ユーザープロフィール

ゲストさん

ストーリーを見るとバレる!?SNOWの基礎知識と足跡機能について

ストーリーを見るとバレる!?SNOWの基礎知識と足跡機能について

若者に人気のアプリSNOW(スノー)にはLINEのような電話帳に登録されている人や別のSNSで繋がっている友達を自動で追加する機能があり、気付かないうちに友だちが増えてしまうことがあります。

SNOWのユーザー名は氏名に分かれていますが、ニックネームを登録しているユーザーも居ますので、自動的に登録された(もしくは自分を登録した)友達の素性が分からないことはは珍しくありません。相手を特定する目的でストーリーをチェックしたいものの「自分が見たことを相手に知られるかどうか」が気になって、二の足を踏んでしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで、SNOWの基礎的な情報とストーリーの閲覧にまつわる仕様を紹介したいと思います。

SNOWとは

SNOWは、韓国に本社を構えるキャンプモバイル株式会社が運営しているコミュニケーション機能付きのカメラアプリです。2015年9月にリリースされてからユーザーは増加を続け、2年以内に1億ダウンロードを突破したと言われています。

おもな特徴

SNOWに自撮りを始めとする人物撮影に特化しており、様々な機能があります。

画像

雰囲気の違いが伝わるでしょうか。上記写真は、フリー写真素材サイトのぱくたそさんの画像をスマートフォンのカメラで撮影したものです。

把握し切れないぐらい豊富なスタンプ機能

とにかくスタンプが多いです。その数はゆうに100を越えており、いつの間にか増えていたりします。プリクラで言うところのフレームのような装飾や、人の顔を認識して加工を施すもの、口を開けたり、手を広げたり、被写体をタップすることでエフェクトが発生したりとバリエーションも多彩です。大半のスタンプは都度ダウンロードが必要なため、通信量が気になる方は、Wi-Fi環境でのスタンプ追加をおすすめします。

もはや変身、充実の補正機能

人によって好みが分かれるところですが、操作をしなくても目が大きく、肌がなめらかに写るように補正され、手動による加工も可能です。これによっていわゆる写真を「盛(も)る」ことが可能で、スタンプの種類によっては原型をとどめないものもあります

こうした当たり前のように加工される仕様が写真写りに自身のない人やツーショット、集合写真の撮影やアップロードのハードルを下げ、このアプリの普及に一役買っているのではないかと考えられます。SNOWで加工を行い、InstagramやFacebookに投稿するユーザーも珍しくありません。

定番の文字挿入機能

手書きやテキスト入力などで、画像に文字を重ねることもでき、写真加工アプリに必要な機能はほとんど実装されています。

ストーリーとは

ユーザーの投稿が一覧できる領域で、他のSNSではタイムラインと呼ばれることが多いです。SNOWでは投稿した画像がスライドショーのように時系列で表示されます。マイストーリーでは、自分の投稿一覧が確認できます。マイストーリーの保存期間は投稿後24時間でしたが、2017年6月2日の段階で1週間に変更されています。

足跡機能はあるのか

厳密には足跡と違うのですが、SNOWでは「公開した写真を誰が見たか」をユーザーが解析できるようになっています。

写真を見た人の確認方法

閲覧者の確認は、投稿が残っている写真に対してのみ可能です。

1.最初の画面の左下にある「ストーリー」をタップします。

画像

2.「マイストーリー」をタップします

画像

3.誰かがストーリーを閲覧していれば、目のマークの横に数字が表示されます。

画像

4.画面左下の「目のマーク」をタップすると、閲覧者のプロフィールアイコンが表示されます。

足跡を残さずに閲覧する方法は?

iOS版とAndroid版で方法が確認できていますので、下記に紹介します。また、自動消去される直前にストーリーを見ればチェックされにくくなります。ストーリーに複数の画像がアップされている場合は数秒ごとに別の投稿が表示されるため、確実な手段とは言い辛いですが、操作が面倒な時の妥協策として知っていた方が良いでしょう。

足跡を残さずに閲覧する手順(iOS編)

確認が取れているSNOWのバージョンは、3.2.5です。

1.SNOWを起動します。

画像

2.ホーム画面に戻り「設定」を選択し「機内モード」を「ON」にして、有効にします。

画像

画像

3.機内モード中に、見たいストーリーを閲覧します。

足跡を残さずに閲覧する手順(Android編)

確認が取れているSNOWのバージョンは、3.2.6です。機内モードを活用するところまではiOSと同じですが、Androidではデータクリアを行わないと、ネットワークに繋がった状態でSNOWにアクセスした時点で記録が残りました。そのためiOSに比べるとの手順は複雑です。さらに、データをクリアするとアプリからログアウトされますので、以下の操作はログインに必要なID(メールアドレス)とパスワードを把握している状態で行ってください。

1.SNOWを起動します。

画像

2.ホーム画面に戻り「設定」から「もっと見る」を選択し、機内モードを有効にします。

画像

画像

画像

機内モード中に、見たいストーリーを閲覧します。

3.再度ホーム画面に戻り「設定」を選択します。

4.「設定」から「アプリ」をタップします。

画像

5.SNOWを探し、タップします。

画像

6.「ストレージ」をタップします。

画像

7.「データクリア」をタップします。

画像

8.警告画面を確認し「OK」をタップします。

画像

手順は以上です。今後のアップデートでこの方法が使えなくなる可能性がありますので過信しないようご注意ください。SNOWを利用する上で参考になれば幸いです。

PR_infeed

PR_Relative

オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ