ユーザープロフィール

ゲストさん

マーケティングのイロハ

417件

ユーザーが望む商品・サービスを作りあげ、多くの人に届けるためにプロモーションを行い、効率的に販売を行うためには、的確なマーケティングが重要となってきます。このカテゴリーでは、マーケティング担当者が知っておくべきノウハウや、参考となる事例・調査結果などの記事をご紹介します。ぜひご覧いただき、業務にお役立てください。

【資料DL】日本人だけがお客様ですか?中国市場の魅力と攻め方~成功と失敗の事例から学ぶ攻略のコツとは~

【資料DL】日本人だけがお客様ですか?中国市場の魅力と攻め方~成功と失敗の事例から学ぶ攻略のコツとは~

日本国内の人口減少や個人消費の低迷が続いている一方で、世界に目を向けてみると直近5年間の1年あたりの経済成長率は、各国が伸び悩む中、中国は13.2%と圧倒的な伸びをみせています。(※出所 文部科学省)そのため、この魅力的な中国市場へ多くの日本企業も参入していますが、「中国に進出して失敗した…」という話は結構多いようです。では、成功している企業と失敗した企業の戦略の違いとは、いったい何でしょうか?本…

元の記事


【資料DL】B2B企業のインハウスマーケティングを推し進めるデジタルとアナログを組み合わせた案件獲得ガイド

【資料DL】B2B企業のインハウスマーケティングを推し進めるデジタルとアナログを組み合わせた案件獲得ガイド

日経BPコンサルティングの「デジタル・アナログ領域のマーケティング施策実態調査」によると、デジタル施策とアナログ施策の組み合わせ実施企業は2016年から2017年にかけて増加傾向にあり、それにより効果を上げている企業も増えています。今後のマーケティング戦略は、デジタル領域に偏った活動ではなく、アナログ領域と組み合わせた活動にシフトしていくことがうかがえます。そこで本資料では、セミナーやイベントをは…

元の記事


【資料DL】アドテクノロジー最前線 うまく活用して売上UPにつなげている6社の成功事例を一挙大公開!

【資料DL】アドテクノロジー最前線 うまく活用して売上UPにつなげている6社の成功事例を一挙大公開!

日経BPコンサルティングの「デジタル・アナログ領域のマーケティング施策実態調査」によると、デジタル施策とアナログ施策の組み合わせ実施企業は2016年から2017年にかけて増加傾向にあり、それにより効果を上げている企業も増えています。今後のマーケティング戦略は、デジタル領域に偏った活動ではなく、アナログ領域と組み合わせた活動にシフトしていくことがうかがえます。そこで本資料では、セミナーやイベントをは…

元の記事


必要なのは「問題解決型教育」、入門から実践までデータサイエンスの学び方

必要なのは「問題解決型教育」、入門から実践までデータサイエンスの学び方

 ビッグデータ、データサイエンティストのブームを経て今や空前のAIブーム。しかし根底にあるのは、データアナリティクスであることに変わりはない。各省庁や大企業のデータ分析コンテストの運営や、データアナリティクススキルを持つ人材に活躍の場を提供しているオプトホールディングの齊藤秀氏に、人材育成の課題と取り組みについて話を聞いた。…

元の記事


IoTで畜産のブレークスルー目指す

IoTで畜産のブレークスルー目指す

インターネットとモノを結びつける技術、IoT。その最先端技術を養豚に生かそうと、宮崎県の畜産農家が挑戦している。宮崎ブランドポーク「まるみ豚(とん)」の生産で知られる川南町の「協同ファーム」だ。社長は2代目の日髙義暢さん…

元の記事


オープンデータの伝道師が考える次の一手。重視しているデータの「濃度」

オープンデータの伝道師が考える次の一手。重視しているデータの「濃度」

内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室は、オープンデータ利活用を通じての社会課題解決に積極的に取り組み、実績を残した8名を「オープンデータ伝道師」に任命しています。そのうちの一人であり、Open Knowledge Ja…

元の記事


マーケティングにおけるペルソナとは?〜インバウンドマーケティングの視点から解説

マーケティングにおけるペルソナとは?〜インバウンドマーケティングの視点から解説

マーケティング施策を考える上で、ぜひ用意しておきたいのが「ペルソナ」です。今回は、ペルソナとは何か、どんなメリットや活用方法があるのか、SEデザインが提供している「インバウンドマーケティング」の視点から解説します。…

元の記事


営業部門のデータを“真っ裸”にしたら 全員のモチベーションも成績も上がった話

営業部門のデータを“真っ裸”にしたら 全員のモチベーションも成績も上がった話

「名選手、名監督にあらず」と言いますが、ウイングアーク1stの久我 温紀さん(東日本営業統括部 部長)は例外です。新人の頃からトップセールスの道を走り続け、マネージャーになると自部門の成績を常に向上させてきました。成功の…

元の記事


【最新版】2017年のマーケティングオートメーションのシェアと製品比較

【最新版】2017年のマーケティングオートメーションのシェアと製品比較

日本でもマーケティングオートメーション(MA)の概念が浸透し、導入が促進されています。背景には、従来行っていたような一方的な電話でのセールスやメールの一斉配信は効率が悪いことが認識されてきたことがあります。代わって、顧客の関心に応じたコンテンツを通してリードを獲得し、さらに育成した上で、適切な方法でアプローチするという手法が注目されるようになりました。…

元の記事


6,000人の声から見えてくる、マーケティングの現状と課題

6,000人の声から見えてくる、マーケティングの現状と課題

2017年5月、HubSpot社は、世界中の企業のマーケティング・営業活動にかかわる6000人以上を対象に行った調査の結果を「State of Inbound 2017」と題したレポートにまとめ、公開しました。 このレポートでは、グローバルにおけるマーケティングの状況や課題に関する多面的な分析が行われており、日本企業にとっても参考になるデータが多数含まれています。…

元の記事


楽天が進めるデータ活用。 カギはコラボレーションとオープンイノベーション

楽天が進めるデータ活用。 カギはコラボレーションとオープンイノベーション

国内外においてEコマースを中核に、さまざまな領域にビジネスを展開している楽天グループ。その戦略を最先端のIT研究で支えているのが、事業とは独立した形のR&D組織として世界に5拠点を擁する楽天技術研究所です。楽天が…

元の記事


ビッグデータ元年:データサイエンティストの需要はどうなる?

ビッグデータ元年:データサイエンティストの需要はどうなる?

2017年、改正個人情報保護法が全面施行されるため「ビッグデータ元年」になるのでは? と言われています。そこで需要が多くなるのではと予想されるのが ”データサイエンティスト”。なぜなら、データサイエンティストは、大量のデータ(ビッグデータ)を分析し、事業戦略を立てる専門家のことで、まさに打って付けの職業であるからです。今回は、データサイエンティストとは何かということからデータサイエンティストへのな…


高度な統計手法が実務に効果的とは限らない。 最後に物を言うのは、腹の括り方

高度な統計手法が実務に効果的とは限らない。 最後に物を言うのは、腹の括り方

データ分析だからといってデータとにらみ合っていても、実務で役立つ分析には結びつかない。それが データ&ストーリー LLC代表の柏木吉基さんの持論です。この考え方はどのような経験から生まれたのでしょうか。 日産での経験が今…

元の記事


Jリーグという、広がる地方創生イノベーションの遺伝子[インフォグラフィック]

Jリーグという、広がる地方創生イノベーションの遺伝子[インフォグラフィック]

大都市部と地方との地域格差が広がる中で、地方創生イノベーションという言葉がよく聞かれます。そもそもイノベーションとは、革新的な技術開発や新しいものを取り入れるなどの意味合いで使われる言葉です。新しいものを取り入れるという…

元の記事


数字で世の中を見ると毎日が楽しい。数字思考力を上げるヒントはたくさん転がっている。

数字で世の中を見ると毎日が楽しい。数字思考力を上げるヒントはたくさん転がっている。

データ分析というと「難しい数式やマクロが必要なのでは?」と身構えてしまう人が多いかもしれません。でも、Dropbox Japanの植山周志さんは「データは楽しいもの。数字で考えるクセをつけると新しい世界が見えてくる」とい…

元の記事


オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ