ユーザープロフィール

ゲストさん

会話術のイロハ

14件

「クッション言葉」を自然に用いて気持ちの良い接客を!

「クッション言葉」を自然に用いて気持ちの良い接客を!

飲食店やアパレル販売、化粧品販売などで接客をしている人や、これまで接客はやったことがなかったけれど、最近始めたという人であれば、日々言葉づかいを含めた接客マナーに気をつけていると思います。 しかし、いざ自分自身の接客を振 …Related posts:「経営者こそ、店頭に立つべき」ABCマートから学んだ成田直人氏の現場主義経営【前編】「空の上で本当にあった心温まる物語」に学ぶ!ANA流「おせっかい…

元の記事


雑談力をアップしたいならタモさんに学べ

雑談力をアップしたいならタモさんに学べ

フリーライターという仕事をしていると、いろいろな人にインタビューする機会が多い。著名人から一般の方まで、対象者は幅広い。 僕がインタビューする際に気を付けていることは、「とにかく相手に話してもらう」ということだ。 話しや…

元の記事


本当にできる人と思わせる「雑談力」とは? 8000人に会ったコンサルが教える5つのコツ

本当にできる人と思わせる「雑談力」とは? 8000人に会ったコンサルが教える5つのコツ

「どうだ、最近は?」と、何気なく上司が話しかけてきたとしましょう。「ええ、まあ問題ありません」と当たり障りなく返す人もいるでしょう。ただ、これでは話が続きません。社内のランチの時の同僚との雑談、顧客と商談が終わったあとの雑談、上司との飲みの席での雑談…それら全てがあなたの印象を形作ります。繰り返されれば、あなたの社内での印象や立ち位置も変わるかもしれません。たかが雑談、されど雑談なのです。では肝心…

元の記事


相手を説得する11の方法を覚えて説得力で差をつけよう

相手を説得する11の方法を覚えて説得力で差をつけよう

相手を説得する方法は、ビジネスに関わる人であれば、身につけておきたいスキルです。人と人がコミュニケーションを通じて双方が合意に至るとビジネスが成立します。この過程で「説得」という行為が必要となります。説得は取引先だけでなく、社内でも上司や部下、同僚や他部門などと日常的に相手を説得するシーンがあります。このような場面を無理なくこなすためには、説得の技術を身につけておかなくてはなりません。相手を説得す…

元の記事


絶妙な営業トークでおさえておきたい7つのポイント〜トップセールスが誰でもしている商談の秘訣

絶妙な営業トークでおさえておきたい7つのポイント〜トップセールスが誰でもしている商談の秘訣

営業トークの良し悪しで、商談のお客さまの興味がひけるかどうかきまります。営業トークの良し悪しは営業担当者の技量で決まります。トップセールスマンと普通の営業担当者では、営業トークの内容や、営業トークを作るまでのプロセスが大きく異なります。しかし、トップセールスマンが展開する絶妙な営業トークを作るまでの努力やプロセスを覚えておけば、あなたも良質な営業トークができます。絶妙な営業トークするためにおさえて…

元の記事


営業が辛い、仕事辞めたい、その前に。

営業が辛い、仕事辞めたい、その前に。

  営業職は辛い、きつい、くるしい、と悩んでいるあなた。 毎日「仕事辞めたい」そう思いながら出社していませんか? 辛いと感じる原因を冷静に分析することで、楽しくすることは可能です。 こんにちは、アラタナの舩山で…

元の記事


オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ