ユーザープロフィール

ゲストさん

契約法務のイロハ

32件

フリーライターが知っておくべき法律「下請法」の基礎知識と交渉のコツ

フリーライターが知っておくべき法律「下請法」の基礎知識と交渉のコツ

ライターを含め、フリーランスで働く人たちは「下請法」という法律で守られています。慣例通りの違法な支払いシステムを採用している企業も少なくありませんが、この法律に関する知識を持っているだけで、交渉の場では優位に立てます。今回は下請法の内容と合わせて交渉のコツもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。下請法とは下請法は、正式名称を「下請代金支払遅延等防止法」と言います。親事業者の優位的な地位の濫…


【10.1問題とは?】必ず知っておきたい「改正労働者派遣法」の背景と内容

【10.1問題とは?】必ず知っておきたい「改正労働者派遣法」の背景と内容

メディアでも随分と取り上げられていましたが、本年9月11日に、改正労働者派遣法が成立し、わずか数週間後の同月30日から施行されています。 改正労働者派遣法では、今まで業種によって制限されていた「派遣期間」について大幅な見直しが行われましたが、その背後には、いわゆる「10.1問題」と呼ばれる問題があると聞き及んでおられる方も多いでしょう。 そこで、今回は、改正労働者派遣法について、その背景を踏まえて…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第19回】トラブルを未然に防ぐソフトウェア保守契約の3つのポイント

【今日役に立つビジネス法務第19回】トラブルを未然に防ぐソフトウェア保守契約の3つのポイント

今回は、ソフトウェア開発が完了した後の保守契約についてお話します。昨今では、保守なしで継続的に利用できるプログラムはないといわれるほど、ソフトウェアの開発完了後の保守が重要視されており、開発終了後にソフトウェアの運用をしながら保守作業を通じてソフトウェアの調整、品質向上をしていくことを前提に開発の委託をすることも多くなっています。 そこで今回は、ソフトウェア保守契約で重要なポイントを確認していきま…

元の記事


絵師必読!泣き寝入りしないための業務委託契約書テンプレートまとめ

絵師必読!泣き寝入りしないための業務委託契約書テンプレートまとめ

絵師の買い叩きや報酬金の未払いが問題になっています。これはライター、システム開発従事者、営業請負でも起こりうる問題ですが、契約をしっかりと結ぶことで回避できます。そこですぐに使える契約書テンプレート(6パターン)と業務委託契約で注意すべきポイントをお届けします。基本的にこれを使っておけば問題なし6パターンのテンプレートを用意しましたのでぜひご活用ください。契約書をビシッと結ぶことでフェアな関係作り…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第14回】いま流行りの開発手法「アジャイル開発」のチェックポイント

【今日役に立つビジネス法務第14回】いま流行りの開発手法「アジャイル開発」のチェックポイント

近年、ソフトウェア開発において、「要求」→「設計」→「実装」→「テスト」といった工程を順にたどっていく従来型の「ウォーターフォール型開発」手法を取らない「アジャイル型」と呼ばれる開発手法が普及してきています。 アジャイル開発は、プロジェクト初期には開発するソフトウェアの全体像を固めてしまわず、ユーザーの要望に応じて短期間の開発・レビューを行い、これを繰り返しながらリリースに至る開発手法です。プロジ…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第13回】請負?それとも準委任? 小型ウォーターフォール型のシステム開発契約において注意すべき3つのポイント

【今日役に立つビジネス法務第13回】請負?それとも準委任? 小型ウォーターフォール型のシステム開発契約において注意すべき3つのポイント

システム開発においては、ベンダ間の受注競争が激しいこともあり、契約書を締結することなく口頭やメール上のやりとりだけで契約を結んで開発を進めてしまい、書面の授受は注文書と請求書だけ、というようなことが往々にしてあります。 しかし、システム開発上のトラブルは後を絶ちません。納品したにもかかわらず報酬を支払ってもらえない、契約を解除されて損害賠償を請求された、注文した機能を欠くものが納品された、納期に大…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第11回】リジェクト対応で大揉め! アプリ開発契約のチェックポイント

【今日役に立つビジネス法務第11回】リジェクト対応で大揉め! アプリ開発契約のチェックポイント

アプリ開発の紛争事例を知ることが最も重要 契約書を作成するそもそもの趣旨は、開発に関して結果的に紛争が生じてしまった際の取り決めが一切されていないために、紛争が泥沼化してしまうことを防止することにあります。そのため、契約の予防的効果を最大限発揮させるためには、アプリ開発において、どのような紛争が生じてしまうのかを知ることがポイントになります。 今回は、紛争事例を紹介しながら、契約段階でどのような取…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第10回】トラブル回避! 大型ウォーターフォール型のシステム開発契約において注意すべきポイント

【今日役に立つビジネス法務第10回】トラブル回避! 大型ウォーターフォール型のシステム開発契約において注意すべきポイント

開発期間が数週間~数ヶ月の小型の開発とは異なり、大企業の基幹系システムなどの大型システム開発では、企画・開発・運用・保守各段階において、膨大かつ複雑なやり取りがなされるのが通常です。 大型システム開発は、企業にとっては数千万円から、場合によっては数億円単位の大きな投資です。そのため、大きなトラブルが生じてしまうと、その投資が無に帰すことになりますし、そればかりか、訴訟対応で数年間の歳月を費やしてし…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第8回】ビジネスパートナーとしての相互尊重を実現するには? フランチャイズ契約のポイント

【今日役に立つビジネス法務第8回】ビジネスパートナーとしての相互尊重を実現するには? フランチャイズ契約のポイント

店舗型のBtoCビジネスを広く展開する場合には、自社店舗を出店して商圏を広げていく方法の他に、フランチャイズの手法によりビジネスを拡大する方法があります。 しかしながら、フランチャイズ契約においては、フランチャイズサービスとしての統一性・収益性という本部(フランチャイザー)の立場と、独立した事業者としての加盟店(フランチャイジー)の立場との間で利害が鋭く対立することがありえます。 これからフランチ…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第7回】信じた相手のこんな裏切り!共同開発契約の5つの落とし穴

【今日役に立つビジネス法務第7回】信じた相手のこんな裏切り!共同開発契約の5つの落とし穴

日本の競争力を確保するために、最近ではベンチャー企業と大企業との連携や産学連携の動きが強まってきています。このような連携をするときに頻繁に登場するのが、共同開発契約です。 具体的なシーンとしては、 自社製品を元にした新製品開発を他社と行う場合 事業者団体がその活動の一部として研究開発を行い、その成果を会員会社が利用する場合 事業者が研究員と資金とを研究機関に注入し、当該研究機関で行われている研究を…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第6回】代理店契約とは大きく違う!販売店契約を成功に導く4つのポイント

【今日役に立つビジネス法務第6回】代理店契約とは大きく違う!販売店契約を成功に導く4つのポイント

他社に販売を委ねて商品を売ってもらう契約の第2弾として、今回は、「販売店契約」締結の際の主なチェックポイントをお伝えします。 第1弾では、販売代理店契約について解説しました。おさらいすると、販売代理店契約は、代理店自身は売買の当事者にならず、メーカー等売主の売買契約を代わりに締結するものでした(詳細については、「今日役に立つビジネス法務」第4回「ここだけは押さえて!販売代理店契約を結ぶ際に失敗しな…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第5回】目標から逆算しよう!株式譲渡契約のポイント

【今日役に立つビジネス法務第5回】目標から逆算しよう!株式譲渡契約のポイント

今回は、ベンチャー企業のEXITにも大きく関係する、株式譲渡契約を取り上げます。 株式譲渡は、企業買収の一手法としても用いられるものですが、その契約中でも特に重要な意味をもつ「表明保証条項」について解説します。 デューデリジェンスって何? まず、企業買収として行われる株式譲渡契約においては、“買い物”の本当の対象は、その株式を発行している対象会社それ自体となります。 このため、株式譲渡契約の締結に…

元の記事


ここだけは押さえて!販売代理店契約を結ぶ際に失敗しない5つのポイント

ここだけは押さえて!販売代理店契約を結ぶ際に失敗しない5つのポイント

商品を販売する手段は、自分で直接販売をするだけではありません。他社に販売を委ねて、商品を売ってもらうという方法もあります。 「●●販売店」「△△特約店」といった表示を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。 今回のテーマ「販売代理店契約」も、他社に販売を委ねて、代わりに契約を締結してもらうための契約です。他社に販売代理店になってもらう場合の、主なチェックポイントを見ていきましょう。 1.そ…

元の記事


ここだけは押さえておきたい!ソフトウェアライセンス契約に外せないポイント

ここだけは押さえておきたい!ソフトウェアライセンス契約に外せないポイント

従来は、ライセンス契約といえば、音楽などのコンテンツ利用に関するライセンス契約や、特許など技術関連のライセンスなどが一般的でした。しかし近年では、ASPサービスや、クラウドストレージサービスなどのITサービスの普及に伴い、ソフトウェアを使用許諾するという形態のサービスが増えてきています。 そこで、今回は、ソフトウェアライセンス契約書のポイントについて説明します。 アイミツレポートの取り組みにご賛同…

元の記事


【誤解してませんか?NDAの役割とチェックポイント】

【誤解してませんか?NDAの役割とチェックポイント】

ビジネスの世界では、秘密保持契約書(NDA)が、大量に取り交わされています。確かにビジネスをするにあたって会社の「秘密」はとても大切なもの。NDAが頻繁にやり取りされるのもうなずけます。 ただし、「NDAがあるから安心」と思っている方、その考えはちょっと危険です!今回は、そんなNDAの役割とチェックポイントについて説明します。 アイミツでは、事業主様にお得なビジネス情報を毎日配信しています。 Fa…

元の記事


オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ