ユーザープロフィール

ゲストさん

文章の基礎知識のイロハ

27件

初心者ライターが文章のリズム感を良くするためのポイント4つ~文末表現・接続詞・一文の長さ・単語の多用を見直そう!~

初心者ライターが文章のリズム感を良くするためのポイント4つ~文末表現・接続詞・一文の長さ・単語の多用を見直そう!~

文章をスムーズに読んでもらうには適切な「リズム感」が重要です。しかし、「どうやったら改善するのかが分からない……」という方も多いでしょう。そこで今回は、ライティング初心者の方に向けて「リズム感をよくするための4つのポイント」をご紹介します。文末表現は3回以上繰り返さないリズム感をよくする方法のひとつとして、文末表現を整える、という方法があります。以下は日本語としては間違っていませんが、リズムが良く…


表記の揺れとは?その種類と、回避・修正するためのWordを使ったテクニック

表記の揺れとは?その種類と、回避・修正するためのWordを使ったテクニック

ぜひ、一度当社までお越しください。弊社では、お子様からご年配の方まで、皆さまのご来社をお待ちしております。簡単なお悩みも、是非ご相談下さい上記の文章にはいくつかの表記の揺れがあります。以下で確認してみましょう。ぜひ、一度当社までお越しください是非ご相談下さい当社弊社お子様皆さまこうした表記の違いを“表記の揺れ”と言います。表記の揺れは間違いではありませんし、検索を意識してわざと“揺らす”こともある…


正しい日本語の使い方まとめ~二重否定、重複表現、敬語の基本、並列のポイント等~

正しい日本語の使い方まとめ~二重否定、重複表現、敬語の基本、並列のポイント等~

文章作成を生業とするライターはもちろん、社会人であっても正しい日本語を使えることはビジネスにおいてもっとも重要なスキルです。しかし、日常的に使っている日本語が実は間違っていた、なんてことも往々にしてあるもの。そこで今回は、正しい日本語を書くために大切なポイントが書かれた記事を集めてみました。ライター向けに書かれてはいますが、どんな方でも参考になる記事ばかりですので、ぜひご覧ください。…


取材相手を不快にさせてはいませんか?NGライターに共通する4つの特徴

取材相手を不快にさせてはいませんか?NGライターに共通する4つの特徴

 ライターのみなさんは取材案件にとりかかる際、どのようなことに気をつけていますか?基本的な気配りができていないと、取材相手に不快感を覚えられてしまいます。では、取材においてどのような行動が相手を不快にさせてしまうのでしょうか。 今回は取材に関するNGライターに共通する特徴をまとめました。特にフリーで仕事をしていると、はっきりと欠点を指摘してもらえる機会は少なくなりがちです。ぜひご自分の動きと照らし…


ライターが知っておくべき取材後の動きと執筆時の注意点

ライターが知っておくべき取材後の動きと執筆時の注意点

ライターがやるべき取材後の主な仕事は、記事の執筆です。クライアントが求めているものを理解し、多くの人に読んでもらえるコンテンツとして作り上げる必要があります。とはいえ、ただ納品すればよいというものではありません。納品に至るまでに注意しておきたい点はいくつかあります。「取材・インタビュー入門その2 」に引き続き、今回は取材後のライターの動きかたについて紹介したいと思います。インタビューが終わっても最…


クライアントと読者、情報を理解するためにWebライターが心得るべきポイントとは

クライアントと読者、情報を理解するためにWebライターが心得るべきポイントとは

Webライターにはさまざまなスキルが求められますが、その中でも、確実に抑えておかなくてはならないのが「クライアント」「読者」「情報」との付き合い方です。今回は、特に駆け出しのWebライターに心がけてもらいたい3つの“理解”についてご紹介します。クライアントの求めるものを理解するクライアントがなぜ記事を欲しがっているのか、を理解することは、Webライターにとってとても重要です。その記事がどのような目…


「いただく」それとも「頂く」?ライティング中、漢字の開きに迷ったら思い出したいノウハウ

「いただく」それとも「頂く」?ライティング中、漢字の開きに迷ったら思い出したいノウハウ

「敢えて色々な事にチャレンジして見る」あなたは上記の一文を適切な形に校正することができますか?今回は、Webライターなら知っておきたい「漢字と平仮名の使い分け(漢字の開き)」に関するノウハウのご紹介です。本来の意味かどうかを考える漢字の開きを考える際、もっとも大きなポイントとなるのが「本来の意味かどうか」という点です。文中に登場した時、その漢字が持つ意味のまま使われているか?ということですね。以下…


読みやすく伝わりやすい記事を書くためのノウハウ~コピー制作、表現力、参考書籍など~

読みやすく伝わりやすい記事を書くためのノウハウ~コピー制作、表現力、参考書籍など~

自分では分かりやすく書いているつもりでも、「なんだか読みにくい文章だな・・・」「結局、何が言いたいの?」と言われてしまった経験、ありませんか?読みにくく分かりにくい文章というのは、読者の“読む気”を萎えさせる原因につながります。今回はそんな「読みにくい」「伝わりにくい」文章にならないためのノウハウをご紹介します。…


文章が書けないライターに贈る執筆“1文字目”の手前にあるノウハウ

文章が書けないライターに贈る執筆“1文字目”の手前にあるノウハウ

「どうしても文章が書き出せない・・・」というのは、ライターであれば誰もが通る儀式のようなもの。もちろん、誰にでもスランプは訪れるものですが、そんな時こそ基本に戻ることが重要です。今回は、記事が書き始められなくなった時に思い出したい6つのノウハウをご紹介します。…


執筆スピードアップの秘訣

執筆スピードアップの秘訣

みなさんは、自身の執筆スピードに満足していますか? 「速く書けるようになって仕事の効率を上げたい」という想いは、すべてのライターが抱えているのではないでしょうか。特に、作業にあてられる時間が限られている副業ライター、主婦ライターの方にとっては最も大きな課題であると言えます。今回はベテラン在宅ライターの片山雄平さんにお話を伺い、執筆スピードアップの秘訣を調べてみました。執筆手順の改善でスピードアップ…


魅力的なタイトル・見出しの作り方

魅力的なタイトル・見出しの作り方

Web上の記事は、言うなれば「一瞬のコンテンツ」です。読者は、パッと見た印象をもとにして、記事を読むか否かを判断しています。ひと目見て「読みづらそう」「つまらなそう」と感じてしまった場合、読者はページを閉じてしまうことでしょう。では、読者は記事のどの部分を見て判断を下しているのでしょうか。その答えは「タイトル」と「見出し」です。今回は株式会社YOSCAで活躍するベテラン在宅ライターの片山さんにイン…


リード文の書き方とすぐに使えるパターン例

リード文の書き方とすぐに使えるパターン例

Web上のコラムをはじめ、多くの記事において導入の役割を果たすリード文は、記事が読者の目に留まるか、また記事を最後まで読んでもらえるかを左右する重要な部分です。しかし書き方にぴんと来ず、記事の書き出しでつまずいた経験のある人も多いのではないでしょうか。今回は、株式会社YOSCAで編集を担当する伊藤さんに「リード文の書き方」についてお話を伺ってみました。 リード文の「型」=パターンを持つこととそのメ…


ライター・編集者のための6つのノウハウ!校正・校閲・推敲で高品質な記事作成を

ライター・編集者のための6つのノウハウ!校正・校閲・推敲で高品質な記事作成を

誤字脱字を見つけ出し、間違いのない文章を掲載するために必要な「校正」。一見簡単なように思えて難しく、時間もかかるこの作業にお悩みを抱えるライター・編集者の方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、校正作業を行ううえで覚えておきたいさまざまなテクニック・ノウハウをご紹介します。また、よりレベルの高い記事を作るための「校閲」「推敲」についてもお伝えしていますので、ぜひご覧ください。校正前にライターが…


【永久保存版】コンテンツマーケティングで重要な「読みやすい文章の書き方」をまとめてみた

【永久保存版】コンテンツマーケティングで重要な「読みやすい文章の書き方」をまとめてみた

今回はコンテンツマーケティングを行う上で欠かせない、”読みやすい文章”の書き方のコツを紹介したいと思います。 「コンテンツマーケティングは重要な施策である」という理解が広まってから、インターネット上に…

元の記事


記事を高品質にする上手な文章の削り方 3カ条

記事を高品質にする上手な文章の削り方 3カ条

ウェブ上のコラムや記事における字数は、1500字~2000字が読みやすいとされています。しかし、必要な情報を不足なく書こうとすると、思わず字数をオーバーしてしまうこともあるでしょう。分量の多すぎる文章がもたらすデメリットは、読者が読みづらいという点だけではありません。ライターにとっても、執筆にかかる時間や労力といったコストが増えるというデメリットがあります。今回は、すっきりした文章を書くための文章…


フリーライターの電話対応・メール返信3箇条~円滑なコミュニケーションが仕事を増やす~

フリーライターの電話対応・メール返信3箇条~円滑なコミュニケーションが仕事を増やす~

フリーライターは自宅や個人のオフィスで仕事をすることが多いため、編集者との連絡はメールや電話、チャットツールなど、「顔の見えない」やりとりになることがほとんどです。互いの表情や感情の読み取れないコミュニケーションでは、相手からの連絡に対する反応の迅速や、こちらから伝える情報のわかりやすさなど、コミュニケーションの一つひとつへの気配りがいっそう必要となります。今回は、ライターの連絡相手である編集者の…


原稿の修正依頼、初稿校正で編集者に好印象を与える3つの方法

原稿の修正依頼、初稿校正で編集者に好印象を与える3つの方法

ライターの仕事をしていると、納品した原稿に対して編集者から修正依頼が来たり、あるいは編集者が手を入れた個所についてのフィードバックが来たりすることがあります。一生懸命書いた記事が指摘を受けると、書き直しがおっくうになったり、ダメ出しをされたように感じて落ち込んだりしてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、編集者はライターをとがめるために初稿校正依頼やフィードバックをしているわけではありません…


記事や原稿の誤字・脱字を防止する方法5選

記事や原稿の誤字・脱字を防止する方法5選

仕事をもらえるライターは、文章が上手であるだけではありません。記事を依頼する編集担当者は、ライター一人ひとりの仕事に対する姿勢や対応を見ながら、信頼できるライターへ優先的に仕事の依頼をしています。特に、業務上の「ミス」に対する考え方でその信頼度は大きく変化すると言えるでしょう。今回は、ライターなら誰でも一度は経験のある、誤字・脱字やレギュレーションの読み漏らし、事実誤認などのミスについて取り上げま…


文章力より喋りが重要?フリーライターに欠かせない基本スキルとは

文章力より喋りが重要?フリーライターに欠かせない基本スキルとは

文章力より喋りが重要?フリーライターに欠かせない基本スキルとは原稿執筆を進める上で、担当者とフリーライターの間では綿密なコミュニケーションを取る必要があります。フリーライターにとって大切なスキルとは、コミュニケーション能力や思い遣り・気配りなのです。原稿執筆前の準備に必要な能力原稿執筆を始める前に、出版社やWeb制作会社といった発注元の担当者とフリーライターの間で打ち合わせを行います。このとき、フ…


オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ