言ったオブジェクトの追加も簡単にできます。そして各オブジェクトに対して表示の方式などを設定することでよりダイナミックなプレゼンテーションが可能になります。

PDF

 PDFプレゼンテーションの場合は、PDFを作成するのではなくPDFファイルをプレゼンテーションのように見せるためのソフトウェアになります。1ページ1スライドになります。そのため従来のプレゼンテーションファイルをPDFに変換し、以下のビューワーを通してプレゼンテーションにすることができます。ローカルOSで動作するものが多いので、Webとの親和性は高くありません。

Skim

最大の売り(だと思う)がプレゼンテーション機能です。最大化表示し、指定した方法(ズームやページ送りなど10種類以上)で各スライドを移動しながらプレゼンを行えます。

SplitShow

SplitShowは特殊なPDFを使い、メインモニタとサブモニタとで異なるページを表示します。どんなPDFでも良いという訳ではなく、専用のLaTeXクラスBEAMERで作成、変換したPDFに対応するようです。そんなPDFをSplitShowを使ってプレゼンテーションします。

Impressive

ImpressiveはWindows/Mac OSX/Linuxいずれのプラットフォームでも動作します。そしてImpressiveの引数にPDFを指定すれば全画面表示のプレゼンテーションが開始されます。クリックで次のスライドに切り替え、右クリックで戻す操作が基本になります。さらにエンターキーを押してスポットライトモード(さらに+/-で拡大/縮小)、ドラッグで一部を囲むとハイライト表示、zキーでズーム、タブキーでスライド一覧といった機能があります。他にもBやWキーで画面を真っ黒にしたり、逆に真っ白にすることもできます。

Wiki2Beamer

Wiki2Beamerで使う文書の形式はWiki調になります。Latexのちょっと難しい記法に比べると、制限はあるが分かりやすい表記で書くことができます。記法もそれほど難しくはなさそうです。そして文書が作り終わったらWiki2Beamerの出番になります。できあがった文書をコンバートして、Latex文書に仕上げることができます。ここでWiki発Latexまでたどり着きます。さらにそのままpdflatexコマンドを実行すると、LatexファイルがPDFへコンバートされます。しかも、その内容はプレゼンテーション形式になっているのだ。BeamerというTeXフォーマットになっているので、手軽に変換できます。

テキスト

 一風変わったところでテキストファイルをベースにしたプレゼンテーションです。とは言ってもソフトウェアによってはYAMLファイルをベースにするものもあるので、あまり変わらないかもしれません。テキストファイルを使う良さはテキストエディタなどを使って自由に編集が出来ること、プログラミングをすることで外部のソースを取り込むといったことも容易に出来ることです。

xsw

xswはYAMLに似た形式でプレゼンテーションを書いていきます。テキスト、画像、背景を指定可能で、フォントサイズや配置を変更することができます。テンプレート機能を使って、予め指定した背景などを使い回すことも可能です。スライドの切り替えは矢印キーで行い、HOME/ENDで最初または最後のスライドに移動します。Fキーを押せばフルスクリーンになります。LinuxやUnix向けに提供されていますが、Windows向けのバイナリもあります。これを使えば手軽にテキストベースのスライドショーができるようになります。

まとめ

 プレゼンテーションは一つの作品として捉えられてきたため、再利用性についてはあまり気にされていませんでした。が、現在ではプレゼンテーション作成自体は決して特殊なものではなくなり、誰でも作成するものになっています。加えて状況に応じて内容をアップデートしたり、複数のプレゼンテーションを組み合わせたりすることも増えてきました。さらにオンラインの存在が状況を大きく変えています。Web上で検索できたり、ブログ内で掲載できなければせっかくの作品の露出機会が損なわれてしまいます。

HTMLやPDFとして公開することができれば、検索エンジンから閲覧する人も増えることでしょう。それは社外に限らず、社内資料についても社内ポータルに掲載し検索できるようにメリットがあります。ぜひ再利用性の高いスライドを作成してください。

関連記事

プレゼン資料やヘルプなど。色々な場面で活躍するスクリーンショット/キャスト作成ソフトウェア×30選
業務に、自作のWebサービスに。Web用グラフライブラリ×30種
クライアントサイドで作成するPDF×22選

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ