公認会計士の論文式試験を解説します。

公認会計士の論文式試験を解説します。
【論文式試験の合格率は概ね35%付近】論文式試験は、例年8月下旬に金・土・日の3日間で行われます。 試験科目は会計学・監査論・企業法・租税法・選択科目(経営学、経済学、民法、統計学のうちどれか1科目)です。 記述式で行われ、判断力や思考力、応用能力、論述力などが問われます。 合格基準は、52%の得点比率を基準に算出されます。 なお1科目につき、その得点比率が40%に満たないものは不合格になります。…

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ