コンバージョン率やアクセス数アップ!ロングテールSEOの効果と実践方法まとめ

コンバージョン率やアクセス数アップ!ロングテールSEOの効果と実践方法まとめ

「ロングテールの法則」とは、販売数としては少ないニッチ商品が、売上全体の8割を占めている構造のことを指します。ネット関連でビジネスを展開している方ならば、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この法則を検索エンジン最適化に応用したロングテールSEOは、サイト流入数やコンバージョン率をアップさせる施策として、今や欠かせないものとなっています。そこで今回は、そのメリットや効果的な進め方についてまとめられた記事をご紹介します。

ロングテールSEOの効果とキーワードの設定方法

ビッグワードにロングテール...って何?SEOキーワードの種別と選び方

SEO(検索エンジン最適化)の施策を考えるうえで、キーワード選びはその基本となります。アクセス数を増やすためには、いわゆる「ビッグワード」での上位表示に注力しがちです。しかし、実際にコンバージョン率につながっているのは、ビッグワードに関連するキーワードをいくつか組み合わせた「掛けあわせワード」であることが多いと言えます。こちらの記事を読んで、SEOのキーワードに関する基礎的な知識を学びましょう。

【ビジネスをぐんと育てる!】ロングテールキーワードの発見方法と徹底解説

物理的な制約がないオンラインショッピングでは、顧客がそれぞれの嗜好に合ったものを手に入れやすい環境にあります。そのため、特にECサイトでは、ロングテールの法則を応用したSEOの施策を効果的に取り入れることが、確実な売上アップにつながっていきます。こちらのサイトでは、ロングテールの法則について詳細に説明しながら、ツールを利用したキーワードの見つけ方もまとめています。

ロングテールSEOで、集客+CVRアップを図る5つの秘策

ロングテールSEOは特にECサイトに大きな効果を発揮すると言えますが、その他のWebサイトにとっても非常に有効な施策です。ユーザーが検索するキーワードは千差万別であり、クリック数1桁のキーワードを寄り集めれば、サイト流入数の多くの割合を占めていることがわかるでしょう。つまり、コンテンツの場合でも、商品の売上と同様に考えることができます。ロングテールSEOの具体的な施策の方法がまとめられていますので、ぜひチェックしてみましょう。

施策後のチェックポイント

ロングテールSEOでチェックすべき5つの指標

ロングテールSEOを実際に進めていくにあたっては、Google Analyticsなどの解析ツールを利用して、効果の検証と新たな施策の実施を繰り返していかなければなりません。こちらの記事では、検証の際にチェックするべき5つの指標がまとめられています。すでにロングテールSEOをはじめている方は、見落としているポイントがないか確認してみてください。

ロングテールSEOで競合が成果をあげた施策を調べる方法

ロングテールSEOを行っていくうえでは、同じ土俵で戦う競合他社がどのようにテールを増やしているのか、気になるところです。「SimilarWeb PRO」というツールを使えば、他社がテールを増やした時期や、実際に行った施策などの情報を集めることができます。そのテクニックが紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

自社にとってふさわしいロングテールキーワードを見つけ、ロングテールSEOの改善と実施を繰り返していけば、売上は確実に伸びていきます。なかなか成果につながらないと悩んでいる方は、ぜひ検討してみてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ