Webサイトやアプリのユーザーテストのノウハウまとめ~基本やポイント、成功事例など~

Webサイトやアプリのユーザーテストのノウハウまとめ~基本やポイント、成功事例など~

ユーザーテストは、実際にサイトを使ってもらって様子を観察し、サイト課題やユーザー心理を読み取る方法です。ユーザーの立場になってあれこれと想像しながら施策を行っていくよりもダイレクトに反応を知れるため、Webサイトの改善には非常に有効です。そこで今回は、効果的なユーザーテストの進め方と、成功事例を紹介します。事例を通じて、どのようにターゲットを絞りテスト内容を決定すべきなのでしょうか。

 

ユーザーテストの進め方

【準備編】ユーザーテストで課題を発見するための基本的な考え方と5つの準備プロセス

ユーザーテストを実施するまでの準備プロセスが詳細に説明されています。ユーザーテストにおいて最も大切なことは、テストから得た結果を分析し、改善策を見出すことです。そのためには、準備段階でユーザーテストの目的やターゲットユーザーを明確にする必要があります。「(企業側として)何のためのサイトか」「誰のためのサイトか」は、ユーザーテストをするかしないかに関わらず、Webサイト運営者なら持っておきたい視点でもあります。

【実践編】ユーザー心理とサイト課題を明らかに。ユーザーテストの進め方と観察のポイント

上記サイトの実践編です。ユーザーテストの一連の流れが理解できます。実施時に注意したいことはおもに、できるだけ普段通りの使い方をしてもらうこと、本音を聞き出すこと、の2つです。この2つをしっかりと考えていけば、ユーザーテストの効果が大きく期待できるでしょう。やり方のポイントを押さえ、身近な人で試してみてください。

アプリの改善は実際に使ってもらうところから。ユーザテストサービスまとめ

ここまでユーザーテストの準備とやり方をご紹介してきましたが、初めてユーザーテストを行う人にとっては、難しく感じる部分もあるかもしれません。また、全部の過程を自社で行おうとすると、なかなか大変な作業でもあります。実施を迷われる方は、テストサービスの活用も検討してみましょう。特に被験者の獲得は、外部に委託する方が、自社では探しきれなかったターゲットユーザーに近い人の発見につながるかもしれません。

ユーザーテストの事例

株式会社ベネッセコーポレーション「いぬのきもち ねこのきもち」ユーザーテスト(行動観察)を活用した潜在的課題の発見事例

サイトのフルリニューアルは行わない前提で、コンテンツやUIデザインなどの改善を反復していくための調査として行った、ユーザーテストの事例です。テストの目的次第で被験者の選定条件が変わるというところが大きなポイントです。また、下記サイトとともに、テストのシナリオ設計の参考としても読んでいただけます。

「東京インターナショナルスクール アフタースクール」ユーザーテスト(行動観察)を活用した潜在的課題の発見事例 | 住友商事株式会社

ユーザーが、自身が必要としている情報を自力で収集できるかに焦点を当てたテスト内容がまとめられています。テストの結果、コンテンツの情報量よりも、ユーザーの態度変容に対応していないことが問題であるとわかりました。やはり、潜在的な課題を認識するためには目的を明確にすることが重要です。

プロトタイプから100%を目指す~3カ月で100万DL突破の『Appliv』に学ぶ、効率的なUIデザインの3ステップ

ユーザーテストは、Webサイトの改善だけでなく、アプリ開発にも有効です。こちらの記事では、人気アプリ「Appliv」を開発したヴォラーレ株式会社の事例がまとめられています。ユーザーの本音を聞き出すための実施時の工夫については、特に注目したいところです。また、テスト結果をどのようにアプリに反映させていくかの考え方も参考になります。

まとめ

実際にサイトを利用してもらって課題を発見する、というユーザーテストの手法自体はいたってシンプルなものです。要点さえ押さえていれば簡易なテストでも発見を得ることができますので、難しく考えずにぜひトライしてみてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ