求人も増加中!プログラミング初心者におすすめするSwift学習法

求人も増加中!プログラミング初心者におすすめするSwift学習法

Swiftは、2014年に発表されたばかりの最も新しいプログラミング言語の1つです。プログラミング初心者でも、iOS向けのアプリ開発をはじめやすい言語として人気が出てきています。現在では、オープンソースで提供されており、Apple製品以外にもLinuxやIBMのクラウドサービスなどで利用できるようになって来ました。

ここでは、これからプログラミングをはじめたい人のために、Swift学習法をまとめてみました。

おすすめ関連記事
2017年の人気プログラム言語10選を徹底比較!気になる年収や求人、学習難易度まで

Swift学習の目的を固めて準備をしよう

プログラミングをはじめたい人の目的はさまざまですが、Swiftの場合、iPhoneアプリの開発に興味があるという方が多いようです。

プログラミング学習の早道は、自分が作りたいものを実際に少しずつ開発してみることです。Swiftは、Apple製品向けのアプリ開発が得意で、なかでもiPhoneアプリの開発に関しては、日本語の書籍やチュートリアルサイトも多いので、はじめてプログラミングを学習する人にもお勧めの方法です。

実際、iPhoneアプリの開発にチャレンジするためにSwiftを学ばれて、無事iTunes Storeで公開までこぎつけた方もいらっしゃるようです。

ただ、この場合、Swiftの開発環境である「Xcode」を利用するのが一般的です。この「Xcode」は、Mac OSでのみ利用が可能なため、最低限の準備としてMacが必要になります。

まだ、そこまで具体的な目的がないけれど、プログラミングがどのようなものか学んでみたいという方には、Apple社が提供しているiPad用のSwift学習アプリを試してみるという方法があります。

また、MacもiPadも今は持っていないという人でも、IBMが提供している「IBM Swift Sandbox」を使えば、ブラウザーベースで、Swiftを試してみることが可能です。

IBM Swift Sandbox

Swiftの開発環境「Xcode」とは

まず、Swift学習にかかせないXcodeについて見ていきましょう。Xcodeは、Apple社が提供している開発環境で、Mac AppStoreから無料でダウンロードすることができます(ダウンロード時にApple IDが必要です)。また、将来的に開発したアプリをiTunes Storeで公開したい場合には、有料のDeveloper登録が別途必要になります。

画像

Xcode - Apple Developer

Xcodeには、アプリ開発のために必要な多くの機能が揃っていますが、ここでは、その中の「playground」を紹介しておきます。

「playground」とは、英語で「遊び場」のような意味です。Swiftのプログラムを入力して、すぐに試すことが出来るのでプログラミングが初めての人は、ここで少し雰囲気を体験してみるとよいでしょう。

画像

Swiftが学べるアプリSwift Playgrounds

実は、iPad/iPad mini(iOS10以降が動作する機種)でSwiftのプログラミングを学習するアプリ「Swift Playgrounds」がApple社から提供されています。こちらも無料です。

このアプリは、画面上で出される課題を、実際にSwiftを使ってプログラミングしながら解いていくという非常にユニークな学習教材になっています。2017年現在、説明などは全部英語ですが、大変わかりやすいアプリになっているので、一通り学習してみるにはよい方法です。

Swift Playgrounds - Apple (日本) 

また、このSwift Playgroundsの中で作成したSwiftのプログラムは、先ほど触れたXcodeでそのまま試してみることもできるようになっています。

Swiftの書籍や学習サイト

Swiftは、現在オープンソースとして提供され、「Swift.org」というコミュニティーサイトから、必要なプログラムや資料が公開されています。ただし、全て英語のため、これから勉強をはじめる人にとっては、敷居が高いかもしれません。

幸い、最近では初心者向けのSwift入門用書籍も多く出版されています。ただその多くはiPhoneアプリ開発をテーマにしたものなので、先に触れたようにMac上のXcodeを使って学習していく内容になっています。

また、IT向けのWebメディア上でもSwiftによるプログラミング入門の記事が連載されているので、そういったものを探してみるのもよいでしょう。

その他にも、マンツーマン指導つきのSwift入門講座が各社から提供されていますので、じっくり学びたい方はそのような有償の講座を検討してみるのも1つの方法です。

Swiftの勉強会コミュニティーに参加する

Swiftは学習しやすい言語ですが、なかなか自分の思うとおりに進まないことはよくあります。「いつかは自分のアプリを公開したい」という夢をもって取り組んでいても、時には壁にぶつかることもあるでしょう。

そのような時に頼りになるのが、勉強会コミュニティーの存在です。特にSwiftの場合、プログラミングが初めての人向けの勉強会を定期的に開催しているグループもありますので、Doorkeeperなどの告知サイトをチェックして、顔を出してみるのもお薦めです。

Swiftビギナーズ倶楽部(勉強会)

Swiftイベント

ぜひコミュニティーで仲間を見つけて、Swiftでのプログラミングを楽しでください。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ