ヒット商品を開発するためのノウハウ~基本的なステップやヒアリング方法、取組方法など~

ヒット商品を開発するためのノウハウ~基本的なステップやヒアリング方法、取組方法など~

企業にとって世間に広く知られるような「ヒット商品」を製作することは命題といっても過言ではありません。とは言え、良い商品とは容易に作れるものでもありません。ユーザー目線での商品開発や使い心地の聞き取りなど、さまざまな作業が必要です。また、商品開発に行き詰ったときには発想の転換も必要でしょう。今回は、良い商品を開発するためのヒントとなるノウハウや試みについての記事を集めてみました。

「商品力」とは何か?

【 保存版  】商品力を向上させるための3つのステップ

「購入者に価値の高い商品」をテーマに、どのような商品を開発・販売するべきかを紹介しています。非常に読み応えのある記事となっていて、読み終わった後には今まで知らなかったさまざまな視点や分析手法の知識を得ているはずです。

「ヒアリング」から有益な情報を掘り起こそう

ヒアリングから新規事業や新商品を開発する方法 | ヒアリング実践講座 第13回

良い商品を作るには「顧客目線での商品開発」が必要なことはよく知られています。そして、「顧客目線」を知るための一番の近道は、直接顧客にヒアリングすることでしょう。本記事では、ヒアリングで有効な情報を得るためのノウハウと、商品開発を行うために必要なステップが事例付きで紹介されています。

ヒアリングからの新規事業開発例 | ヒアリング実践講座 第14回

前項に引き続いての第2回記事です。前項で紹介された商品開発のためのステップを使い、ヒアリングした情報を整理・統合しながら、さまざまな問題を解決して新しいサービスを提供するまでの体験談が紹介されています。サービス提供までが時系列で紹介されていてイメージしやすい内容となっていますので、商品開発を行ったことがない方にも分かりやすい内容となっています。

ニーズのある商品を生むための取り組み

ユーザー参加型のモノづくり「オープンディベロップメント」とは~“閉じた開発”からの脱却が製造業を変える

他企業に先を越されないためにも、開発中の商品情報は公開されることがありません。ですが、顧客の目に触れないまま進む開発の弊害として、完成した商品が現在の顧客のニーズとかけ離れたものになることがあります。そのような事態を防ぐための新たな開発形態として「オープンディベロップメント」をご紹介します。

StartupWeekendをもっと知ろう!【メンバーの役割や用語、よくある質問について】

3日間で起業体験できるイベントについて紹介されています。限られた時間の中でチーム内の話をまとめて、新しいビジネスモデルを作り上げるための無駄のない役割分担やノウハウは、商品開発にも十分応用できそうです。

まとめ

顧客にとって価値のある商品を開発するために、各企業はさまざまな取り組みを行っています。ですが、イノベーションを産むような新しい商品を開発する方法に決まった方程式はありません。まずは今回ご紹介した記事を参考に、常識にとらわれない発想で商品を開発してみてはいかがでしょうか。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ