これなら簡単!? エクセルで使える電子印鑑の作り方

これなら簡単!? エクセルで使える電子印鑑の作り方

見積書や請求書、履歴書、勤務表など、エクセルで作成した文書やPDFに変換したファイルをメールで送信といった時に印鑑をどうしようと困ったことはありませんか? また配布用資料を作成した際に「社外秘」「回覧」「禁複製」といったビジネススタンプを押印する事がありますよね。印刷した資料に押印するとインクののりが悪くかすれてしまった。歪んで押印してしまった。あぁ印刷からやり直し。こういう事ってよくありますよね。そんな時に電子印鑑があれば問題解決です。

今回は、簡単に出来る電子印鑑の作成法と電子印鑑作成のフリーソフトを紹介します。

個人印を簡単に作成する方法

簡単な電子印鑑を作成するフリーソフトはいくつかありますが、後ほど紹介するとして、自分で簡単に作成できる電子印鑑の作成法です。エクセルの図形挿入機能を使って作成します。

1.メニューから挿入→図形とクリックし、「円/楕円」を選択します。

画像

2.ワークシート上の適当な場所に印鑑の縁となる円/楕円を描き、右クリックします。

画像

3.図形の書式設定より、円の縁の色の変更と名前部分を透明にします。

  • 「塗りつぶし」→塗りつぶしなしを選択します。
  • 「線の色」→印鑑色に近い色を選択します。
  • 「線のスタイル」→縁の線の太さを変更します。

画像

画像

4.メニューから挿入→テキストボックス→縦書きテキストボックスとクリックし、ワークシートの適当な場所で印鑑の名前部分を入力します。その後、右クリックして文字サイズ、文字色、文字のフォントを選びます。

画像

5.縁の部分と名前を合体し、グループ化します。

画像

以上で出来上がったエクセルファイルを「印鑑.xlsx」とでもして保存しておき、必要な時に呼び出して、コピペで利用出来ます。
印鑑で使われている篆書体のようなフォントがあれば本物っぽく作成する事も出来ます。
※篆書体のフォントは、フリーで利用できるものがあります。

画像

実物の印章を画像で保存する方法

これは実際に筆者が使っている方法です。ちょっと面倒ですが、手順自体は簡単です。見た目が良くなりますし、上記で作った電子印鑑ではちょっと…と思われる方は試してみましょう。

方法は実際の印鑑を白紙に押印し、スキャンした画像を透過GIFまたは透過PNGで保存しておくという方法です。社判のゴム印と角印や角印のみ、個人の認印などをこの方法で作成し保存しておけば、必要な時に画像挿入で利用出来ます。

もっと簡単に電子印鑑を手に入れる方法

無料オンラインサービスを利用して電子印鑑を作成する方法です。簡単に本格的な印章を作成できるのでオススメです。 画像とPDFの二つの形式で作成できるので、エクセルだけではなく、色んな場面で活用出来ます。

フォントで有名な株式会社 白舟書体が提供しているオンラインサービス「Web認印」です。

画像

こんな印章が数秒で作成できます。本物と同じ出来栄えです。

画像

※個人使用・企業内での使用はOKですが、商業使用(実際の印章の版下にして使用するような行為)は禁止となっています。

変わりだねの電子印鑑を作成したい時は、このオンラインサービスが使える。

こちらも先ほど紹介した「Web認印」同様、株式会社 白舟書体が提供しているオンラインサービスで、「Web印章」です。作成できる名字には制限がありますが、ご自分の名字が見つかれば利用してみてください。

以下のような電子印鑑がワンクリックで作成できます。

画像

※ここで紹介したオンラインサービスは問題はありませんが、悪意のあるサイトに誘導するサービス、悪意のあるソフトを自動インストールするサービスもありますので、オンラインサービスを利用する際はセキュリティ対策をきっちりとした状態で利用しましょう。

エクセルのフリーアドインソフトで作成する電子印鑑

最後に、エクセル・ワード用のアドインソフト「kスタンプ」を紹介します。電子印鑑は、名前だけではなく、Confidencial印や複写禁といったビジネス用の印章もよく使われます。このアドインソフトでは、認印だけでなくビジネス印やデータネームといった印章も手軽に作成できるのでオススメします。
※kスタンプはエクセル・ワード2000~2010が対応となっています。

画像

ダウンロードはこちらからどうぞ(Vectorダウンロードページ)

ダウンロードいただいたファイルを解凍し、インストール(インストール時はエクセル・ワードは閉じておいて下さい)完了後、エクセルまたはワードを起動するとメニューリボンに「アドイン」というタブが作成され、これを選択すると「kスタンプ」という表示があります。こちらをクリックし電子印鑑を作成します。

画像

認印の名前の変更やデータネームの部署名、名前の変更などは「kスタンプ」メニュー内の設定から変更可能です。

画像

※注意 ここで紹介したフリーソフトは問題はありませんが、悪意のあるサイトに誘導するサービス、悪意のあるソフトを自動インストールするフリーソフトもありますので、インストールする際はセキュリティ対策をきっちりとした状態で行い、インストール時、不要なソフトやサービスがインストールされないかチェックしながら慎重に行ってください。

まとめ

ペーパーレスの時代、印章、印鑑自体がなくなっていくかもしれませんが、今のところ必需です。今回紹介した方法でしたら、簡単で時間も取られません。一度作成してしまえば、いつでも自由に使えますので、ぜひチャレンジしてみてください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ