UX改善でGoogleが活用するフレームワークとは?

UX改善でGoogleが活用するフレームワークとは?
Webページをデザインをする際にはプロダクトの利用データを分析したり、異なるインターフェースをA/Bテストして比べることができます。これはいわゆる「データドリブン」と呼ばれることもありますが、私は「データインフォームドデザイン」と呼ぶほうかいいのではないかと思います。データではなく、デザイナーがページを改善するわけですから。 これをうまく実践するために必要なのは正しい指標を使うことです。基本の指標…

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ