ユーザープロフィール

ゲストさん

ポイントをおさえて効果アップ!Facebook広告の出し方と設定方法 【2017年度版】

ポイントをおさえて効果アップ!Facebook広告の出し方と設定方法 【2017年度版】

18億人を超す利用者の中から自社のビジネスに適したターゲットに配信することができるFacebook広告。今回は、Facebook広告の特色、設定のやりかた、効果的な運用のポイントについて、2017年春期の最新情報をまとめました。

Facebook広告概要

Facebook広告は、ビジネスの目的に適した成果を得ることが簡単になるように、仕組み化されています。広告の目的やターゲット顧客に応じて、配信する広告のデザインや配信先を柔軟に設定することができます。

配信先と表示について

広告の配信先は?

Facebook広告の配信先は次の3つで、自動または手動で設定することができます。

  • Facebook
  • Instagram
  • オーディエンスネットワーク

オーディエンスネットワークとは、Webあるいはモバイルのアプリケーション、Webサイト上に表示することができるしくみのことです。つまり、Facebookの仕組みを利用して、Facebook以外の場所に広告を表示することができます。ただし、オーディエンスネットワークを利用できるのはコンバージョン、動画の再生数、アプリインストールなどの特定の目的の場合で、配信される広告はオーディエンスネットワークへの掲載に同意した広告のみとなります。

広告表示が可能なデバイスは?

Facebook広告はマルチデバイスに対応しています。PCやスマートフォン、タブレット端末など、表示(配置)するデバイスを問いません。配信先と同様、その広告にふさわしい場所に広告を自動的に表示します。 具体的な場所は3種類で、デスクトップニュースフィード、ニュースフィードの右側広告枠、モバイルニュースフィードとなります。

画像  
また、広告のデザインは、1枚の画像のみ、動画、スライドショーなど、幾つかの種類の中から選ぶことができます。

Facebook広告出稿のメリットとその特徴

費用対効果の高さ

Facebook広告は、利用目的やターゲットに応じて配信先を、あるいは予算に応じて配信する量を調整することができるため、費用対効果を向上させやすくなっています。

ターゲティングしやすさ

広告主の事業の過去の利用者、事業をよく知らない人など、ターゲット顧客の種類に応じて配信することができます。

小額の予算で始められる

広告の料金は、1日あたり100円から設定できます。実際の費用はリーチ対象とする人数によって決まり、配信終了後に配信量に応じた額を支払う事になります。

実際に出稿する際の基本設定

ここからは、広告配信の基本設定について全体的に触れていきます。
Facebook広告の出稿から配信が終わるまでのおおまかな流れは次の通りです。
(参照:facebook business「広告の利用を始める」)

  • 広告の目的を選ぶ
  • ターゲット層と広告の掲載場所を決める
  • 予算と掲載期間を設定する
  • 広告の見せ方(フォーマット)を選ぶ
  • 広告を注文する
  • 広告の効果測定と管理を行う
  • 料金を支払う

広告の目的を選ぶ

Facebook広告の作成の最初のステップは広告の目的選びです。広告マネージャから広告を作成する場合は、ブランドの認知度アップ、アプリのインストール、来店数を増やすなど、広告の目的を選びます。

ターゲット層と広告の掲載場所(配置)を決める

広告の目的にあわせてターゲット層を決めます。 ターゲットになる顧客の地域、年齢や性別、趣味・関心、行動など、自由にカスタマイズすることができます。 また、掲載場所はFacebookのフィード、右側広告枠、Instagram、オーディエンスネットワークの中から選びます。自動、手動どちらも可能です。

予算と掲載期間を設定する

予算は、1日あたりの上限あるいは期間全体の中での上限を指定することができます。 掲載期間は、予算の範囲内で継続的に配信する方法と期間を決めて配信する(上限は31日間)方法の2通りあります。 配信開始の日時を含め、配信したい曜日や時間、配信する分量なども広告の目的に合わせて細かく指定することができます。

広告の見せ方(フォーマット)を選ぶ

掲載する広告の見せ方は、次の中から選ぶことができます。

  • カルーセル広告
    スクロール可能な画像や動画を使用した広告です。
  • 写真広告
    写真やイラストなど1枚の画像を使った広告です。
  • 動画広告
    1件の動画を使った広告です。
  • スライドショー広告
    複数枚の画像を組み合わせた、軽量なループ動画の広告です。
  • キャンバス広告(モバイルのみ)
    画像と動画を組み合わせた広告です。

補足 - 画像作成に関するガイドライン
facebook buisinessの「広告主様向けヘルプセンター」では、広告がFacebookのどこに表示されても美しく見えるようにするためのガイドラインを次のように定められています。
・画像サイズ:1200*628px(推奨)
・画像アスペクト比:16:9
・本文テキスト:90文字以内(推奨)
・画像内テキスト:最小限に

本文テキストを90文字以内としているのは、小さめの画面にも上手く納めるための推奨値です。 画像内テキストは、画像の中に埋め込まれたメッセージなどのことです。広告の画像にロゴやウォーターマーク、数字もテキストとして扱われます。テキストが多いと配信量が減ってしまい、最悪の場合は配信されない可能性もあります。  
画像

2016年までは画像テキストに対して20%ルールが設けられていました。(文字の比率が画像の20%を超えると配信されない)

現在ではこの「20%ルール」撤廃され、画像内の文字割合によって以下の4つにカテゴライズされます。

画像内のテキスト

1)OK
2)少ない リーチが減る
3)中程度 リーチがかなり減る
4)多い  画像内のテキストが多すぎる

リーチがかなり減るといあいまいな表現となっていますが、当初のルールが20%以下であったこと、Facebookの推奨がテキスト無しとなっていることからも、なるべくテキスト量は少なく画像制作をした方が良いと考えられます。

 

広告を注文する

設定を終えた広告は承認待ちの状態になります。内容がFacebookの広告ポリシーに沿っているか24時間以内に審査され、承認されると配信開始・注文確定になります。

広告の効果測定と管理を行う

Facebook広告の管理は、広告マネージャまたはパワーエディタを使って行います。

<広告マネージャ>
画像

<パワーエディタ>
画像

広告マネージャとパワーエディタは、単一の広告を管理する場合は大きな違いはありません。パワーエディタには一度に大量の広告を作成したり、一定のルールに従って配信する内容を自動で切り替えるなどの制御機能があり、より複雑な広告配信に適しています。

広告の管理は、複数のユーザで行うことができます。 設定・編集・支払い管理を行う管理者、広告のパフォーマンスを確認するアナリストなど、役割によってアクセス権を指定することができます。

効果を更にあげるために - リターゲティング広告について
Facebook広告では、自社の特定のページを閲覧したり特定のアクションを行ったユーザに対して配信するリターゲティング広告の配信もできます。 リターゲティング広告は、「Facebookピクセル」を利用することで実装することができます。今回は詳細には触れませんが、必要に応じてこのような仕組みを活用することで更なる効果が期待できます。

広告料金を支払う

Facebook広告の支払いは、次の方法を選ぶことができます。
これらすべて日本円で決済できます。また、銀行振り込みは日本国内は対応していません。

  • クレジットカード
  • PayPal
  • 広告クーポン

まとめ

Facebook広告の出稿と管理のやりかたについて一通り紹介しましたが、いかがでしたか? 広告の効果を上げるためには、広告の適切な運用が重要です。 目標を適切に設定し、管理機能を最大限活用の上でターゲットに最も効果的なメッセージを選ぶように心掛けて運用しましょう。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ