オシャレな企業ロゴの特徴とは?~デザイン事例、配色のポイント、ブランディングなど~

 オシャレな企業ロゴの特徴とは?~デザイン事例、配色のポイント、ブランディングなど~

今回は、見ているだけで楽しくなるような、素敵なロゴデザインが集められた記事をご紹介します。ロゴは限られたサイズに様々な情報が詰まっており、Webサイトなどとは違ってそれ1つで完結しています。眺めているだけでもデザインのポイントを感覚的につかめるのではないでしょうか。ロゴデザイナーはもちろん、デザインに関わるすべての人に見ていただければと思います。

ロゴのデザイン事例

長野で見つけた!デザインの参考にしたい素敵なロゴ18選

詰め込みすぎてもごちゃごちゃして見栄えが悪いし、かといってシンプルすぎても伝わらない。そんなデザインにおけるジレンマを解消してくれるような、優れたロゴデザインが集められた記事です。長野という土地の雰囲気が自然と伝わってくるような工夫がなされていることも特徴的です。一目見ただけで心惹かれるデザインは、見ているだけでも楽しくなります。

デザインの参考にしたい素敵な日本語のロゴ20選

ひらがな、カタカナ、漢字と、文字にたくさんの種類がある日本語だからこそ、表現の幅は無限大です。デザインの工夫しだいで見る人は文字を「絵」として認識することができ、それだけ印象が心に残りやすくなります。また、文字を効果的に使うとメッセージ性も高めることができるため、内容がストレートに伝わります。

イラストを効果的に盛り込んでいる、素敵ロゴデザインをまとめました

文字とイラストを上手く組み合わせて効果的に配置すると、ロゴがよりわかりやすく印象的に仕上がります。しかし一歩間違えば見る人に雑多な印象を与えてしまうことにもなります。文字とイラストのバランスや空間も意識してみましょう。

ロゴと色

ロゴの色とデザインをリサーチ!MAKEPO&NOIZZ編

ロゴに文字を入れる場合は、ローマ字表記にするか日本語表記にするか、日本語表記のなかでもひらがなにするかカタカナにするかなどで、連想されるカラーも変わってきます。語感や音の響きと色合いが調和することで、まとまった印象に仕上がります。全体的な雰囲気を左右する要素でもあるため、色の使い方も意識しましょう。

ロゴとブランド

成功の鍵を握る、コラボレーションによる、ブランドのリデザイン

ブランディングは、デザインを考えるうえで持っておきたい重要な視点です。特に企業や商品のロゴは、それ自体のブランドイメージと直結します。デザインの際は、背景となる企業や商品の情報を詳細に把握し、デザインのなかに上手く取り入れていくことも意識しましょう。

まとめ

ロゴは言わば、企業や商品の顔、見る人にとっての第一印象です。だからこそ、様々なデザインのノウハウを結集して作られているのかもしれません。ご紹介した記事を参考にしながら、ぜひ自分の技術として昇華させてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ