ユーザープロフィール

ゲストさん

無彩色のイラストを華やかに見せる塗り方や有彩色への応用方法 |イラストの便利なコツ・小ネタ No.3

無彩色のイラストを華やかに見せる塗り方や有彩色への応用方法 |イラストの便利なコツ・小ネタ No.3

イラストを描くときにちょっと便利なコツ・小ネタなどをご紹介していきます。 今回はカラーイラストを華やかに見せるための塗り方について、また、イラストを自然な印象に見せるための、色の調和を考えた表現方法をご紹介します。

無彩色を華やかに見せる

イラストを描くときは白・黒・グレーなど、無彩色の扱い方も大切なポイントのひとつになります。 細かな部分にも気を配ることでイラストの印象は大きく変わります。

カラーイラストを華やかに見せたい場合、パレットから出した色を単純にベッタリ塗るのはあまりおすすめできません。 特に無彩色を塗るときは、白をそのまま真っ白で、黒をそのまま真っ黒で塗ってしまうとどうしても単調な印象になり、イラストとしての豊かさや面白みを感じられなくなるためです。

ではどうするのかというと、パレットから赤(マゼンタ)・青(シアン)・黄(イエロー)の有彩色を選んで、この3色を塗り重ねて黒を作っていきます。 アナログイラストで使用する水彩絵の具でも同じですが、この3色は「色の3原色」と呼ばれ、混ぜ合わせれば黒になります。 また、白の場合もこれらの色をほんのり乗せてみてください。 こうすることで無彩色の中に有彩色をいくつも入れることになり、イラストにさまざまな表情が生まれます。

分かりやすくご説明するとこんな感じです。下の比較サンプルをご覧下さい。

画像

左はパレットの色をそのまま使って仕上げたイラスト、右は無彩色の中に他のさまざまな色を混ぜ入れながら仕上げたイラストです。 左は写真のような色使いになっています。色合い的に正しいのはおそらくこちらですが、カラーイラストとしては少し退屈な印象を受けます。 右は色を豊富に使ってカラフルに仕上がっており、イラストとして楽しめるのではないでしょうか。

また、人間は細かい図柄や模様など、ある程度は情報量の多い画面を美しいと認識する傾向があります。 色を塗るときのコツとして、画面上に色ムラや塗りムラを少し加えてみて下さい。イラストの精度が一段階上がって見えます。

有彩色に応用する

先程ご紹介したコツは無彩色だけでなく、有彩色に取り入れても効果があります。 例えば下のサンプルイメージをご覧下さい。

画像

このイラストの青い衣装や白いエプロンには、それぞれの固有色だけでなく他の色もたくさん入っています。 お分かりいただけるでしょうか。

青一色の衣装の場合も、パレットの青をそのままベッタリ塗ってしまってはやはり単調なイメージになります。 こういうときは、他の色も色ムラとして、衣装の青い部分にふんわり乗せるように塗ると、華やいだイメージを演出することができます。 ちなみに青に合わせやすい色は緑、紫などです。この2色は青に色相が近いため、青の「近似色」と言われます。

もちろんイラストに正解はありません。 演出として、モノクロまたは単色使いでスタイリッシュに仕上げる上級者もいるので一概にこうすべきとはいえませんが、カラーイラストならではの華やかさを手軽に出したい場合は、色をたくさん使ってカラフルに仕上げる方法がおすすめです。

「ナチュラルハーモニー」と「コンプレックスハーモニー」

自然の中での色の見え方には、明るくなる部分ほど色相が黄色寄りに見えるという現象が起きています。 例えば樹木の葉などは、光が当たっている部分は黄み寄りの緑に見え、影になっている部分は暗く、青み寄りの緑に見えます。 カラーイラストを彩色する際にもこの法則を取り入れると、自然で馴染みやすい印象になります。

下のサンプルイメージをご覧下さい。

画像

左のように、明るくする部分を黄み寄りに、暗くする部分を青紫寄りに配色する方法を「ナチュラルハーモニー」といいます。 風景イラストなど、優しく安らいだ雰囲気を表現したいイラストに向いています。

これとは反対に右のように、明るくする部分を青紫寄りに、暗くする部分を黄み寄りに配色する方法を「コンプレックスハーモニー」といいます。 こちらは一見不自然な印象を与えますが、新鮮さを演出できるメリットもあり、ファッション業界など他の分野でも多く取り入れられています。 クールな雰囲気を出したいときに向いている配色方法です。

配色がもたらす効果はさまざまです。目的に合わせて楽しんで使い分けてみてください。 特にこの2つの配色方法は基本としておさえておくと表現の幅も広がり、イラストを描くのが今よりもっと楽しくなると思います。

今回のまとめ

  • 豊かさを演出するためには、無彩色を塗るときにパレットの色をそのまま出して塗るのではなく、色々な有彩色を塗り重ねて色を作るのがおすすめです。色ムラや塗りムラも取り入れて彩色を楽しんでください。
  • 塗り重ねることで色を作っていく方法は、無彩色だけでなく有彩色のイラストにも応用できます。固有色に他の色をふんだんに入れることで華やかさを出すことができます。
  • 調和を意識した配色方法には「ナチュラルハーモニー」と「コンプレックスハーモニー」があります。この方法を取り入れると統一感のある画面をつくることができます。イラストの表現を広げるためにおさえておきたいコツの一つです。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ