ファイルのセキュアな削除と間違った削除に対する復旧について。特選13のソフトウェア

ファイルのセキュアな削除と間違った削除に対する復旧について。特選13のソフトウェア

世の中には相反する欲求があります。その一つとしてファイル管理を挙げます。一方でセキュアに消したいと思いつつ、一方で削除したデータを復旧したいと考えます。これは時としてどちらも発生し、とても厄介な問題になりえます。

今回はそのどちらかに使える、削除系または復旧系のソフトウェアをまとめて紹介します。まさに矛盾となりえますがツールを使い分けて日々の業務、生活に役立てていただければと思います。

削除系

まずは削除系です。ファイルを復旧できないように削除するソフトウェアを紹介します。

FileKiller - ファイルをセキュアに消去する

FileKillerはWindows用のソフトウェアで、ドラッグアンドドロップでファイルを登録し、ボタン一つでセキュアに削除してくれます。データを何度も上書きすることで復旧を困難にします。ランダムな文字列、アスキーコード、空白など指定が可能です。上書き回数も指定可能です。FileKillerを使って削除すれば復旧はまず無理でしょう。できたとしても断片データくらいしか得られないかもしれありません。使いどころを間違えると大変な事態になるので、その点はくれぐれも注意してください。

Eraser - セキュアに消す

Eraserは削除する作業をタスクとして登録します。ドライブやフォルダを選んで削除を行うように設定できます。スケジューリングも可能で、指定した日時(または定期的)に削除処理を実行することもできます。セキュアに削除を行うので、消されたファイルは復活は期待できないでしょう。タスクは複数登録できるので、複数のファイル、フォルダ、ドライブを消したい場合にも柔軟に設定ができます。パソコン用シュレッダーのような便利ツールになりそうです。

Permanent Eraser - 完全に削除

Permanent Eraserの使い方はごく簡単です。起動すると、ゴミ箱内のファイルをセキュアに削除してくれます。削除して良いか、と言う確認はでますが、殆ど迷うこともないシンプルな作りになっています。Automator用のファイルも付属しており、それを使うと指定したファイルをPermanent Eraserを使って削除できます。いずれも使い方はごく簡単です。通常のゴミ箱を空にする、の代わりとして使うこともできそうです。間違って復旧されないよう重要なデータは完全に削除しましょう。

DBAN

BANはブータブルなソフトウェアで、最小限のLinuxシステムです。フロッピーやCDに焼いて利用します。IDE/SCSIのHDDが対象で、USB接続の外部HDDは不可のようです。起動したらHDDを選択し、実行するだけで完了します。削除方式はクイック/RCMP TSSIT OPS-II/DoD Short/DoD 5220.22-M/Gutmann Wipe/RPNG Streamから選択できます。結果はフロッピーディスク内にログファイルとして残すようになっています。安全でセキュアな廃棄を心がけよう。

trash – rm代替。ターミナルでゴミ箱を使ったファイル削除

ターミナルでファイルを操作していて、思わず消してはいけなかったファイルに対してrmを実行してしまったなんて経験は誰しもがあるのではないでしょうか。rmで消すとゴミ箱に入らず直接消されてしまうので復旧が相当困難です。これは大きなショックです。そこで使ってみたいのがrmの代替コマンドtrashです。その名の通り、各プラットフォームのゴミ箱にファイルを入れる操作をrmの代わりに行ってくれるコマンドです。

復旧系

次は復旧系です。間違って削除してしまった、HDD/SSDが壊れたと言った場合に使えるツールになります。

IBin - USBメモリ用ゴミ箱

IBinはUSBメモリに設置しておくソフトウェアで、起動するとIBinというフォルダを作成してそこに削除されたファイルを移動してくれます。デフォルトではDeleteボタンを押すとダイアログが表示され、削除またはゴミ箱に入れるかを選択できます。ゴミ箱に入れたファイルは専用の管理インタフェースを使って復旧できます。ゴミ箱のサイズは指定可能で、USBメモリの10%がデフォルトで割り当てられています。USBメモリの挿入時に自動実行するautorub.infを設置する機能もあります。

Undelete Plus

Undelete Plusは20数ヶ国語に対応し、日本語にも対応したソフトウェアです。そして、ドライブを選択してスキャン開始ボタンを押します。後は待っていればいいです。ファイルの一覧から復旧したいファイルを選択し、保存先を指定するだけです。スキャンが終われば、元のフォルダ構造を元に復旧ファイルを探せるフォルダビューが便利です。他にもファイル名/日付/サイズを指定できるフィルタリング機能もあります。間違う前に、Undelete Plusをインストールしておきましょう。

Recuva

Recuvaは起動し、ドライブを指定すれば直ぐにスキャンを開始できます。試してみた所、うまくファイルが検出されませんでした。筆者環境のせいなのかも知れません。実際にリストアップされたら、ファイルを選択してリカバーボタンを押せばいい(はずです)。尚、RecuvaはCCleanerの兄弟分として開発されています(片方が消す側、片方が復旧側になります)。USBメモリに入れての利用も考慮されているようなので、用意しておくといざと言う時に便利そうです。

TestDisk

TestDiskではMBRが破損し、パーティションが認識できなくなってしまった場合に復旧してくれる可能性があります。BeFS(BeOS向け)/BSD disklabel/CramFS/FAT12/FAT16/FAT32/HFS/HFS+/Ext2/Ext3/Linux Raid(1/4/5/6)/Linux Swap(1/2)/LVM/NTFS/ReiserFS等が対応しています。更にブートセレクタが壊れた場合も、バックアップブートセレクタからの復旧や新規作成する機能もあります。WindowsやDOS、更にLinux、BSDで動作するので、Windows HDDが壊れた場合にKNOPPIXから復旧できる可能性があります。

PhotoRec

PhotoRecはマルチプラットフォームに対応し、ファイルフォーマットもFAT/NTFS/EXT2/EXT3に対応しています。救出対応ファイル形式も数多く、画像やオフィスドキュメント、プログラム等が対応しています。実行は簡単で、起動後ウィザード形式で進めていくだけです。完了すればrecup_dir(数字が付きます)と言うフォルダの中に復旧したファイルが一覧されます。PhotoRecはデータの書き込みは行わないので、安全です。データが消失してしまう前に、トライしてみましょう。

PC Inspector File Recovery

PC Inspector File Recoveryはデータが復旧できる(かも知れない)ソフトウェアです。勿論、復旧できるかどうかは全くの未知数です。むしろ出来ない可能性のほうが高いです。しかし一縷の望みをかけ、試みてみるのがいいでしょう。ちなみに筆者の環境下で、上記(他のPC、KNOPPIX)が見えなかったデータを見ることができました。商用ソフトウェアの前に試してみるだけでもやってみてはどうでしょう。勿論、バックアップを常時とっていれば良いですが、家庭などではついついおろそかになりがちです。また、ビジネスでも同様のことは起こりえるはずです。転ばぬ先の杖を忘れた時の、転んだ先の治療薬とでも言うべきソフトウェアです。いざと言う時のために、覚えておきたいソフトウェアです。

GoneIn60s - ちょっとしたミスを補う

GoneIn60sはアプリケーションを60秒以内なら再開してくれるソフトウェアです。ごく単純に言えば、GoneIn60sはアプリケーションの終了を感知して、実際には終了せず終了予定リストに入れてしまいます。そして60秒経つと実際に終了処理を行うソフトウェアです。そのため、実際に終了する60秒以内であれば、アプリケーションを閉じる前のまま、戻すことが可能です。尚、“保存しますか?”と言った類のダイアログが出る場合は、閉じたタイミングでは出ず60秒経った後に表示されるので注意してください。単純に終了処理が60秒先延ばしになると思えばいいです。また、エクスプローラのようにCtrl+Wで閉じるとうまくいかないのでこちらも注意が必要です(Alt+F4ならうまくいきます)。

Unco – ファイルの間違った変更や削除をレスキュー!

コマンドラインで実行して失敗した!と気付くことってありますよね。大抵Linux/Unix系のコマンドは可逆ではないので失敗したと後から気付いてもまさに後の祭りになります。rmとかファイルの編集、GitやSubversionのチェックアウトなどです。そんな時に活躍するのがUncoです。ファイル変更に関わるコマンドをUndo可能にするすごいツールです。

まとめ

ファイルの復旧系ツールは、HDDが壊れた場合はもちろんのこと、システムとしては正しい削除処理に対して復旧したい場合にも利用できます。破損の場合はバックアップが役立ちますが、正しい削除処理や保存処理の結果としての復旧については役立たない場合もあります。そうした時にも今回紹介したツールは役立つケースがあるはずです。

なおHDD/SDDから間違って削除してしまった場合、その後の処理全てがデータを上書きする可能性を秘めています。これらのツールをインストールすれば、復旧したいデータを上書きしてしまう可能性があります。HDD/SDDを外して別なマシンから復旧を試みたり、元々インストールしておく必要があるのを忘れないでください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ