ユーザープロフィール

ゲストさん

A/Bテストのイロハ

46件

A/Bテストの事例や、実施する際のハウツーおよび注意点などについて書かれた記事を集めています。また、A/Bテストを効率的に行うためのツールや、データ分析のためのノウハウなどについても掲載されていますので、実施から解析までをくまなく学習可能。Webディレクターはもちろん、マーケティン業務を行う方にもオススメです。

Webサイト改善に!ABテストにおすすめのツール5つを比較!【2017年版】

Webサイト改善に!ABテストにおすすめのツール5つを比較!【2017年版】

売り上げアップや利益向上のためWebページ管理者、運営者は日夜試行錯誤を繰り返していることと思います。培った勘や経験でWebページを更新はするものの思った程コンバージョンレートが上がらない。離脱率が変わらないなど、悩みが改善されないといった経験はありませんか?曖昧な勘や経験に頼った作業よりも、数値でビシッと評価が出るツールの一つA/Bテストに関して今回は紹介します。A/Bテストとは?Webの世界で…


Facebook広告でABテスト -結果公開-

Facebook広告でABテスト -結果公開-

こんにちは。アクトゼロ田中です。 Facebook広告で効果が出やすいのはどんな広告なんだろう?そんな疑問にお答えする企画を実施してみました。 実際にアクトゼロ…The post Facebook広告でABテスト -結果公開- appeared first on 株式会社アクトゼロ|デジタルマーケティング・訪日インバウンド施策.…

元の記事


実験は成功への道のり。ABテストの極意

実験は成功への道のり。ABテストの極意

こんにちは。アクトゼロ田中です。 私は小学生から理系を貫いてきた、完全なる理系脳です。大学時代も理学部でしたので、実験三昧でした。まさか、社会人になってからも日…The post 実験は成功への道のり。ABテストの極意 appeared first on 株式会社アクトゼロ|デジタルマーケティング・訪日インバウンド施策.…

元の記事


A/Bテスト・多変量テストのツールを徹底比較!目的別の使い方まとめ

A/Bテスト・多変量テストのツールを徹底比較!目的別の使い方まとめ

A/Bテスト・多変量テストは、どちらもサイト改善の手法です。A/BテストではAとBのある2パターンを検証しますが、多変量テストでは複数のパターンを一度に検証するため、各要素が互いにどのように影響し合っているのかも探ることができます。それぞれにメリット・デメリットがあり、テストの意図に合わせて最適なツールを選ぶ必要があります。そこで今回は、A/Bテスト・多変量テストの様々なツールを、他のツールと比較…


A/Bテストの基本とテスト設計のコツをOptimizely正規代理店のイー・エージェンシー社に聞きました

A/Bテストの基本とテスト設計のコツをOptimizely正規代理店のイー・エージェンシー社に聞きました

グロースハックに欠かせない手法のひとつ、“A/Bテスト”。サイト内のボタンや文言などを複数パターン用意して実際の環境に設置して、計測結果から最良のパターンを探しだす手法です。Optimizely正規代理店のイー・エージェンシーさんに、「成果につなげるためのA/Bテスト」の活用について、取材させていただきました。…

元の記事


ABテストを効果的に行うためのノウハウ~フレームワーク、成功事例、テストツールなど~

ABテストを効果的に行うためのノウハウ~フレームワーク、成功事例、テストツールなど~

A/Bテストは、サイト訪問者を増加させコンバージョン率を上げるために、Webサイト運営には欠かせない施策です。しかし、考えているけれど実施には至っていない方、行っていても成果が出ずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、A/Bテストを効果的に行っていくためのポイントやツールをご紹介していきます。…


バナー検証のノウハウ全公開!ディスプレイ広告攻略のための4STEP+事例

バナー検証のノウハウ全公開!ディスプレイ広告攻略のための4STEP+事例

ネット広告といえば、まず思い浮かぶのは「検索連動型広告(リスティング)」ではないでしょうか?クリック課金で無駄撃ちが少なく、「検索」をしているユーザに広告が出せるのでモチベーションが高いユーザにアプローチする事ができ、数万円~という少額でも出稿が可能!と、いう事で広告費の捻出が厳しい多くの中小企業の味方だったのですが・・・。昨今、検索連動型広告へ大手がガンガン参入してきた事により、CPCは高騰傾向…

元の記事

LISKUL

LISKUL

ソウルドアウト株式会社


【データ公開】リンククリック率が○倍に…!テキスト形式VSリッチテキスト(HTML)形式でA/Bテストした結果

【データ公開】リンククリック率が○倍に…!テキスト形式VSリッチテキスト(HTML)形式でA/Bテストした結果

一番多いメルマガの目的は、何か訴求したいものへのリンクが文中に貼っておき、その「リンク先に誘導する」というものかと思います。 そのため、メルマガの効果指標のひとつとして「(メール文中の)リンククリック率」を意識されている…

元の記事


オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ