残業と違う!みなし残業とはどういう意味?

残業と違う!みなし残業とはどういう意味?

基本給とは別に、残業をした時間に応じて支給されるのが残業代です。一方、みなし残業とは、もともと基本給の中に想定される残業時間分のお金を含めて支給する方法で、一部の企業で取り入れられています。みなし残業における労働者のメリットと注意点をまとめました。

みなし残業は損 or 得?

残業代があらかじめ基本給に含まれて支払われるみなし残業。労働者にとってはどんなメリットがあるのでしょうか。残業代が基本給に含まれている場合、残業をしてもしなくても固定給となります。つまり、残業時間が少ない場合でも残業代が約束されていることになり、残業が少ない人にとっては得になると考えられるでしょう。ただし、残業が多い業務の場合はその逆で、みなし残業時間ぎりぎりまで働いても同じ金額となるため、一概に得とはいえません。会社側にとっては残業時間を計算する手間が省けるというメリットがあります。

また、みなし残業が適用される職種は、外回りの営業(直行直帰など実際の残業時間が把握しにくい職種)などの事業場外労働、またはSE、研究職などの裁量労働に該当する職種に決められています。

会社にまかせっきりはNG

残業代が基本給と別に支給されていれば、会社は残業代を計算する必要があり、残業時間から、各写真の業務内容に負荷が多いかどうかを把握することができます。しかし、みなし残業を採用している会社では、あらかじめ残業時間を加味したお給料を支給していることから、会社が労働者それぞれの残業の実態を把握しにくくなる傾向があります。みなし残業を採用している会社では、業務の実態と残業時間に注意したほうがよいといえるでしょう。問題があると思われる場合は、社内で相談できる人に話をするか、労働基準監督署に改善を申し出るほうがよいかもしれません。

また、深夜手当や休日出勤はみなし残業とは異なり、労働基準法の定めで別途支給されなければなりません。自分の残業が正しく取り扱われているのかどうか、会社に任せっきりにせず、きちんと個人で確認しましょう。万が一、未払いの残業代があると想定される場合には、会社側に支払いを請求することもできます。"

みなし残業かどうかは入社前にわかる

みなし残業を採用している会社かどうかというのは、求人票でわかることが多いです。基本給が明記されている近くに「みなし残業○時間分を含む」「時間外手当(○時間超の場合)」といった文言が添えられています。みなし残業を採用する会社だということがわかれば、みなし残業に含まれる時間と金額をしっかり確認し、疑問点などがあれば、うやむやにせず採用担当者に質問しましょう。また、雇用契約書はよく確認してからサインすることをおすすめします。

まとめ

固定して残業代が支払われるみなし残業制は、労働者にとってやりがいにつながることもあります。しかし、なかには会社がみなし残業のルールを理解していないケースや、悪用しているケースもあります。労働者は自分で把握し、労働時間をしっかりと管理しておくことがポイントです。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ