ユーザープロフィール

ゲストさん

コンプライアンス法務のイロハ

11件

デザイナーなら知っておくべき著作権のきほん

デザイナーなら知っておくべき著作権のきほん

2015年を振り返ると、インターネット時代を象徴する出来事として東京オリンピックのエンブレムが白紙撤回されたことがあげられる。デジタル化された情報は誰でも比較検討することは容易にできる。そして、その真相の真偽にかかわらずニュースは瞬く間に拡散する。あまりにも影響力が大きく、事態を収束させるには白紙に戻す以外に打つ手はなかった。オリンピックのエンブレムの真偽は不明なままであるが、一旦決定したものが白…

元の記事


【今日役に立つビジネス法務第20回】著作権トラブル防止!他者が有する著作物を参考・引用したい場合のポイント

【今日役に立つビジネス法務第20回】著作権トラブル防止!他者が有する著作物を参考・引用したい場合のポイント

ウェブサービスにおける「引用」という表現形態の増加 最近のウェブサービスの特徴ともいえますが、他者が生み出した作品を再編集する作品形態が目立ってきています。その走りといえるのが、「ニコニコ動画」や「YouTube」といった動画サービスにおいて、著作権法の問題はありつつも、他者が有する音楽著作物を独自にリミックスして再構成する表現形式です。このような表現形式はネットメディアの在り方を表すものでもあり…

元の記事


トラブルを防ぐための必須コンプライアンス知識まとめ~著作権、引用のルール、商標、下請法など~

トラブルを防ぐための必須コンプライアンス知識まとめ~著作権、引用のルール、商標、下請法など~

クリエイティブ活動や事業を行う上で、常に気を付けておかなければならないのは著作権等を始めとしたコンプライアンスの問題。場合により事業活動の継続が危うくなったり、多額の損害賠償を請求されるリスクがあります。大切なのはまずは基本的な考え方を知っておくこと。今回は「これだけは知っておいて欲しい!」コンプライアンスに関する記事をご紹介します。事業活動をスムーズに行うために要チェックです。…


映像の著作権って誰のもの?――トラブルを防ぐために知っておきたい映像にまつわるルールのはなしvol.1

映像の著作権って誰のもの?――トラブルを防ぐために知っておきたい映像にまつわるルールのはなしvol.1

映像コンテンツや広告を制作する上で、関係する法律を正しく理解しておくことが、結果的にさまざまなトラブルの回避につながります。そこで本記事ではまず著作権の基本を解説します。文化の発展を目的とした著作権法著作権法は、文化的創作物を適切に守ることで文化の発展に寄与することを目的に制定されました。著作権などはこの法律によって守られています。申請登録が必要な特許などとは異なり、著作権は作品が完成した時点で自…

元の記事


オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ