ユーザープロフィール

ゲストさん

2017年のPerl入門~プログラム初心者におすすめの学習方法~

2017年のPerl入門~プログラム初心者におすすめの学習方法~

画像

Perlは、正規表現など強力なテキスト処理を代表とした高性能で機能豊富なプログラミング言語です。2000年初頭にブームとなったPerl/CGI開発にはじまり、現在もデータ解析の現場などで広く使われています。 今回は、そんなPerlの学習をこれからはじめるプログラミング初心者向けに、Perl 5に対応した無料オンライン入門講座や参考書、通信・通学制講座などの情報を紹介していきます。

オンライン学習サイト

ドットインストール「Perl入門」

プログラミング学習サイト「ドットインストール」の入門講座です。 「Perlとはなにか」から、構造型プログラミングの基礎から、ファイルの入出力、正規表現、サブルーチンまでを動画で一通り学習することが出来ます(現在の対応バージョンはPerl 5.8.8となります)。1回の講座は3分以内で全19回、無料で気の済むまで何度も視聴することができます。

参考書

「Perlの学習書といえばこれ」といった古典の本から、インターネットで閲覧可能なものまで紹介します。

・初めてのPerl 第6版

・プログラミングPerl
この2冊は、オライリーから定番の入門書です。「プログラミングPerl」は少々厚手ですが、本格的にPerlを学ぶのであれば一読しておきたいところです。

・Beginning Perl (free)
本家Perl.orgによる学習書です。英語ですが、600ページを超すコンテンツがPDFデータで無料公開されています。

参考書に関する補足

紙の書籍はとかく情報が古くなりがちなため、勉強しているうちに物足りなくなる場合も多いにあると思います。 そのような場合は、インターネット上のリファレンスや個人や企業の技術者が書いた技術ブログを参考にして、自分の持っている知識をアップデートしていくことをおすすめします。

プログラミングスクール(通学・通信)

ほとんどのスクールがウェブエンジニアやウェブデザイナーとして働くための技能を身に付けるための講座で、Perl以外の他の言語やサーバサイド技術とセットの講座になっています。また、大半の講座がRuby、Java、Python、php、swiftなどの人気の言語を中心とした構成になっており、Perlを学習できるクラスを探すのは難しいかも知れません。

マチスアカデミー CGI(Perl)コース【通学】

東京と青森で開講しているWebデザイナー・プログラマー養成スクール、マチスアカデミーの通学講座「Web・ホームページ制作講座」の1コースです。 Perlによるプログラミングの基礎から身につけていき、CGIプログラムにより処理する方法などを学びます。

PERLプログラミング講座【通信】

北海道のIT技術者養成スクール SITC 札幌情報技術学院 の通信制講座です。日本全国どこからでも受講可能となっています。 Perlによるプログラミングの基本構文、正規表現、ファイル操作、サブルーチンの使い方を学び、ゲームプログラミングまで習得することが出来る講座です。

自主勉強会

Perl入学式

2012年に大阪で始まったプログラミング初心者や入門者向けの勉強会で、大阪・東京・福岡の三都市で隔月で開催されています。参加費は無料で、勉強会の後に懇親会なども実施されています。

転職サービス、実務スキル評価サービス

転職サービスというと、技術者としての就職・転職を考えていない方にとっては関係のないことに思えるかもしれません。 もし、チャレンジを繰り返していく中で新しい場所で新しい仕事に挑戦したくなったら、転職を検討するのも良いと思います。

codeIQ(コードアイキュー)

リクルートグループが運営している、スキルをチェックと企業のマッチングサービスで、アカウント登録をすれば無料で利用することができます。 基本的な練習問題にはじまり、現役エンジニアや企業からのチャレンジ問題が公開されています。Perl 6にも対応しています。

paiza

ギノ株式会社が運営しているコーディング転職サービスです。スキルチェックと企業へのアピールを兼ねたチャレンジ問題のほあ、何度でも挑戦・反復学習が可能な「パイザ・ラーニング(プログラミング学習)」、ブラウザ上でコーディングやデバッグを行うことができるオンライン実行環境の「paiza.io」などのサービスもあります。 より自由な演習を試みたい場合はこのようなオンライン実行環境を利用することもおすすめします。

Perlのリファレンスサイト

用途に応じてPerlを使いこなすことができるようになるためには、リファレンスサイトを欠かす事ができません。ここでは多くの人が活用している主なリファレンスサイトを紹介します。

perldoc.perl.org

Perlの公式ドキュメントです。Perlの仕様、標準関数やコアモジュールのリファレンスやチュートリアル、よくある質問などを確認することができます。英語で書かれていますが、HTML版とPDF版の2つが出ています。

Perl基礎入門 powered by KentWeb

フリーウエアのCGI/Perlプログラムを配布している大手サイトKENT-WEBのPerlリファレンスページです。「初心者による初心者のためのPerl入門ページ」を標榜しているだけに、細かいところが丁寧にまとめられています。

とほほのperl入門

老舗のWebサイト作成の総合情報サイトが運営している、Perlのリファレンスページです。

まとめ-どの学習方法がおすすめ?

いかがでしたでしょうか。今回の記事を参考に、性格やライフスタイルにあわせて最も自分にフィットする学習方法を選んで頂けたら幸いです。

それから、学習中につまづいたところや特に気になった部分をブログにまとめて書いておくと今後の自分自身の学習や他の方にとってに役に立つ場合もあります。機会があればブログの執筆にも是非挑戦してみて下さい!

データサイエンス講座

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ