ユーザープロフィール

ゲストさん

ライティングに役立つGoogleChromeで素早く情報収集する為のショートカット効率化テクニック

ライティングに役立つGoogleChromeで素早く情報収集する為のショートカット効率化テクニック

GoogleChromeにはさまざまな機能やショートカットが用意されています。これを使いこなせば、Webライティング中の情報収集がはかどること間違いなし。
そこで今回は、特にライター向けのGoogleChromeはかどりテクニックをご紹介します。

情報収集はタブを並べると便利

画像

Ctrl+クリックを使い新規タブでページを開く

GoogleChromeの場合、「Ctrl+クリック」でページを新規タブで開くことができます。Googleで検索結果が表示されたら、欲しい情報が載っていそうなページを新規タブでいくつか開いておきましょう。ある程度タブを開いたら、順番にページを確認していくと効率的です。

Ctrl+数字キー or Ctrl+Tabでタブの切り替え

ブラウザのタブを切り替えるのにマウスを使っていては時間がかかります。そこで、GoogleChromeにあらかじめ用意されているショートカットを使い、タブを移動するようにしましょう。「Ctrl+数字キー」で、タブの切り替えが簡単にできます。もしくは、「Ctrl+Tab」で左から順にタブを切り替えられます。

Ctrl+Wで不要なタブを閉じる

タブを大量に開くとPCに負荷がかかりますし、何より画面が煩雑になって逆に作業がはかどりません。そこで、タブを閉じるためにマウスで「×」をクリックするのですが、タブが開かれすぎているとこれが結構な手間。さらに、誤って必要なタブまで閉じてしまう可能性も。そのため、「Ctrl+W」のショートカットで閉じるクセを付けましょう。

Ctrl+Shift+Tで閉じてしまったタブを復活

必要なタブを誤って閉じてしまった際には、慌てずに「Ctrl+Shift+T」を押しましょう。直前のページを再度開き直すことができます。観覧履歴から開き直すよりも早いので便利です。

その他のショートカット

Ctrl+Fで検索し、Ctrl+Gで次の場所へジャンプ

文字数が多いページを観覧する場合、自分の欲しい情報がどこに書かれているか探すのに手間取ることがあります。そんな時は「Ctrl+F」で検索ボックスを開き、単語を入力しましょう。その後、「Ctrl+G」を押せば、次の一致場所までスキップしてくれます。

Ctrl+L or Ctrl+Tですぐに次の検索

ページを簡単していて、ここには欲しい情報がないと思った場合は再度検索を行うでしょう。そんな時、マウスでアドレスバーをクリックするのも良いですが、より素早く操作をしたいなら「Ctrl+L」を押してください。これでアドレスバーがフォーカスされます。もしくは、「Ctrl+T」で新規のタブを開いても良いです。

ソースを表示するとさまざまな情報が見つかる

画像

メタ情報の確認

GoogleChromeのページ上で右クリックメニューを開き、「ページのソースを表示」をクリックすると、表示されているページのソースを表示することができます。ソースを表示すると、ページには表示されていないメタ情報を確認できます。たとえば、ディスクリプションやタイトル、キーワードといったメタ情報などを確認し、ライティングの参考にしましょう。なお、「Ctrl+U」でも表示できます。

ワンポイントテクニック!~コピー禁止のページをコピーする~
サイト内の文章をコピーできなくしているケースであっても、ソースを表示すればほとんどの場合コピーが可能となります。直接タイピングで写しを取るより効率的です。ただし、基本的にコピーは行わない方が良いので、サイトを見ながら直接リライトをした方が結果的に効率的な場合もあります。どうしてもという時にのみ使いましょう。

まとめ

今回は、ショートカットや機能をライター向けに選んでご紹介しました。特にショートカットをマスターするのは作業効率化には欠かせないポイントです。毎日GoogleChromeで調べ物をするライターの皆さんは、ぜひ活用してくださいね。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ