今の時期だからこそナレッジの蓄積を。WebベースのQ&Aシステム×12選

今の時期だからこそナレッジの蓄積を。WebベースのQ&Aシステム×12選

今の時期は新入社員の人たちの教育機関にあてられることが多いかと思います。前提知識の殆どない新入社員への教育は、これまで自社が培ってきたナレッジとその背景を体系化するちょうどいい機会です。また中途入社が多い企業にとっても、知識を体系化する仕組みを設けることは業務の効率化においてとても役立ちます。

そこで今回はナレッジの蓄積に役立つソフトウェアについて紹介します。

従来、知識の体系化を行う際にはトップダウンで行われるのが一般的でした。つまりFAQやWikiといった形です。FAQはまさにトップダウンで、良くある質問を想定してそれに対して回答します。対してWikiの場合は誰でも書き込める反面、Wikiの使い方自体が難しいためになかなか広まらず結果的に書き込むのは限られた人たちになってしまうというのが実情でした。

Q&Aはボトムアップのやり方になります。新入社員が分からないことがあれば、Q&Aシステムに書き込みます。その内容を見て、分かる人(トップ)が答えるというのを繰り返します。誰かが疑問に思ったことは別な人も疑問に思う可能性が高いため、システムを検索して回答に巡り会えれば自己サポートできるようになります。この繰り返しがナレッジになります。

そしてボトムアップであるためにその時々に応じて必要な知識を求めるようになるので、コンテンツが現状に即したものになりやすいのが特徴です。FAQなどは一旦作った後のメンテナンスコストが大きいために、徐々に内容が古くなって誰も見なくなってしまいます。そうした問題もQ&Aシステムを活用することでなくなっていくと思われます。

OSQA - Python製のQ&Aシステム

画像

OSQAは中国製のQ&AシステムCNPROGをフォークしたオープンソース・ソフトウェアです。CNPROGと同様にDjangoであり、機能的に大きく変わる訳ではないようです。ただしCNPROGでは上手く動作していなかったバッジ機能やインタフェース全体の英語化がなされているので使い勝手が良くなっています。システム的には大元のクローンであるStackOverflowに似ています。質問が並び、そこに投票したり回答したりすることができます。回答する回数や質問によってバッジが得られるようになっており、多数のバッジを集めることでコミュニティ中で有名になれるという仕組みです。

Shapado - Rails製の本格的Q&Aシステム

画像

Shapadoは質問が一覧で並び、投票/回答/閲覧数が表示されます。質問は別なユーザによってアップデートすることも可能です。回答自体にも投票機能があります。さらにタグ、バッジ機能とStackOverflowライクな機能が揃っています。システム的には一般的なMySQLではなくMongoDB(ドキュメント指向データベース)を使っているのが特徴的です。社内、社外と幅広く使えそうなシステムです。

Qwench - PHP製のQ&Aシステム

画像

QwenchはStackOverflow.comを模して作られたクローンソフトウェアです。システムはPHP+MySQLであり、カスタマイズも容易にできそうです。質問の投稿はもとよりコメントの投稿や投票、タグによるフィルタリング、ユーザ一覧といった機能があります。本家にあるようなバッジ機能はありません。質問をナレッジベースにすると通常のコメントとは別で質問を補足できるコメントが可能になります。タグやナレッジベースのコメントなどで一部日本語が文字化けてしまうケースが見られますが、概ね問題はありません。お気に入りや投票などAjaxを随所に用いており操作はとてもスムーズです。

Question2Answer Q&A - PHP製のQ&Aサイト

画像

Question2Answer Q&AはPHP+MySQLによるQ&Aサイトで、Stack Overflowによく似たインタフェースになっています。質問と投票数によってリストが並ぶ仕組みになっています。バッジ機能はないようです。未回答の質問やタグ機能はあります。ベストアンサー機能や、関連した質問などコミュニケーションを高める機能が数多く実装されています。PHP製なのでレンタルサーバでも動作するでしょう。企業はもちろん、ローカルなQ&Aサイト構築にも役立つはずです。

Askeet - WebベースのQ&Aサイトを構築するなら

AskeetはPHPのフレームワーク、Symfonyを使って構築されています。PHP+MySQLで構築されているので、それほど難しくなく立ち上げられるのではないでしょうか。ユーザ登録すると質問を投げられるようになります。そして回答し、その回答に良いか悪いかの評価をつけられるようになっています。質問はタグで管理したり、検索ができるようになっています。質問や答えはRSSフィード配信に対応しています。

SOClone - 技術者向けQ&AサイトStack Overflowクローン

画像

SOCloneはDjangoで作られたソフトウェアです。Stack Overflowのように質問を投稿し、それに他のユーザが答えていきます。もちろんStack Overflow同様に質問や答えを第三者が編集可能で、投票もできるようになっています。Stack Overflow同様にバッジ機能もあります。ユーザやタグで一覧することも可能で、画面構成をシンプルにしたStack Overflowという雰囲気です。

PHPancake - ナレッジの蓄積に最適。PHP製のQ&Aシステム

画像

PHPancakeはZend Frameworkを使って開発されているPHP製のQ&Aシステムです。質問、タグ、ユーザ、カテゴリといった機能があり、質問に対しては投票したり、表示回数によって並び替えられるようになっています。質問に対して答えることで、ユーザプロフィールページに情報が登録されていきます。検索機能やユーザ一覧などQ&Aサイトを構築するのに必要な機能はほぼ揃っています。PHPancakeは英語版のみですが、PHPプログラマであれば対応できるでしょう。

OpenOverflow - Ruby on Rails製のStackOverflow.comクローン

画像

個人的にRuby on Railsというのがうれしいです。カスタマイズしたり設置したりするのが容易にできそうです。質問が投稿でき、解凍ができるようになっています。さらに投票をし、一番優れた回答に対してフラグを付けることができます。ですが、バッジ機能がなかったり、タグ一覧機能がないようです。また、類似の質問が表示されない、編集時に履歴管理されないといった残念な点も残されています。とは言え、そうした足りない機能も徐々に実装されていくはずです。

Knowledge - 社内で使えるナレッジベース

画像

Knowledgeはその名の通り、知識を共有するシステムです。Knowledgeの特徴としては、記法にMarkdownを利用、記事のタイトル、本文を全文検索できる、添付ファイル(検索対応)、公開範囲の設定があります。社内で立てて、個々人が好きな時にナレッジを共有したり、議事録を登録したりと言った使い方が便利そうです。

QARoR - Ruby on Rails製のQ&Aプラットフォーム

画像

Herokuにも立てられるQ&Aサービスです。QARoRはStackoverflow.com風のQ&Aサービスになっています。表示回数、投票数、回答数によって並びが変わってくる形です。対開発者だけでなく、自社サービスコミュニティを作る際などの基盤に使うと良さそうです。

Askbot - 独自のQ&Aシステムを作ろう

画像

AskbotはDjangoで作られており、CNPROGから派生したシステムになっています。質問、投票、回答、バッヂ、タグなどQ&Aシステムに必要な仕組みは網羅しています。

Coordino - CakePHP製のStackOverflowクローン

Coordinoはバッジ機能はないようですが、回答や質問のアクティビティによって質問を編集したり削除する権限が付与されるなど、StackOverflowに似た機能がたくさんあります。なお、CoordinoはフレームワークとしてCakePHPを使っています。

まとめ

オープンソース・ソフトウェアにおけるQ&AシステムはStackoverflow.comのシステムを模したものが多くなっています。そのため日本のよくあるQ&Aシステムとは見た目が異なっています。しかし日本のWebサービスにあるQ&Aシステムは広告モデルが多いためにPVを増やす傾向があり、同じような質問が繰り返されたり、回答までたどり着くためのステップが多いのが実情です。そうした面倒な部分を切り捨てている分、より必要な情報にたどり着きやすいUIなのだと考えるべきです。

なお導入=ナレッジの蓄積、という訳ではありません。とにかくみんなで使わなければいけません。そのために今の新入社員がいる時期は絶好と言えるのではないでしょうか。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ