ライター必見!記事の画像選定のルールと著作権や肖像権等の意識すべきポイント

ライター必見!記事の画像選定のルールと著作権や肖像権等の意識すべきポイント

Webコンテンツ内の画像は、記事のアクセス数や内容の伝わりやすさを大きく左右する重要な役割を果たしています。とはいえ、どの画像であっても好き勝手に使って良いわけではありません。様々な写真や画像をWeb上から拾ってくることが容易な時代になりましたが、商業利用する際に必要な知識はまだまだ普及していないという現状があります。
今回は、記事作成における画像選定のルールと選び方のポイントをご紹介します。

意外と知らない法律の知識

【1】著作権

著作権とは、思想または感情を創作した際に、その制作者に帰属する権利のことです。その範囲は多岐にわたり、書籍やコンテンツの文章、映画やPVのような動画、そして各種Webサイトで利用されている画像などが含まれます。
著作者の許可なく無断で転用した場合、著作権法により、懲役または罰金が科される場合があります。(私的利用は除く)

【2】肖像権

肖像権とは、個人の名前や写真を無断で公開することを禁じることにより、人格権や財産権を保護する法律です。特定の個人が写った写真や名前を含んだコンテンツを無断で公表すると、幸福追求権の侵害に当たり、懲役または罰金が科されることがあります。

こんな画像の使い方はNG

【1】他者のHPから無断で画像を転載する

これはあまり法律に知識がない方でも、感覚的に分かることであると思います。Web上にある画像は、基本的にそれを使用する権利はどこかに属していると考えたほうが良いでしょう。どうしてもその画像を使用したい場合は、事前に著作者の承諾を得る必要があります。

【2】利用規約を確認せずに画像を加工する

商用での利用が許可されているものとしては、フリー素材などの画像が挙げられます。名前の通り自由に利用できる画像ではありますが、加工については事前に確認が必要です。 フリー素材を提供しているWebサイトの多くでは「加工OK」とされていますが、なかには「加工NG」となっているWebサイトもあります。フリー素材を活用する際にも、利用規約は必ず確認するようにしましょう。

【3】個人が特定できる画像を使用する

フリー素材を使わず、自身で撮影して画像を用意するケースも多いでしょう。このとき、人物が写り込む写真を用意したいのであれば注意が必要です。 例えば、街中にいたオシャレな女性を撮影したとしましょう。もしこの女性に許可をとらず使用すると、それは肖像権に抵触します。その他、芸能人やスポーツ選手を撮影して無許可で使用するのも同様です。
街並みの写真を撮影する際には、背景として大勢の人が写り込んでいる場合はOKとされています。もし個人が特定されてしまうほどハッキリと写り込んでしまっている場合は、顔をぼかすなどの加工を施しておくと安心です。

【4】著作権を確認せず撮影した建築物の画像を使用する

人物の写真と同様に、建築物の写真についても知識を身につけておきましょう。「恒常的に」ある場所に建てられているものの「外観」を「公道」から撮影する場合は、原則として問題ないとされています。つまり、イルミネーションのような期間限定で創作されているものに関しては、著作権が発生している可能性が高いと言えます。
また、著作権の発生していない建物であったとしても、敷地内へ侵入しての撮影はNGです。著作権以外の法律に抵触する恐れがあります。内観を撮影したい場合は、必ず所有者に許可をとるようにしましょう。

画像選定の際に意識すべきポイント

【1】記事内容と関連性のあるものを選定する

例えばアイキャッチなど、画像は読者に大きなインパクトを与えます。画像によって、記事の注目度は大きく変わることでしょう。ただし、インパクトだけを重視して記事内容と関係のない画像の使用をしても意味はありません。内容と画像がリンクしていない記事は読みづらく、どんなに良い文章を書いていたとしてもコンテンツの質を疑われてしまいます。

【2】画質の良い画像を選定する

素晴らしい記事を作成したとしても、質の悪い画像ばかりを載せていてはクオリティが低下してしまいます。フリー素材のなかから画像を選ぶ際にも、画質には十分注意しましょう。 スマホではキレイに表示されたとしても、PC画面では粗くなってしまうことも多くあります。この場合は、画像のサイズに問題があることがほとんどです。PCで表示した際にもキレイに表示されるサイズの画像を選ぶようにしましょう。

【3】可能な限りオリジナルの画像を選定する

フリー素材には美しく有用な画像も多く、非常に役に立ちます。とはいえ、「百聞は一見に如かず」で、実物の写真に勝るものはありません。取材記事であれば取材風景の写真、料理に関するコンテンツであれば実際に調理している写真があると説得力が格段にあがります。
画像を載せるために交渉する手間は惜しまずに、できる限りオリジナルの画像を使用していきましょう。

【4】掲載先の雰囲気に合わせた画像を選定する

どのコンテンツにおいても、ターゲットやコンテンツの方向性が想定されているはずです。例えば、オシャレで高級感のあるグルメ情報であれば、コントラストがくっきりしているシンプルでエレガントな画像を選ぶと好感が持たれます。一方で、カジュアルな親しみやすい料理紹介サイトの場合は、暖色やパステルカラーを基調としたものにして、食欲を増すような画像を選定すると良いでしょう。

おわりに

上記の通り、選定する画像の良し悪しで、記事の良し悪しは大きく左右されます。現代のライターには、画像選定のスキルも求められていると言っても過言ではありません。執筆作業ばかりに気をとられず、画像選定についても細心の注意を払うようにしましょう。

著者プロフィール:伊藤 謙三
株式会社YOSCA 編集

青山学院大学経済学部卒業後、YOSCAに参画。ライターの記事を隈なくチェックして記事の品質を保つ「YOSCAの番人」であるとともに、ライターには一人ひとりにフィードバックを行って成長を促す「指導役」としての顔を併せ持つ。趣味は音楽鑑賞、アコースティックギター、カラオケ。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ