ユーザープロフィール

ゲストさん

環境構築の手間を軽減。一括環境構築ソフトウェア×18選

環境構築の手間を軽減。一括環境構築ソフトウェア×18選

IT系に限らず、新しく何かを覚えるのは楽しいことです。何の用意もいらず、すぐにはじめられると特にいいです。道具を色々用意したり、天気に左右されたりするとうんざりしてしまうでしょう。システム開発も同じです。はじめるまでのステップが多ければ多いほど、敬遠されてしまいます。

今回はそうした手間を軽減すべく、一括で実行環境をセットアップしてくれるソフトウェアを集めてみました。新しくプログラミング言語を覚える、新しいフレームワークを習得するといった時に役立ててください。

SpaceTag Server

SpaceTag Server、各種サーバ向けオープンソース・ソフトウェアを一括してインストールしてくれるソフトウェアです。インストールされるアプリケーションは選択可能ですが、WebサーバでApache・Tomcat、DBでMySQL・PostgreSQL・SQLLite、後はFileZilla、BIND 9、XMail、そしてEclipseなどです。そのままでは危惧すべき問題はあります。これらを使ってインストールしたソフトウェア達はインターネット上で公開するには様々な問題を抱えている可能性があります(設定を調整する必要があります)。GUIを使って設定可能ですが、GUIで設定できる部分だけで十分かどうかは疑問です。しかし誰でも手軽にお試しできる点は魅力的です。

AppServ

AppServでインストールされるのはApache、MySQL、PHPです。また、MySQLの管理インタフェースとしてphpMyAdminもインストールされます。Apache 1.3.34+MySQL 5.0.16+PHP 4.4.1か、Apache 2.0.55+MySQL 5.0.15+PHP 5.1.1の組み合わせになります(2006年7月3日現在)。インストールが終われば自動で起動してくれるので、即座に開発に入れる。AppServの利点は、PHP+MySQLで動く各種アプリケーション(Drupal,gallery,Mambo,Moodle,phpBB,PHP-Nuke,Torrent-Tracker,WordPress,ZendOptimizer)等がAddOnとして提供されている点です。実行ファイル形式でインストールすればこれまた直ぐに利用できます。

All-In-One Trac

TracのインストールにはPython2.3(2.4では不可)/Subversion/Subversion Python bindings/SQLite/PySQLite/ClearSilver/Docutilsをそれぞれインストールや配置、設定を行わなければなりません。Subversionの設定でハマってTrac自体諦めてしまうのは残念でなりません。その点、All-In-One Tracを使えばWindowsベースのGUIインストーラーでインストールが完了します。Apache、Trac、SQLite等全て一括です。Tracは日本語化も適用されています。Tracをはじめてみたいと思ったら、無論手軽な方が良いでしょう。All-In-One Tracを使えば3分でプロジェクト管理が始められます。

trac月 - 10分で使えるtrac

trac月はインストーラーで提供され、tracはもちろんApache/Apache Continuum/Sunversion/Maven/SQLite等のtrac動作のために必要なソフトウェアを一括でインストールしてくれます。インストール後に一度再起動が必要ですが、それを含めても10分あればtracを使ったプロジェクト管理が開始できてしまいます。 サンプルになるプロジェクトも予め追加してくれるので、何をはじめたら良いかと迷うこともありません。初回であればこのサンプルプロジェクトをベースに進めていけばいいでしょう。もちろん、Web上からSubversionリポジトリの閲覧もできます。

TeXインストーラ - 誰でも簡単Tex環境

TeXインストーラをダウンロードしたら、後は起動すればいいだけです。必要なファイルのダウンロードとインストールを一括して一気にやってくれます。環境変数の設定もお任せです。Windows向けのTeX環境構築は多数のファイルをダウンロードして、個別に配置して…と一つ一つ手間をかけていた覚えがあっただけに、このインストーラーは衝撃的でした。これだけ簡単に構築できる事を知れば、使おうと思う人も増えるのではないでしょうか。GhostScriptなどの外部連携ソフトウェアも一緒にインストールしてくれます。これも探してダウンロードして…となると面倒なので、非常に嬉しいです。

Microsoft Web Platform Installer - マイクロソフト製Web環境インストーラ

Microsoft Web Platform Installerを使うとウィザード形式でWeb環境を構築、開発するソフトウェアを一気にインストールすることができます。例えばIIS、Visual Web Developer Express Edition、SQL Server Express Edition、.NET Frameworkなどです。さらに同時にインストールできるものとしてPHP開発者向けの開発環境も提供している点が特徴です。PHP用のSQL Serverドライバもインストールできます。これを使えばVisual StudioをIDEとしたPHP開発が容易になるかも知れません。その他、HTTPリダイレクトやRewrite、FTP、WebDAV、Basic認証などもインストーラーから選択するだけで一気に開発環境が設定できます。

XAMPP

○AMPPと言うそれぞれについて提供されています。これをインストールするだけでApache、MySQL、PHP(+PEAR)、Perl、OpenSSL、phpMyAdmin、Webalizer、JpGraph、FileZilla FTP Server、SQLite、WEB-DAV…等々が一括してインストールされます。LAMPPの場合もFTPサーバがProFTPDになるなどの若干の相違がありますが概ね同じです。Windowsでは日本語対応のインストーラが利用できます。

MAMP

MAMPはMac OSX用のソフトウェア一括インストール・ソフトウェアです。セットアップされるソフトウェアはApache、MySQL、そしてPHP。Mac+Apache+MySQL+PHPでMAMPになります。インストール後、GUIベースの設定画面で操作できます。Mac OSXにはデフォルトでApacheがインストールされているので、ポートは8080になるようです(変更は可能)。MySQLAdminもインストールされているので、ブログシステムやCMSを手軽にはじめられます。

Portable Python - Python開発をはじめたいWindows開発者は

Portable Pythonはインストーラーとして提供されるソフトウェアで、USBメモリなどにインストールします。もちろんHDDへのインストールも可能です。Python2.5、2.6、3.0系と各バージョンが揃っているので必要に応じて切り替えられるのが便利です。インストールされるのはPythonの実行環境の他に、Python開発に特化したエディタPyScripterも付属します。PyScripterを使えばよりPythonの開発が効率的に、スムーズに行えるはずです。USBメモリなどにPortable Pythonをインストールしておけば一緒にテキストエディタも持ち歩けるので常に利用するようになるかも知れません。

Webbo Web Editor - ASP.NETの開発に使えるWindows用IDE

Webbo Web EditorはASP.NETやHTML、JavaScript、CSSの開発に特化したプログラミングエディタです。2ペイン構成で、左側にファイルエクスプローラ、右側にエディタが表示されます。テキストはタブ表示可能で、幾つも開いておくことができます。さらにハイライト処理や関数などの折りたたみ表示、コードアシスタント機能があります。そして最大の利点は内蔵のWebサーバ機能です。ASP.NET、サーバサイドのC#が動作します。.NET Frameworkは3.5以上となっています。Windows Azureもあり、このくらい手軽に開発できるようになるのは良いことではないでしょうか。

Pow - 超簡単。Ruby on RailsやSinatra開発を手間なしに立ち上げる

PowはRailsの開発元で知られるBasecampがリリースしたツールで、手間いらずなRackサービスシステムです。Powをインストール(といってコマンド一つ)したら、後は.powディレクトリ内でconfig.ru(つまりRackの設定ファイル)があるディレクトリをハードリンクすればいいだけです。後はフォルダ名.devにアクセスすればPowがリクエストを処理してくれます。HTTPもDNSも備えているので全く手間がありません。80番を使うので既存のWebサーバと衝突しないように注意してください。サブドメインにも対応し、rvmを使って異なるRubyバージョンにも使えます。これはかなり使えるツールになるでしょう。

Rails Installer - Rails3の開発をはじめるならこれ。Rails開発環境一括インストーラー

Rails InstallerはWindowsにおいてRails環境を一気に整えるためのインストーラーです。執筆当時(2011年)でRuby 1.8.7-p330、Rails3.0.3、Git 1.7.3.1、SQLite 3.7.3そしてDevKitがインストールされます。DevKitとはWindows上でC/C++製の拡張を使えるようにするライブラリです。そしてプログラムメニューからirbを立ち上げたり、Railsのサンプルアプリケーションが入ったフォルダを開いたコマンドプロンプトが立ち上げられるようになっています。環境はRails Installerで一気に整う。後は実際に手を動かすのみです。

MNPP - MAMPとは違うWebサーバ+実行環境を一気に整える

MNPPはMac OSX + Nginx + Percona + PHPという組み合わせになっています。NginxはApacheと同じWebサーバで、高速に動作するのがウリになっています。PerconaはMySQLのフォーク版で、きちんとメンテナンスされているものです(つまりOracleが主ではありません)。これらの組み合わせを一気にインストールできるのがMNPPになります。そしてGUIを使って各サービスごとにスタート/停止を行えるようになっています。ターミナルからのサービス起動/停止も可能です。phpMyAdminやその他のライブラリもインストールされます。LAMPとは異なる仕様で構築してみたい時に使ってみましょう。

Docker Toolbox - Windows/Mac OSX用のDocker環境構築インストーラー

VirtualBoxは使いますが、DockerをWindowsやMac OSXから手軽に扱えるようにしてくれるソフトウェアです。Docker ToolboxをインストールするとVirtualBoxをはじめDocker MachineというDocker用仮想イメージ作成ツールやDocker Composeなどもインストールされます。

Proteus - Webフロントエンド開発スターターキット

最近はフロントエンド開発が盛んです。そんな中で開発補助ツールも数多く開発されています。あえて自分で補助ツールを揃えることなく、ジェネレータを使えば一気に整ってしまいます。Proteusはそのためのツールになります。Middleman、Jekyll、Gulpに対応した開発環境構築ツールになります。

Tokaido.app - 凄く便利!Mac OSXのRuby/Rails開発環境構築がこれ一つで完結

TokaidoはRails開発環境をまるっと提供してくれます。.tokaidoでローカルサーバが立ち上がります。3000番ポートなどがつかないので、既に別なWebサーバが立ち上がっている場合は終了するようにしてください。ログはコンソールアプリで確認できます。フィルタも使えますし、ターミナルで見るよりも便利そうです。

Luaの魅力が満載な環境構築インストーラー「Lua for Windows」

Lua for WindowsはWindows用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。これからLuaを習得しようと思ったらお勧めしたいのがLua for Windowsです。予め多数のライブラリが組み込まれたWindows用Lua環境構築インストーラーです。

Webデザイナーに最適。WordPress環境を解凍するだけで構築「WordPress Portable」

WordPress PortableはWindows用のソフトウェアになります。Webデザイナーの方にとっては開発するための環境を構築するというのはとても大変なことです。それが実質的に意味のあることであれば良いのですが、デザインという点に関して言えば環境構築は大した意味を持ちません。それであればWordPress PortableのようにZipファイルを解凍するだけで使えるというのは魅力的でしょう。

まとめ

Windowsにおいてインストーラーは敬遠される傾向にあります。レジストリを汚したり、把握できないファイルを生成したりする可能性があるからです。ですが、インストーラーを使うことで環境構築の手間ひまが軽減されるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、こうした環境セットアップソフトウェアを使うことで、社内メンバーの環境を手早くセットアップしたり、統一できるようになるというメリットもあります。個人はもちろん、企業においても活躍するソフトウェアです。

データサイエンス講座

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ