ユーザープロフィール

ゲストさん

経営者・起業家のイロハ

4349件

約10年で働く世代が激減。今こそ経理の在り方、働き方を考える

約10年で働く世代が激減。今こそ経理の在り方、働き方を考える

超高齢化社会と言われて久しい日本。人口は2004年の1億2,784万人をピークに減少傾向で、2030年には1億1,522万人になると予想されている(国土交通省「国土の長期展望」中間とりまとめ)。生産年齢人口は2005年時が8,442万人だったのに対し、2030年は6,700万人に。1,700万人強の働く世代が減少する。つまり、経済規模の縮小が懸念されるわけだ。これを受けて国は労働時間の適正化を実施…


奥多摩から八ヶ岳へ。総距離186kmを10日間歩き抜いた“縦走ガールズ”に聞く、 ロングトレイルの極意

奥多摩から八ヶ岳へ。総距離186kmを10日間歩き抜いた“縦走ガールズ”に聞く、 ロングトレイルの極意

2019年6月にYAMAPに投稿された活動日記、『奥多摩駅から松本駅を10日間で繋ぐ 奥秩父主脈 八ヶ岳主脈 中央分水嶺 ロングトレイル』。その偉業を成し遂げたのは、なんと登山歴4年という女子2人組でした。どうして10日間も歩こうと思ったのか、どんな装備で??“縦走ガールズ”にその裏話を伺いました。「相方は今双六小屋の小屋番をしているので、もし2人一緒にお話ということであれば、双六小屋で待ち合わせ…

元の記事


「コトラーマーケティング4.0」著者イワン・セティアワンが語る、令和時代のマーケティング戦略とは?

「コトラーマーケティング4.0」著者イワン・セティアワンが語る、令和時代のマーケティング戦略とは?

2017年に発行された近代マーケティングの指標「コトラーマーケティング4.0」が注目を集めている。コトラーマーケティングシリーズは “マーケティングの神様”と称されるフィリップ・コトラー氏が提唱するバイブル。製品中心(1.0)、顧客中心(2.0)、人間中心(3.0)と、時代の流れとともに新たな考え方が示されてきた同書の最新版が「コトラーマーケティング4.0」となっている。同書の著者の一人、イワン・…


音楽の力で働き方改革。USENが東京藝大と共同研究をもとにオリジナルで制作した“帰りたくなる”チャンネル

音楽の力で働き方改革。USENが東京藝大と共同研究をもとにオリジナルで制作した“帰りたくなる”チャンネル

働き方改革における課題の一つとして挙げられる「長時間労働」。様々な企業が「20時以降のパソコン使用不可」、「朝礼にて退社時刻の宣言」といった対策を施している。中でも音楽配信サービスを提供している株式会社USENは、2013年からオフィス向けBGM「Sound Design for OFFICE(SDO)」を展開。自社に蓄積されたノウハウが生かし、音楽の観点から働き方改革の一旦を担っている。SDOは…


【資料DL】広告の費用対効果向上の要!“フォンバージョン”の解析に基づく新たな広告戦略とは?

 【資料DL】広告の費用対効果向上の要!“フォンバージョン”の解析に基づく新たな広告戦略とは?

電話経由の広告効果=フォンバージョンの見える化を起点とした新たな広告戦略とは?“Webの効果は測定できるが、電話の効果は測定できない”という恐らく多くの方が感じている思い込み。このような思い込みをお持ちの方の中には「Web広告に電話で問い合わせる人はそんなにいない」という見立てでいる方も決して少なくないはず。それは本当でしょうか?実は、出稿先によっては「Web上では効果が見えないが、電話では効果が…

元の記事


これからの働き方「テレワーク」、企業の導入メリットは?

これからの働き方「テレワーク」、企業の導入メリットは?

2016年の総務省の通信利用動向調査によると、テレワークを導入している企業は約13%にとどまっている。従業者数300名を超える規模の企業においては、「導入済み」あるいは「導入を検討中」を含め約30%となっているものの、それより企業規模が小さくなるに連れて導入率は低くなり、20名以下の企業にいたっては5%に満たないのが現状だ。中小企業においてはあまり周知されていないか、認識していてもテレワーク導入に…


社員が産業スパイに?! 営業秘密の漏えいは半数が退職者から

社員が産業スパイに?! 営業秘密の漏えいは半数が退職者から

企業の存続を脅かす情報漏えいへの取り組みは重要な経営課題のひとつです。このことを認識し、外部からの攻撃に備えてさまざまな対策を講じる企業は少なくありません。しかし、実は情報漏えいの大半が内部告発によるものであることをご存じでしょうか? 中でも、営業機密情報の漏えい事件は、現職の従業員より中途退職者の行動が引き金になることがほとんどです(図参照)。また、その漏えい先の半数は国内のライバル会社です。内…

元の記事


シフト管理者が頭を悩ます従業員の急欠。特に頻発する12月の対応策は

シフト管理者が頭を悩ます従業員の急欠。特に頻発する12月の対応策は

小売業や飲食サービス業などで問題に挙がる人手不足。シフト管理者は毎月、シフト表を埋めるために四苦八苦している。株式会社リクルートジョブズはこのほど、自社が運営する求人媒体「JobQuicker(ジョブクイッカー)」でシフト管理者775人に対し「アルバイト・パートの人員配置・シフトに纏わる問題調査」を実施。現場の切実な悩みが浮き彫りとなった。「3日以上シフトが埋まらない」7割超アンケート結果によると…


香港出身のスタートアップは語る、「フォーカスし続けるにはエストニアは最高だ」

香港出身のスタートアップは語る、「フォーカスし続けるにはエストニアは最高だ」

(サムネイル画像: クンロ・ウン氏 タリンのオールドタウン近郊にて)Text:Estonian World 翻訳:Rico Toyama 編集:トイロハ・ワークス編集部エストニアのスタートアップビザプログラムの恩恵を受けるアントレプレナーが増え続けている。香港出身のスタートアップファウンダー、クンロ・ウン氏もそのひとりだ。2017年の初め、エストニアは新しいプログラム、スタートアップビザを始動させ…


考える前に動け!電子国家エストニアで「とりあえず」精神で起業した

考える前に動け!電子国家エストニアで「とりあえず」精神で起業した

Text:中嶋雄士 編集:トイロハ・ワークス編集部【(サムネイル)Latitude59にて:Holviのco-founderであるKristofferさん(左)と、福岡のスタートアップ企業Medmainの飯塚さん(右)】※編集部ノート 執筆者の中嶋雄士氏はエストニアのe-Residency(電子住民制度)を取得した後、会社設立まで実行した日本人のひとりです。エストニアに移動してから、「とりあえず」…


自信がない人が自信をつけるための15の方法

自信がない人が自信をつけるための15の方法

自信がないと毎日が苦しい 自信が持てないと、何をするにも不安を感じながら行動しなければならず、何か新しいことに挑戦する気持ちにもならず、なんとなく毎日が苦しくなります。「自分にも自信があれば、いろんなことに挑戦できるのに…

元の記事


オウンドメディア運営会社の皆様へ

s

ページトップ