ユーザープロフィール

ゲストさん

【基本編】リライトって何?記事のリライト方法や使えるテクニックをご紹介

【基本編】リライトって何?記事のリライト方法や使えるテクニックをご紹介

「この記事のリライトをお願いします」。Webライティングをされる方なら、一度は依頼されるであろうこの案件。しかし、どの程度書き直しをすれば良いのか?で悩まれる方も多いでしょう。そこで今回は、基本的なリライトの方法についてご紹介します。また、作業効率を上げるためのノウハウも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

リライトの基本となるのはインプット

リライトを行う際、もっとも注意しなくてはいけないのが「コピーコンテンツ」になってしまわないか、ということ。助詞や文末表現をちょっと変えただけでは、完全なリライトとは言えません。そのための基本となるのが情報のインプットです。

まずは基になる記事の読み込みを行いましょう。全体を通して、何が書かれているかを明確にしてください。このとき、特に専門性の高い分野だと冒頭で書かれている内容があまりに理解しがたく、読むのが辛くなることもあるかも知れません。しかし、いったん最後まで読み切ることが大切です。不思議なもので、読み込みを2、3回繰り返すと、多少難しい程度の分野であれば内容が把握できてきます。

自分の頭の中だけでアウトプット

ある程度記事の内容が頭に入ったら、いったんその知識だけで本文を書き上げてみましょう。「難しそう」と思われるかも知れませんが、実はそこまでハードルは高くありません。そもそも記事の多くは、その情報を知らない人向けに書かれているものなので、数回読んだときに頭に残らないような情報は、そこまで重要ではないのです。何より大切なのは、記事の中に残った「主題」であることを忘れないようにしましょう。

また、この際には細かな数字や正しい名称を書いていく必要はありません。このあたりは、最終的な清書の段階で付け加えていくので、どんどん飛ばしてしまいましょう。ですが、後からどこに記載しなくてはいけないのかを探すのは手間なので、たとえば数字なら「0000」といった”あて”を入れておくと便利です。

創作性を出すならリードとまとめ文が最適

内容が決まりきっている説明文などは、しっかり読み込めば読み込むほどに記事の内容が似通ってきます。コピーコンテンツを作成しているつもりはないのに、クライアントからNGを出される可能性もあるでしょう。

では、ライターとしてのオリジナリティをどこで出すのが良いかと言うと、やはり「リード文」が最適です。記事の内容が頭に入っていれば、この情報を知りたがっているユーザーの顔もおのずと見えてくるでしょう。そこまで分かっていれば、「どんなことに悩んでいるのか?」「この記事を読むことによってどんなことが知れるのか?」「どんな問題を解決できるか?」を書けばいいだけ。場合によっては、元原稿よりもターゲットにフォーカスした記事を作ることができます。

また、発注の条件にもよりますが、最後に「まとめ文」を入れられるのであれば、そこに自分なりの考察を入れてみるのもおすすめ。リード文と合わせてここに独自要素が入れば、かなりオリジナリティの高い記事に仕上がります。

最後に清書してリライト完成

リード文、本文、まとめ文がすべて書き終わったら、最後に清書を行います。前述もしましたが、この段階まできたら元原稿を手元に置き、細かな数字や正しい名称などを記載していきます。間違えてはいけない大切な部分なので、じっくり時間をかけて作業を進めましょう。

後は全体を読み返して文章表現などを推敲します。本来はその翌日に校正をするのが良いのですが、急いでいるときは一緒に自己校正をしてしまっても良いでしょう。これでリライトは完成です。

情報の追加はもちろんOK

記事の執筆中、「もっとこういう情報が載っていたら、読者により理解が深まるのに」と思ったら、それを追加するのは非常に良いことです。リライトだからと言って、元原稿に掲載されていることだけしか書けない、というわけではありません。むしろ、より濃い内容の記事をクライアントは求めているケースが多いです。

ただし注意したいのは、その追加情報になる基の部分です。参考にした情報はクライアントに必ず提示するようにしましょう。こうすることで、「あの情報はどこで調べたのか教えてください」と言われることもなく、二度手間を防げます。

もしもコピペが心配なら…

全体的にしっかりリライトができたつもりでも、予期せぬ重複が起こることはもちろんあります。本来、しっかりとリライトされていれば、多少の重複はNG理由になりません。しかし、言葉の置き換えや文章構成の組み直しが難しく、ほとんど同じような内容の記事になってしまった場合は、少し不安になるでしょう。

そんなときには、Web上で利用できるコピペチェックサービスの利用がおすすめです。

コピペチェックツール【Copydetect】

上記のサービスを利用すると、無料で何回でもコピペチェックを行うことが可能です。精度については有料サービスに比べると低い、と言われていますが、ライターのセルフチェックであれば十分でしょう。

リライト方法のまとめ

リライトはライターにとって基本中の基本です。逆に言えば、これがしっかりできていないと、せっかく書いた記事の納品を受け取ってもらえず、作業時間が無駄になりかねません。上手にリライトをして、オリジナリティの高い記事を書いてくださいね。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ