ユーザープロフィール

ゲストさん

Web広告のイロハ

173件

バナー広告やメール広告、モバイル広告といったさまざまな種類があるWeb広告。近年ではインターネットが新聞やテレビ、ラジオに変わるメディアとして広く普及しているため、見込み客のアクセス獲得には非常に有効な手段と言えるでしょう。Webディレクターやマーケッターは、クリック率をあげる手法や、現在のアドテクの主流など、多岐に渡るノウハウ・知識を得る必要があります。このカテゴリでは、Web広告に関するさまざまなトピックスをご紹介しています。

【プロモ担当者必見】同じ広告を5回以上見ると70%の人はウザいと感じる

【プロモ担当者必見】同じ広告を5回以上見ると70%の人はウザいと感じる

突然ですが、ネット広告運用者の方々は、広告を目にしたユーザーがどんなふうに考え行動するのか、常日頃から気にしているのではないでしょうか。マーケティングの分野でしばしば取り上げられる行動心理学の用語「ザイオンス効果」では、”接触頻度“という側面からユーザーの行動変化を捉えています。例えば、出勤中、待ち時間、寝る前のネットサーフィン等で同じ広告を何度か目にするうちに、気になっていた広告をクリックしてし…


人気上昇中!インフィード広告がアツいらしい

人気上昇中!インフィード広告がアツいらしい

デジタル広告業界では、スマートフォン向けのニュースメディアやSNSの浸透にあわせてじわじわと活用が広がっていた「インフィード広告」ですが、Yahoo!コンテンツディスカバリーの台頭を機に、2016年秋頃からさらにその存在感が増してきました。そこで、今回は改めてインフィード広告についておさらいし、より幅広いインフィード広告の活用方法をお伝えしたいと思います。これからインフィード広告を始めようと考えて…


YDN・GDN・Facebook広告のフリークエンシー設定方法まとめ

YDN・GDN・Facebook広告のフリークエンシー設定方法まとめ

ディスプレイ広告を運用しているときに、同じ設定のまま一定期間経過すると徐々に効果が下がってくることを経験したことはありませんか?そんなとき確認したいのが「フリークエンシー」の項目です。フリークエンシーとは、同一ユーザーに対する広告表示(配信)回数を指します。フリークエンシーを適切に設定することで、見込みのないユーザーに対して過度に広告を表示して不快感を与えることなく、効率的にユーザーにアプローチす…


これがウワサのインフィード広告!それでも“うまい”と思った記事LP5選

これがウワサのインフィード広告!それでも“うまい”と思った記事LP5選

ニュースアプリやキュレーションメディア、SNSなどを眺めているときに、気になる記事をクリックして読み進めると、実はその記事が宣伝や広告だった、という経験はありませんか?最初のうちは騙された気分になった方も多かったかもしれませんが、最近では質が高く読み応えのある広告が増えてきて、一つの情報源として楽しんでいる方もいるようです。このようにニュースアプリなどの記事の合間に挟み込まれる自然な体裁の広告を「…


いつしか主役級に!?時代が生んだインフィード広告

いつしか主役級に!?時代が生んだインフィード広告

こんにちは、アクトゼロの山田です。 ここ数年のインターネット広告の流れの中で、じわじわとその存在感を増し、いつしか主役級にまで成長したのがインフィード広告です。 プラットフォームごと、場合によっては、…The post いつしか主役級に!?時代が生んだインフィード広告 appeared first on 株式会社アクトゼロ|デジタルマーケティング・訪日インバウンド施策.…

元の記事


Yahoo!コンテンツディスカバリーとは?5分で分かる基本【事例付き】

Yahoo!コンテンツディスカバリーとは?5分で分かる基本【事例付き】

昨年リリースされた「Yahoo!コンテンツディスカバリー」は、これからのコンテンツ流通の主流となるであろうマーケティングソリューションです。Yahoo!ニュースのパートナーである良質なメディアサイトが配信面であるため、リリースされてから出稿される企業・掲載枠がともに増え、マーケティング業界でも注目されています。そこで本記事では、Yahoo!コンテンツディスカバリーの概要とそのメリット・デメリットに…

元の記事

LISKUL

LISKUL

ソウルドアウト株式会社


動画広告はYouTube?それともFacebookに出稿すべき?

動画広告はYouTube?それともFacebookに出稿すべき?

こんにちは。アクトゼロの田中です。 動画広告を出稿しようと思った際、まず思いつく出稿場所はYouTubeではないでしょうか? しかし、昨年から注目を浴びる「Facebook動画広告」にも目を向けてみま…The post 動画広告はYouTube?それともFacebookに出稿すべき? appeared first on 株式会社アクトゼロ|デジタルマーケティング・訪日インバウンド施策.…

元の記事


ネイティブアドの基本と、抑えておくべき3つの注意点まとめ

ネイティブアドの基本と、抑えておくべき3つの注意点まとめ

Webマーケティングに関わる方は、「ネイティブアド」という言葉を聞かない日は無いかもしれません。しかし、これだけ使われていても「ネイティブアドって何?」という問いかけの正確な回答は、意外に難しいものです。そこで本記事では、「そもそも、ネイティブアドって何なの?」という疑問に対して、その答えを初心者でも分かるように実際の事例と図をつかって解説し、実際のネイティブアドの活用方法から注意点までプロの視点…

元の記事

LISKUL

LISKUL

ソウルドアウト株式会社


動画広告予算が業界問わず続伸中!――企業インサイトを探る最新レポートから見えてきた動画広告市場拡大のカギとは?

動画広告予算が業界問わず続伸中!――企業インサイトを探る最新レポートから見えてきた動画広告市場拡大のカギとは?

広告予算配分から見えてくるオンライン重視の戦略オンライン動画広告への予算は3年でおよそ2倍に拡大オンライン動画広告市場の拡大は世界的なトレンドですが、調査回答者の動画広告への予算は2年前から平均85%も増加していることが明らかになりました。モバイル動画広告の伸びが特に顕著に全広告予算の配分を見ると、テレビCMは年々減少し、今年初めてオンライン動画がテレビCMを越えようとしています。またモバイル動画…

元の記事


ミレニアル世代は動画広告をどう見ている?他の世代との比較から明らかとなった特徴とは 【UNRULY調べ】

ミレニアル世代は動画広告をどう見ている?他の世代との比較から明らかとなった特徴とは   【UNRULY調べ】

世界で2.5兆ドルもの購買力を持つと言われるミレニアル世代。そんな魅力的な層でありながら、従来の広告手法ではアプローチするのが難しいという一面を持っています。米国ではミレニアル世代の主流は“コードカッター”と称され、25%はケーブルテレビを一切見ないとのデータもあります。そこで米Unruly社は日本を含む世界各国の3200名を対象に、ミレニアル世代(18〜34歳)が他の世代と比較して、動画広告に対…

元の記事


あなたのライバルの広告文やキーワードをのぞいてみませんか?

あなたのライバルの広告文やキーワードをのぞいてみませんか?

リスティング広告で安定的に成果が出ていたのに急にパフォーマンスが悪化・・・そんな時にまず疑うべきなのはライバルの状況です。 リスティング広告はその仕組み上、競合との相対でクリック単価やクリック率や品質スコアなどの多くの数…

元の記事


オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ