起業・経営・独立のイロハ

574件

社員が産業スパイに?! 営業秘密の漏えいは半数が退職者から

社員が産業スパイに?! 営業秘密の漏えいは半数が退職者から

企業の存続を脅かす情報漏えいへの取り組みは重要な経営課題のひとつです。このことを認識し、外部からの攻撃に備えてさまざまな対策を講じる企業は少なくありません。しかし、実は情報漏えいの大半が内部告発によるものであることをご存じでしょうか? 中でも、営業機密情報の漏えい事件は、現職の従業員より中途退職者の行動が引き金になることがほとんどです(図参照)。また、その漏えい先の半数は国内のライバル会社です。内…

元の記事


シフト管理者が頭を悩ます従業員の急欠。特に頻発する12月の対応策は

シフト管理者が頭を悩ます従業員の急欠。特に頻発する12月の対応策は

小売業や飲食サービス業などで問題に挙がる人手不足。シフト管理者は毎月、シフト表を埋めるために四苦八苦している。株式会社リクルートジョブズはこのほど、自社が運営する求人媒体「JobQuicker(ジョブクイッカー)」でシフト管理者775人に対し「アルバイト・パートの人員配置・シフトに纏わる問題調査」を実施。現場の切実な悩みが浮き彫りとなった。「3日以上シフトが埋まらない」7割超アンケート結果によると…


香港出身のスタートアップは語る、「フォーカスし続けるにはエストニアは最高だ」

香港出身のスタートアップは語る、「フォーカスし続けるにはエストニアは最高だ」

(サムネイル画像: クンロ・ウン氏 タリンのオールドタウン近郊にて)Text:Estonian World 翻訳:Rico Toyama 編集:トイロハ・ワークス編集部エストニアのスタートアップビザプログラムの恩恵を受けるアントレプレナーが増え続けている。香港出身のスタートアップファウンダー、クンロ・ウン氏もそのひとりだ。2017年の初め、エストニアは新しいプログラム、スタートアップビザを始動させ…


考える前に動け!電子国家エストニアで「とりあえず」精神で起業した

考える前に動け!電子国家エストニアで「とりあえず」精神で起業した

Text:中嶋雄士 編集:トイロハ・ワークス編集部【(サムネイル)Latitude59にて:Holviのco-founderであるKristofferさん(左)と、福岡のスタートアップ企業Medmainの飯塚さん(右)】※編集部ノート 執筆者の中嶋雄士氏はエストニアのe-Residency(電子住民制度)を取得した後、会社設立まで実行した日本人のひとりです。エストニアに移動してから、「とりあえず」…


Launch30〜Hubudの30日間起業家養成プログラムがイケてる理由

Launch30〜Hubudの30日間起業家養成プログラムがイケてる理由

コワーケーション&コリビングのメッカ、バリで9月からスタート今回紹介するHubudはバリにおけるコワーケーション、コリビングの代表的存在で、欧米はもちろんのこと世界中からエッジの立ったデジタルノマドやアントレプレナーが集まり、そこかしこでバチバチとスパークが起こる超先進的コワーキング&コリビングとして名を馳せている。そのHubudが、またあらたなプログラムを始動する。コワーキングはコワーケーション…


オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ