ユーザープロフィール

ゲストさん

電子書籍を自作できるオープンソース・ソフトウェアまとめ

電子書籍を自作できるオープンソース・ソフトウェアまとめ

iPadやKindleの登場以降、電子書籍に注目が集まっています。凸版印刷やDNPといった印刷社、講談社や集英社と言った出版社はもとよりAdobeやソニーなども参入しており、混迷しているのが実状です。そこで今回はオープンソース・ソフトウェアを使った電子書籍作成についてフォーカスを当て、既存のコンテンツや専用のソフトウェアを使って電子書籍を作成する方法を紹介します。今回は電子書籍リーダーではなく、自作するためのライブラリやソフトウェアの紹介になります。

Repub - WebサイトをePubファイル化

RepubはRubygemsを使ってインストールするソフトウェアです。repubコマンドにURLを引数として渡せばデータを取得し、ePubファイルとして出力します。XPathを使って取得部分を操作したり、執筆者情報などを付与することも可能です。スタイルシートの設定もできるので、見た目のカスタマイズも行えます。できあがったファイルはePubリーダーを使って閲覧ができます。小説サイトなどを取り込んでePubにしたりすると面白そうです。なお文字コードによってエラーが発生してしまうので、色々と試しつつ使ってみてください。

Tumblr 2 ePub - TumblrをePub形式に

画像

Tumblr-2-ePubはWebベースのソフトウェアで、TumblrのユーザIDを入れて実行すればクローラーが動き出します。後はしばらく待っているとリストに追加され、ePubファイルがダウンロードできるようになります。コンテンツは1エントリーにつき1ページとなっています。対応しているのは引用とテキストと写真となっています。面白い写真を集めたTumblrをそのまま電子書籍にしたり、気に入ったフレーズをまとめるのも面白いでしょう。一つのテーマに沿ったTumblogであれば魅力的な電子書籍ができあがるはずです。なおシステムは実験的に作られた段階にあるようなので、その点はご注意ください。

Text2ePub-clj - テキストファイルをePub化

Text2ePub-cljはコンソールで動かすソフトウェアです。出力ファイル名を指定し、後は複数のテキストファイルを指定して出力できます。できあがったファイルをiTunesに放り込めば、そのままiPhoneやiPadで閲覧が可能です。テキストファイルなのでとても軽量となっています。HTMLファイルやテキストファイルから容易に電子書籍が作られるようになっています。将来的にはフィードとともにePubファイルが配信されるようになるかも知れません。PDFとして出力して使うのとはまた違う面白さがありそうです。

EpubBinder - 複数のePubファイルをまとめる

EpubBinderはOpenOffice.org用の機能拡張で、現在開いているファイルとは別で利用するソフトウェアになっています。複数のePubファイルが入っているフォルダを指定したり、個別にePubファイルを指定して登録することから作業がはじまります。そして表題や作者、発行日付などを編集し、最後に目次の並び順を調整します。最後に保存を実行すれば複数の電子書籍がまとまったePubファイルができあがりです。個々の文書は縦書き、横書き、ルビ付き/なしなどが混在してもかまいません。フォントの大きさも自由です。電子書籍の新しい利用法が考えられそうな面白いソフトウェアです。

Baker - HTML5ベースを使った電子書籍フレームワーク

Bakerが使っているのはHPubと呼ぶ、HTML5ベースのHTMLファイルです。HTMLなので画像を埋め込むことも可能で、そのためのテンプレート(幅768px)も用意されています。これを使えば自由にレイアウトした文書が作れます。そしてHTMLファイルをbookディレクトリにいれ、後はBakerごとコンパイルすれば完了です。とても簡単過ぎて拍子抜けしてしまうでしょう。アプリの審査に出す際にはアイコンを付け、名前を変更すれば良いでしょう。機能的にはスライドで読み進めることしかできませんが、シンプルで使い勝手のいいソフトウェアです。後はBaker自体が拡張され、ページの一覧やしおり機能などが追加されれば実用的になるでしょう。

Sigil - ePubフォーマットにも対応した電子書籍エディタ

Sigilはワードプロセッサのように文書を書くことができます。とてもスムーズで使い勝手の良いソフトウェアなので、ドキュメント作成用として使っても十分便利そうです。文字の装飾や配置など、簡単なレイアウト設定もできます。画像の埋め込みや回り込んだ文書の作成も可能です。保存形式はオリジナルになりますが、アウトプットウィンドウではHTMLでレンダリングされた結果を見ることができます。また別名で保存する形式としてePubが選択できます。

PaperCrop - PDFを小型電子書籍デバイス向けに整形する

PaperCropを立ち上げ、PDFファイルを読み込むと自動的にテキストの配置を認識します。そのCropと呼ばれる単位が新しいページになります。つまり段組みされているページであれば1/2、1/4にしてしまうことで読みやすくなるという仕組みです。パラメータを設定することで認識範囲を変更したり、手作業で割り当てることもできます。あまりレイアウトの自由度が高いドキュメントでは難しいですが、論文やテキスト主体の雑誌、小説などであれば奇麗に変換できそうです。PaperCropを使えば小さなデバイスでも電子書籍が楽しめるようになります。

Calibre - iTunesのeBook版

CalibreはeBook専用のフォーマットはもちろん、PDFファイルも管理できるソフトウェアです。電子書籍のあるフォルダを指定し、そこに放り込んでおくだけで文書を管理してくれます。PDFファイルを選択して、eBook形式に変換することもできます。著者やフォーマット、出版社などメタ情報を使って自動的に分類したり、タグを使って管理もできます。メタ情報の編集も可能です。さらにニュースサイトのデータを取得する機能があり、CNNやBBC、New York Timesなどからデータを自動的にダウンロードしてeBook形式で保存してくれる機能もあります。

Magaka - HTML/JavaScript/CSSを使って電子雑誌を作ろう

Magakaが使っているのはHTML/JavaScript/CSS、そして若干のPHPです。Digital magazinesとなっているので、日本では一括りに電子書籍になりますが、Magakaが目指すのは電子雑誌だと思われます。記事を切り替えるのは指を横にスライドし、ページが長い場合は上下に動かすようになっています。さらにダブルクリック(または二回タップ)すると、ページの一覧が表示されるようになっています。対応しているのはiPad、iPhoneそしてデスクトップで、画面全体が画像の場合は個別に用意する必要があります。テキストの場合はBRHTMLという簡易的な記法のHTMLファイルを読み込んで表示するようになっています。HTMLならではの動画埋め込みや音楽再生などもでき、インタラクティブな電子雑誌が作成できます。DRMを使う場合は別として、ePubを配信するレベルであればMagakaを使った方がより手軽にインタラクティブな電子雑誌が作れるようになりそうです。

sc2epub - ソースコードを読む!

sc2epubはソースコードをPREタグで囲んでXHTMLに変換し、さらに目次などの項目を追加します。そしてMakefileを生成し、ZipファイルやMobiファイル(Kindle用の電子書籍フォーマット)を作成するのを補助してくれます。特に言語は問わず、存在するファイル全体に適用されるようです。ePubファイルが生成されれば、後はiPhoneやiPad、Androidで読むのは簡単でし。さらにePubからmobiファイルに変換すればKindleでも読めます。母艦上では開発に専念し、オフライン時にはePubを使ってコードを読み返してみる、なんてスタイルもいかがでしょうか。何らかのフレームワークを使っていたりすると、細かいところまで手を突っ込む必要が出てきます。そうした時に必要なのがソースコード全体の把握です。sc2epubはソースコードリーディングの手助けになるはずです。

GitBook – Markdownで書いて電子書籍/HTMLを生成

電子書籍を作るのは大変というイメージがあります。ePub自体は単なるZipファイルですが、その内容がXML/XHTMLなのが若干面倒さを感じさせます。専用のエディタもありますが、書き慣れたエディタの方が筆も進むというものです。そんな訳で使ってみたいのがGitBookです。Markdownで書いて、ePub/PDFに変換するGit/GitHub連動型電子書籍作成ツールです。

Softcover - 電子書籍作成環境はこれにお任せ!

電子書籍を書く際に、どのフォーマットを使うかで悩む人はいるでしょう。そんな方にはWebとしても見せやすいMarkdownフォーマットをお勧めします。そしてそのための環境づくりとしてお勧めしたいのがSoftcoverです。SoftcoverはMarkdownフォーマット使ってHTML/ePub/Mobi/PDFなど各種フォーマットへ変換してくれるソフトウェアです。Webでのプレビュー機能もあって、どんどん文章が書けてしまうはずです。

AsciiDoc - テキストから多彩なフォーマットに変換できる軽量マークアップ言語

最近はMarkdownが人気になっている軽量マークアップ言語界隈ですが、選択肢は一つではありません。reStructuredText、textile、RDocなど様々な言語があります。それぞれに特徴があり、記法も異なるので手に馴染むものがどれか色々試してみると良いでしょう。AsciiDocもその一つです。DocBookやPDF、ePub、LaTeXなどへのエクスポートをサポートした多彩な記法となっています。Markdownとも同じような感じで、見やすい書き方ができます。

EPUB3 Sliderizer - どこでも読める。Web/ePub両方を生成

電子書籍はePubファイルとして生成されますが、その中身はXHTMLで記述した後、Zip圧縮されています。なので解凍すればWebブラウザでも読める形式なのです。そこでWebブラウザと電子書籍リーダー両方にフレンドリーなEPUB3 Sliderizerを紹介します。

PressBooks - WordPressを使って電子書籍を作成

PressBooksはWordPressを使って電子書籍を作成するソフトウェアです。対応しているエクスポートフォーマットはMobi/ePub/PDFなどになっています。書籍のデザインはテーマで自由に設計が可能であり、WordPressならではのコラボレーション機能を使うこともできます。ブログ感覚で記事を書いて、その結果を電子書籍化するといった手法にぴったりです。

reink - ニュースサイトの記事をKindle3に最適化されたePub化

ニュースサイトの記事がオフラインで読めます。reinkはプラグインとして各Webサイトに対する生成条件を設定する必要があります。今のところasahi.com、gigazine.net、slashdot.jp、techon.nikkeibp.co.jpに対応しています。これを追加すれば任意のWebサイトのePubファイルが作成できるようになります。

Booktype - これは良い!オンラインで電子書籍を作成する

オンラインで書籍を執筆し、電子出版できるプラットフォームです。Booktypeで作成した電子書籍は印刷ベースにダウンロードしたり、iBooksやKindle Store向けに出版もできます。アクセスコントロールも十分で、非常に面白いソフトウェアです。

md2epub - Markdown/textileからePubファイルを生成

md2epubはMarkdownやtextileといった記法からePubファイルを生成するRubyスクリプトです。電子書籍を作成するのは大変と思われがちですが、テキストファイルからコンバートしてくれるmd2epubを使えばごくごく簡単にePubファイルを作成できます。対応フォーマットはMarkdownまたはtextileとなっています。

easybook - 手軽に電子書籍を作成できるコマンドツール

easybookを個人用途でPDFやHTML生成に使うのも良いですが、Webサービス化しても面白いかも知れません。MarkDownファイルをアップロードするとPDFを生成してくれるようなシステムです。ePubやPDFが生成できれば、次は電子書籍販売プラットフォームとしての道も考えられます。電子書籍の出版業界の動きはとても遅いですが、それは新規参入者にとってはチャンスと考えることもできますし、新しい流通プラットフォームが作れるかも知れません。

feed2epub-clj - 手軽に使える。フィードを取り込んでePubファイル化

feed2epub-cljのようなツールを見ると、やはり電子書籍としてのコンテンツは既にWeb上に存在するのだと思い知らされます。後はそのコンテンツをどうやって電子書籍化するか、さらに見栄えのいい体裁にしていくかです。そこは技術でカバーできる範囲でしょう。フィードリーダーはコンテンツの高速消費には向いていますが、蓄積型ではありません。対して電子書籍はストックになって、一つのファイルとして読み進められるのが利点です。それぞれコンテンツの種類に応じて最適な購読形態を選ぶと面白そうです。

EeePub - RubyスクリプトでHTMLファイルからePubを生成

全く同じコンテンツであったとしても見る方法が異なると全く別なニーズを呼び起こすケースがあります。例えば電子書籍は既存の小説、書籍をそのまま電子化しているケースが多いですが、ニーズは携帯性や購入からダウンロードすればすぐに読めるということにあるので市場がそれぞれ若干異なります。既存のWebサイトについても同様で、Webサイトで見られるコンテンツであっても電子書籍化することで新しいニーズを掘り起こす可能性は高くあります。Webで見られるから良い、と考えるのではなくePub化することで新しい読者をとらえられる可能性があるのです。

まとめ

電子書籍を自作するとなると色々ややこしい手順が必要に感じられますが、既存のソフトウェアやサービスを組み合わせることで実は簡単に作成することができるようになっています。また、ゼロからコンテンツを作るのは難しいですが、既存のテキストファイルやブログを使えばコンテンツには不自由しないはずです。後はアイディア次第で様々なコンテンツを電子書籍化し、配信できるようになります。 もちろんDRMのようなコンテンツ保護を行う仕組みはありませんので、注意は必要です。しかし逆にDRM保護がないことでAppleに限らず様々なプラットフォームに配信、購読もできるメリットがあるとも言えます。自社で電子書籍ビジネスを考える際にはこれらを参考にしてみてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ