ユーザープロフィール

ゲストさん

お堅い文章をやわらかくする5つのポイント〜中学生でも読める記事を目指して〜

お堅い文章をやわらかくする5つのポイント〜中学生でも読める記事を目指して〜

「君の文章は、なんだか文章が固くて読みにくいな…」と言われたことはありませんか?文章というのは、読む人によって受ける印象が大きく異なります。普段から難しい本を読む人なら、多少堅苦しい文章であってもスイスイと読み進められるでしょう。しかしそうではない人にとって、専門用語や漢字が多い文章は見るだけで苦痛なものです。

Webライティングでメインターゲットになるのは、圧倒的に後者の場合が多いと言えます。特に、クライアントから「親しみやすい文体で」というリクエストを受けているなら、この点は十分注意しなくてはなりません。そこで今回は、文章をやわらかくするための5つのポイントをご紹介。ご自身で書かれた文章と見比べ、チェックしてみてくださいね。

漢字+「〜する」や「〜して」は少なめに

「確認する」「帰宅してから〜」というように、漢語由来の名詞の後ろに「〜する」「〜して」といった動詞をつけるのは控えめにしましょう。先ほどの例なら「確かめる」「家に帰ってから〜」でも意味は通じますし、こちらのほうが柔らかいイメージです。

ただし、すべての動詞を置き換えることはできませんし、あまりに使わなすぎると文章が幼稚に見えてしまうこともあります。記事全体のバランスを考えながら、うまく調整してください。

漢字の間の助詞を省きすぎない

たとえば、「動画を観覧する」という言葉は「動画観覧する」と書いても意味は通じます。しかし、これをやり過ぎてしまうと「除湿器購入特典映像」といったように、まるで漢文のような文章ができあがってしまいます。前後の文との兼ね合いもありますが、「除湿器を購入された方への特典映像」というふうに書いた方が分かりやすいですよね。

ただし、助詞の使い方には少し注意も必要です。「除湿器の購入の特典の映像」だと、同じ助詞が連続して不自然になってしまいますよね?リズム感を見出さない程度に助詞をうまく入れ込み、文章を作成しましょう。

文語調は避けるべし

「すなわち、これが○○のメリットです」。この中にある“すなわち”という言葉。普段の会話の中ではなかなか使いませんよね?こうした言葉を「文語調」と呼びます。「つまり、これが○○のメリットです」という感じで、話し言葉のような書き方をするのを「口語調」と呼びます。

2つを見比べてみると、やはり後者のほうが柔らかい印象です。むしろ前者は、少し古くさい感じがするかもしれません。文語調は使い勝手が良いのでついつい登場させたくなりますが、やむを得ない場合を除き避けるようにしましょう。

一般的な言葉使いを心がける

「複雑なプロセスをフレキシブルな対応によってアグレッシブに突破し、チームのコンセンサスも取れたところで結果にコミット・・・・」なんて文章を読んでもまったく意味が伝わってきません。ずいぶん意識高い系の人が書いた記事だな、と思われて失笑されるのがオチでしょう。

こうしたビジネス用語の他にも、業界特有の専門用語もWebライティングにおいては避けるべきでしょう。できるだけ一般的な言葉を選んで使うようにしてください。

中学生に向けて書いているようなイメージで

文章の硬さは、書き手が誰に向けて書いているかでずいぶん変わります。上司に向けた報告書であれば、あまりくだけた文体は使えませんよね。逆に、自分の子どもに書く手紙は、漢字を少なくし、意味が伝わりやすいようにやさしい表現を心がけるはずです。

これはWebライティングの場合もまったく一緒。基本的には、ターゲットを想像し、レベルを合わせて執筆するようにしてみましょう。なお、「柔らかい文体で」「親しみのあるイメージで」と言われたなら、中学生に向けて書く気持ちでいるとちょうど良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?特に“漢字+「〜する」や「〜して」”は、ついつい使ってしまっている方も多いでしょう。たくさんの人が読みやすい記事を書くために、今回ご紹介したノウハウをぜひライティングに生かしてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ