ユーザープロフィール

ゲストさん

画面を切り取ってより良い写真にする~トリミングによる写真加工~|初心者でも上手くなるカンタン写真撮影術 その8

画面を切り取ってより良い写真にする~トリミングによる写真加工~|初心者でも上手くなるカンタン写真撮影術 その8

トリミングとは?

trimming(英) トリミング。写真用語で、写した写真の不要な部分を切り取ることをいいます。デジタルカメラが現れる前は現像の際にネガを切るなどの作業によって行われていました。 最近では画像処理ソフトを使ったトリミングや、スマホの写真機能にトリミング機能が付随していることも多く、撮ったその場でトリミングできます。

トリミングの仕方

ではまず下の写真を見てみましょう。

画像

パフェを撮った写真です。しかし、パフェそのものがどうもパッとしません。 このような場合、不要な要素を見つけ出しトリミングで解決することがあります。 トリミングの手順を追って見てみましょう。

まず目についたのが画面上部に見える向かいの席の人物の体です。さっそく画面上部をトリミングしてみましょう。

画像

いかがでしょう。テーブルと食べ物に被写体を絞ることでまずはこの写真の意図がはっきりしました。 それから、人物をトリミングしたついでに上部のドリンクと抹茶パフェ、水の入ったグラスも半分ほど画面外に切れました。これらによって、視点が手前のパフェに集中しますね。 あとは、画面左上の青い地面が入ることで色のバリエーションが豊かになります。

それからパフェが小さく見えます。大きく見せるためにはどうすればよいでしょうか?画面に対するパフェの面積を大きくしてみましょう。選択肢としては二つあります。 まず、画面右端をパフェぎりぎりで切り取る方法です。それからもう一つは画面下部を半分ほど切り取る方法です。 今回は、下部を切り取ることにしました。

画像

理由は画面が正方形に近くなるためです。写真の画面の形というのは横長や円形、正方形など極端な形にするとおしゃれに見えるのです。 今回の被写体はおしゃれの似合うものなので正方形を選びました。 トリミング前の写真と比べずいぶんとそれらしくなりました。 なお、画面上部に物を多めに配置するというのは、見やすい写真を撮るための一つのコツとなります。

このようにトリミングは、ひと手間で決まるものではなく、どういった作品にしたいのか試行錯誤をしながら撮影の意図や被写体の性質などを探りながら行います。

まとめ

  • トリミングとは、画面の不要な部分を切り取ることをいいます。
  • トリミングをするときは、撮影の意図や被写体の持つ性質などを考えながら行います。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ